【更新】人気記事TOP10

スタート直後からウルウル。映画「グレイテスト・ショーマン」の感想を紹介!

グレイテスト・ショーマン

こんにちは!

バレエスタイルです。

 

先日、映画「グレイテスト・ショーマン」を観てきました!

 

ヒュー・ジャックマンと言えば、ラブストーリーからアクション、ミュージカルまで何でもこなせる多才な俳優さん。

ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」にも主演していましたよね。

 

今回、「グレイテスト・ショーマン」を観る前の知識は

  • ミュージカル映画
  • オリジナル曲
  • 実在の興行師のはなし

こんな情報のみ。

ほとんど前情報なしで映画観ましたが・・・

 

 

スタート直後から目がウルウル・・・。

ついつい拍手したくなる、まさにブロードウェイでショーを見ているかのような映画でした。

映画「グレイテスト・ショーマン」とは

ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る、映画史上最高にロマンティックな感動ミュージカル・エンターテイメントです!

映画「グレイテスト・ショーマン」の感想

 

『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞した、才能あふれるチームが音楽を担当した本作。

ショービジネスの原点を築いた、P.T.バーナムのドラマティックなサクセス・ストーリーを描いた約2時間の映画でした。

「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P.T.バーナムの半生を描いたミュージカル。

ありのままの自分でいることの素晴らしさを歌いあげた主題歌「This is Me」があなたの魂を揺さぶり、希望の光を灯す。映画史に残る、ゴージャスなオリジナル・ミュージカルの幕が、今上がる。

 

「セリフを無理やり歌にして、“ミュージカル映画”って言ってるだけじゃないの?」

とあまり期待していませんでしたが・・・

 

ショービジネスを舞台にしたストーリーなら“ミュージカル”にして大正解!

華やかな世界を存分に楽しめました。

 

今回、個人的に「よかった!」と思ったポイントをご紹介いたします!

 

主人公・P.T.バーナムの挑戦し続ける姿

ヒュー・ジャックマンが演じた「P.T.バーナム」のいつもポジティブな生き方・挑戦と失敗を繰り返しながら前進していく姿が、見ていて羨ましかったです。

仕事や事業がうまくいかなくて「ダメかもなー」っと悩みそうなところを、常に前向きな考えでアイディアを実行していく行動力。

 

信念を貫き突き進んでいく様子は、ハッとさせられるものがありました。

行動力ゆえの問題も起こってしまいますが、全編を通して挑戦し続ける姿は印象的です。

 

個性豊かなパフォーマーと豪華なショー

ステージ

オープニングからいきなりショーが始まります。

「映画を観に来たのに、サーカスを観に来たみたい!」

こんな感覚になって、ダンス好き・観劇好きの私はテンションアップ!

 

一気に引き込まれていきます。

ヒュー・ジャックマンの軽い身のこなし、歌のうまさ。

華やかで見ごたえありです!

 

そしてショーの主役でもある、オンリーワンの個性を持つ人々。

今まで陰に隠されてばかりいた彼らは、ショーでスポットライトを浴びて「This is Me」(これが私)と主張できる自分を獲得。

その力強い歌とダンスに圧倒されました。

 

「そのままの私」「これが私なんだ!」と、ありのままの自分でいることの素晴らしさを歌いあげるシーンは感動的です。

 

実力派俳優さん勢ぞろい!

主人公のヒュー・ジャックマンはさることながら、主人公の妻をミシェル・ウィリアムズ、主人公の相棒役ザック・エフロン、髭女役のキアラ・セトルetc…豪華俳優陣。

それぞれの歌やダンスが、映画をグッと盛り上げてくれます。

唯一の日本人キャスト・小森悠冊さんを必死に探してしまいました。

 

全9曲のオリジナル楽曲

 

一緒に歌い踊りたくなるような、ハズレなしの良曲ばかり!

音楽がさらに映画を盛り上げて楽しませてくれます。

 

特に好きなのが、「The Other Side」という曲。

P.T.バーナムが上流階級相手のショーで成功しているフィリップを自分のショーに参加させようと説得する場面の曲です。

 

ペースが速くてエネルギッシュで、二人の歌合戦みたいな雰囲気がカッコいい!

密かにダンスに参加しているバーテンダーさんも軽快な動きで見入ってしまいました。

流れるような話の展開

ここは意見が分かれるところかもしれませんが、主人公P.T.バーナムの幼少期から大人になるまでを、音楽にのせて流れるように進んでいきます。

 

ダラダラと描くことはせず、美しく場面展開させて違和感なく状況を掴むことができるので、個人的には好感が持てました。

 

やっぱりヒュー・ジャックマンはすごい

拍手喝采の客席

オープニングのショーから圧巻です。

歌のうまさはもちろん、ダンスもうまい!

帽子やステッキを使っての踊りって難しいはずなんですが、キマッてました。

 

歌って、踊って・・・器用になんでもできちゃう俳優さんは他にいるのでしょうか?!

映画「グレイテスト・ショーマン」の感想まとめ

NYの街並み

あまり期待せずに見に行った、映画「グレイテスト・ショーマン」。

 

正直、こんなに楽しめるなんて思ってなかったです。

 

ミュージカルやダンスなど、舞台が好きな方はぜひ観てみてください!

音楽もいい!

【関連記事】

くるみ割り人形と秘密の王国【感想】映画「くるみ割り人形と秘密の王国」|バレエとは別物の・・・ 劇団四季パリのアメリカ人【劇団四季 観劇レポ】『パリのアメリカ人』感想、上演時間などまとめ!