【更新】人気記事TOP10

レオタードは着なくて大丈夫!大人バレエのおすすめウェアをご紹介します

バレエのウエア

『バレエと言ったらレオタード!』

『専用のウェアを購入しないとダメなんでしょ?!』

 

あなたは、こんな風に思ってバレエを始めるのをためらっていませんか?

 

こんにちは。

バレエスタイル(@BlletStyle_)です!

 

 

「バレエはタイツとレオタード!」というイメージありませんか?

 

習ってみたくても『タイツとレオタードは着たくないな・・・』と思う方も多いと思います。

 

そんな方は、スポーツウェアで始めるのがおすすめです。

 

最近は、バレエレッスンに使えるウエアがたくさんあります!

 

この記事では、レオタードを着たくない!という方に向けておすすめのレッスンウェアを紹介していきます。

「大人バレエ」ウエア探しのポイント!

パクリュ

バレエのレッスンでは脚をたくさん動かすため、ボトムスはスッキリしたデザインを選ぶのがポイントです。

 

足元アップ1
足元アップ2

 

裾が広がったものよりも、ゴムなどでキュッと絞まったものの方が、ひざ下がスッキリして足元がよく見えるのでおすすめです。

これだけは!バレエレッスン必須アイテム

バレエを習うなら、まず「バレエシューズ」を準備しましょう。

 

教室によっては「靴下でもOK」という場合もありますが、滑ったり余計なところに力が入ってしまう事も。

 

着るものはスポーツウエアであっても、最低限このバレエシューズだけは専用のものを用意しましょう。

 

バレエシューズって何色があるの?

 

ピンク、ライトピンク(ベージュ)、黒、白などがあります。

ベージュを使っている方が多いような気がします!

 

バレエシューズの素材はなんでもいいの?

 

素材は、革やキャンバス地(布製)、サテンなどいろんな種類があります。

布製のシューズを使っている方が多いかなぁ・・・

サンシャ製のシューズは有名!

 

シューズを選んだら、次はレッスンウェア探しです!

おとなバレエ!こんなウエアはいかが?

トウシューズとスカート

ここからは、おとなバレエにおすすめのウエアをご紹介していきます。

是非、参考にしてみてください!

 

ボトムス+Tシャツ

おとなバレエのウェア

一番シンプルなスタイルです。

バレエは脚をあげたり、腕を大きく動かしたりするので、ストレッチがきく素材を選んでください。

こんな方におすすめ!
  • まずは手持ちのスポーツウエアで始めたい方
  • 周りの様子を見ながら徐々に買い揃えたい方

 

黒タイツ+ショートパンツ+Tシャツ

おとなバレエのウェア

ピンクのタイツではなく、黒タイツを使うことでキュッと締まった印象に。

足首ふくらはぎ丈のものがおすすめ。

 

ピタッとしたタイツを履いても、ショートパンツを重ねれば腰回りを隠せます!

 

黒タイツがなければ、レギンスなどでもOKですよ!

こんな方におすすめ!
  • ヨガなどにも使えるウエアにしたい方
  • 足元をすっきりさせてレッスンしたい方
レギンス!
ショートパンツ

 

ショートパンツ付きタイツも!

 

便利!おとなバレエセット

ネットショップでは、すぐに使える「大人バレエセット」が販売されています。

トータルバランスを考えたコーディネートだから、このセットさえあればOK!

 

いろいろと探し回らなくていいから、とても便利です。

 

こんな方におすすめ!
  • あれこれ悩んで何を買っていいか困っている方
  • バレエレッスンに最適なウエアでレッスンしたい方
スポーツブラ付き!

 

バレエダンサープロデュース

 

デコルテが綺麗に見える!

「大人バレエのおすすめウェア 」まとめ

踊る女性

本記事では、『レオタードは着なくて大丈夫!大人バレエのおすすめウェアをご紹介します』を書いてきました。

 

バレエ=レオタードと思って悩んでいた方も「これなら始められるかも!」と感じていただけたでしょうか?

 

新しく買いそろえる方も、お手持ちのウエアを使う方も、なるべく足元はスッキリさせて身体のラインがチェックしやすいものを選んでみてくださいね!

 

ウェアをそろえて、さっそくバレエ始めてみましょう!

バレエ用語バレエ初心者が知っておきたい8つのバレエ用語 バレエのポジション基本が大切!脚のポジション6つを解説