【更新】人気記事TOP10

基本が大切!脚のポジション6つを解説

バレエのポジション

「基本的なバレエのポジションを知りたい」

「1番~6番まで形をしっかり覚えたい!」

 

こんな風に思っている方のために、今回はバレエの「基本ポジション」6つを解説します。

 

注意点もまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

すでに知っている部分は、サッと読み飛ばしてくださいね!

基本ポジション6つを覚えよう!

踊る女性

脚のポジションは、6つ!

順番にみていきましょう。

 

第1ポジション

第1ポジション

両あしのヒザとつま先を真横に向けて立ちます。

左右のカカトをくっつけ、ヒザを伸ばしましょう。

 

ここに気を付けよう
180度開くのが理想ですが、足首から下だけ無理して開こうとするとねじれてしまい、怪我の原因になります。

 

ヒザとつま先が同じ方向に向くように、できる範囲で開きましょう。

 

第2ポジション

第2ポジション

第1ポジションから、左右に足を開きます。

足の間は、1足から1足半分開きましょう。

 

ここに気を付けよう
脚のつけ根から外側に向けるように意識して下さい。

指先が浮かないように、ぴったりと床につけます。

第3ポジション

第3ポジション

第1ポジションから、前の足のカカトが後ろ足の土踏まずにくるように重ねます。

 

3番ポジションは、レッスンではあまり使いません。

 

後ほど解説する「第5ポジション」が上手にできないと、この「第3ポジション」になってしまう場合があります。

 

第4ポジション

第4ポジション
第4ポジション横

「第3ポジション」または「第5ポジション」から1足ぶん間をあけたポジションです。

 

ここに気を付けよう
無理して開かないように注意し、重心は両足の真ん中にくるように!

第5ポジション

バレエ第5ポジション

第5ポジション横

「第4ポジション」から足を寄せてきて、前の足のカカトが後ろ足のつま先にくるように重ねます。

 

ここに気を付けよう
体重は左右均等にのせましょう。

 

つけ根からアンドゥオールする(外側へ開く)ように意識して!

無理をすると、股関節や足首を痛めてしまいます。

 

第6ポジション

第6ポジション

「パラレル」とも言います。

両脚をそろえ、ヒザとつま先を真っすぐ正面に向けて立ちます。

 

レッスンではほぼ使いませんが、ウォーミングアップやストレッチなどで使う事があります。

全てに共通する注意点

メモ

いずれのポジションも、共通して注意することがあります!

  • 脚のつけ根からアンドゥオールするように意識する
  • 足の裏に均等に体重がのるようにする
  • 肩や胸に力をいれずに、腹筋背筋でしっかり支えて立つ
  • 足裏全体で床を押すように立つ
  • ヒザとつま先は同じ方向に向ける

これらを意識しながらポジションを身につけていきましょう!

 

最初から足を180度開くことは困難です。

ゆっくり自分のペースで少しずつ開いていくようにしてくださいね。

『脚のポジション6つ』まとめ

バレエの「基本ポジション」どうでしたか?

 

バレエのパ(動き)は、全てこのいずれかのポジションから始まります。

 

難しいアンシェヌマン(一連の動き)でも、分解して見ていくと、いずれかのポジションを必ず通過しているんです!

本当に大切な「基本」。

 

雑に動かさないように気を付けてレッスンを行ってくださいね!

 

【関連記事】

軸足のアン・ドゥオールを意識するには?フロアに寝て確認してみよう!>>>

アン・ドゥオール軸足のアン・ドゥオールを意識するには?フロアに寝て確認してみよう!

腕のポジション基本の5つ!アームスの動きを身につけよう>>>

バレエのアームス腕のポジション基本の5つ!アームスの動きを身につけよう