【更新】人気記事TOP10

軸足のアン・ドゥオールを意識するには?フロアに寝て確認してみよう!

アン・ドゥオール

こんにちは!バレエスタイルです。

 

「動かしている脚と同じように、軸足もアン・ドゥオールして!」

 

こんな風に、先生に言われた経験はありませんか?

バーレッスンする人

 

動脚のアン・ドゥオールは意識しやすいけど、軸足は・・・という方、意外と多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、両脚のアン・ドゥオール(ターンアウト)を意識しやすい、フロアでのエクササイズをご紹介いたします。

このエクササイズでできること
  • 均等な力で両脚アン・ドゥオール出来ているのか確認できる
  • 軸足アン・ドゥオールの感覚を掴むことができる
  • 自分の弱いところがチェックできる

簡単に試せるエクササイズなので、是非一度やってみてください!

ドゥバンのアン・ドゥオールをチェック!

①ヨガマットなどを床に置いて準備

 

②横向きになる

フロアバレエ

床側の手をまっすぐに伸ばし、反対側の手は体の前に置いて支えます。

つま先は、ポアントした(伸ばした)ままで行います。

MEMO
おなかが突き出たり、腰が反ったりしないように、背中はまっすぐの位置をキープ!

脚のつけ根からしっかりとアン・ドゥオールしましょう。

 

③上側の脚を前に出す

「タンデュ」の要領で、脚を前に出します。

フロアバレエ

 

注意

フロアバレエ

あしを前に出した時、腰が前に倒れて、つま先が床に付いてしまわないように気を付けましょう。

 

④胸の前に置いている手を、床から離す

胸の前においている手を、天井のほうへ伸ばしてみます。

 

床から手を離した、その瞬間!

 

ちゃんと、いままでの形をキープできましたか?

骨盤が、前に・後ろに倒れませんでしたか?

 

「前に出している足のつま先が、床に付いた…」

「身体が後ろに転がってしまった…」

 

そんな方は・・・

ここをチェック!
  • 骨盤が前にいく→前に出している脚のターンアウト不足
  • 骨盤が後ろにいく→おしりが使えていない、軸足(動かしていない脚)のターンアウトができていない

 

アン・ドゥオールして、かたちを修正してみましょう!

ドゥバンは比較的ターンアウトの意識がしやすいポジションです。

 

次は、軸足のターンアウトの感覚を “かなり” つかめる、デリエールのエクササイズです!

デリエールのアン・ドゥオールをチェック!

①横向きになる

床側の手をまっすぐに伸ばし、反対側の手は体の前に置いて支えます。

つま先は、ポアントした(伸ばした)ままです。

フロアバレエ

 

上側の脚をうしろに出す

フロアバレエ

「タンデュ」の要領で、脚をうしろに出します。

軸足は青いライン、動脚は赤いライン側に、ターンアウトを意識しながらデリエールにします。

 

胸の前に置いている手を、床から離す

ア・ラ・スゴンドの位置に手をあげます。

フロアバレエ

きゃー!!

からだが、前・後に倒れませんでしたか?

 

手を離した状態で、ポーズをキープするためには、両脚のターンアウトが重要です。

 

からだが後ろに倒れた人は・・・

ここをチェック!

フロアバレエ

手を離した瞬間、身体が開いて動脚が床に付いてしまった方は、前にある脚(軸あし)に原因があります。

 

動脚と同じように、軸足もしっかりアン・ドゥオールを意識してバランスを取ってみて下さい。

 

軸足のアン・ドゥオールの感覚がよく分かりますよね。

 

立った状態でデリエールをした時に、「身体がひらいてる!」「動脚に身体がついていってる!」…

そんな風に先生に指摘される方は、軸足のアン・ドゥオールを意識しましょう。

 

からだが前に倒れた人・腰が引けてしまった人は・・・

ここをチェック!

フロアバレエ

手を離した瞬間、身体が前に倒れて、真後ろからはずれてしまった方は、おしりの筋肉が使えていないのが原因。

 

腰が引けてしまった方は、からだの引き上げが足りていない場合があります。

 

両脚を均等なチカラでターンアウトすると同時に、身体を引き上げる意識を持ちましょう!

デリエールの時の、軸足アン・ドゥオールの感覚はつかめましたか?

次は、ア・ラ・スゴンドに脚を出すエクササイズです!

ア・ラ・スゴンドのアン・ドゥオールをチェック!

①横向きになる

床側の手をまっすぐに伸ばし、反対側の手は体の前に置いて支えます。

つま先は、ポアントした(伸ばした)ままです。

フロアバレエ

 

 

上側の脚を横に出す

「タンデュ」の要領で、脚を身体のよこに出します。

フロアバレエ

 

 

胸の前に置いている手を、床から離す

ア・ラ・スゴンドの位置に手をあげます。

フロアバレエ

わ~!!

手を離した瞬間、どうなりましたか?

 

そのままキープ出来た!

腰が引けてしまった・・・

前に倒れてしまった・・・

 

うまくキープできなかったという方は、弱いところがあるということ!

ここをチェック!
  • 腰が後ろに引けた方→おしりの筋肉が使えていない+軸足のターンアウト不足
  • 身体が前に倒れた方→両脚のターンアウトが足りていない

 

ポイントをチェックしたら、足りてない部分を意識して修正!

からだで覚える!を繰り返しましょう。

アン・ドゥオール(ターンアウト)の感覚をつかむ!

アラベスクする女性

ご紹介したエクササイズで自分のクセ弱点を見つけることはできましたか?

 

軸足のアン・ドゥオールの感覚は、ちょっと分かりづらいですよね。

そんなときは、フロアに寝て行うエクササイズで確認してみてください。

 

普段、何気なくやっていた動きも、違った方法を試すことで新たな感覚パワーを掴むことができるかもしれません!

今回は、定期的に取り組みたい“床に寝て行うエクササイズ”のご紹介でした!
ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド【バレエ用語】ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド/それぞれの位置と意味 バレエの動きシェネの紹介回転のテクニック【シェネ】のやり方や練習方法まとめ