【更新】人気記事TOP10

【保存版】バレエのバリエーション一覧《ドン・キホーテ》編

バレエドン・キホーテ

この記事では、《ドン・キホーテ》に出てくる女性ヴァリエーションをご紹介いたします。

 

いざ『ヴァリエーション』を練習しよう!と思っても、「どんなヴァリエーションがあったかな~」と、悩みがちですよね。

 

 

「思いつくのは、コンクールでよく見かける踊りばかり…」

「バレエのこと、まだ詳しくないから、どんな踊りがあるのか知らない…」

 

こんな悩みを解決するために、《ドン・キホーテ》に出てくる女性ヴァリエーションだけをピックアップして、まとめてみました!

この記事を読めば『ヴァリエーション』選びの幅が広がって、新しい発見があるかも!

1幕から順に解説します。

ドン・キホーテ<第1幕>のヴァリエーション一覧

スペインの町

バレエ「ドン・キホーテ」は、スペイン・バルセロナを舞台にした作品。

はつらつとした、明るいバリエーションが多いのが特徴です。

 

1.キトリのバリエーション

ポイント
  • このバリエーションは、両手にカスタネットをもって踊ります。コンクールの時など、場合によってはカスタネットなしで踊ることもありますよ!
踊るときのコツ
ラストに、1回まわるごとに両脚を床に下ろしながら続けて回るピルエットがあります。

 

本来は、その場で回るのが基本の動きですが、このバリエーションの時は回りながら進む!というのがポイント。

難易度の高いパです。

バレエの動きフェアテ・ペアテ遅れてませんか?【リエゾン・ド・ピルエット】のやり方とポイント

ドン・キホーテ<第2幕>のヴァリエーション一覧

1.森の女王のバリエーション

踊るときのコツ
振付が様々あるので、いくつかのバージョンを確認して、練習する振付を決めましょう。

ゆったりとした曲なので、キープ力バランス力が求められます。

イタリアン・フェッテイタリアン・フェッテが苦手な人に伝えたい、5つのコツ

 

2.キューピットのバリエーション

踊るときのコツ
音楽のように、可憐に踊るのがポイント!

細かな足さばきと、軽やかなジャンプの連続です。

ムダな動きが見えると、重たい印象になるので、身体の引き上げを意識して踊ってみましょう!

 

3.ドルシネア姫のバリエーション

踊るときのコツ
ゆっくりとした音楽に合わせ、1つ1つのポーズを止まるように意識すること。

 

最初は同じ動きが続くので、練習しやすいかもしれません。

バランス・ジャンプ・回転など、総合的なテクニックが必要とされるバリエーションです。

ドン・キホーテ<第3幕>のヴァリエーション一覧

1.キトリの友人のバリエーション①

踊るときのコツ
とにかく大きなジャンプが多いので、体力が必要です。

最後まで、同じ高さで飛べるように頑張りましょう!

 

2.キトリの友人のバリエーション②

踊るときのコツ
ゆったりとした曲調でカブリオールやジュテ・アントルラセなどのパが続きます。

メリハリをつけて、結婚式らしく華やかに踊るのがポイントです!

 

3.キトリのバリエーション

第3幕のキトリのバリエーションには、大きく分けて2つの振付があります。

 

1つは、グラン・パ・ド・シャをするもの。

もう1つが、パッセを繰り返すもの。

 

コンクールなどでは、グラン・パ・ド・シャが出てくる振付を踊っている人が多い印象です。

ちょっと違った雰囲気にしたいときは、パッセが続く振付を練習してみてはいかがでしょうか?!

あわせて読みたい

バレエコラム(キトリ)意識したことありますか?キトリで使う扇子の意味や使い方 バレエのポーズ手を腰に当てるあなたのポーズは大丈夫?「手を腰に当てる動き」3つのポイント パドシュヴァル【バレエの動き】パ・ド・シュヴァル/キトリのVaに挑戦!

バリエーション一覧《ドン・キホーテ》まとめ

歴史を調べるアイテム

この記事では、《ドン・キホーテ》の中に出てくるヴァリエーション一覧をご紹介いたしました。

ほかの作品のヴァリエーションはこちらから

バレエの動きエシャペバレエ【エシャペ】のコツは?ジャンプしないでスライドする?! バレエの動きシェネの紹介回転のテクニック【シェネ】のやり方や練習方法まとめ