【更新】人気記事TOP10

【バレエの動き】パ・ド・シュヴァル/キトリのVaに挑戦!

パドシュヴァル

こんにちは!

Ballet Style(バレエスタイル)です。

 

みなさんは「パ・ド・シュバル」と聞いて、どんな動きかパッと思い浮かびますか?

 

ちょっとよく分からない・・・という方は、こちらの動画をご覧ください。

足元にご注目

『ドン・キホーテ』キトリのヴァリエーションの一部ですが、足の指で床をひっかくような動きをしていたのが分かりましたか?

これが、パ・ド・シュバルです。

今回はこのパ・ド・シュヴァル(パ・ド・シュバル)を解説していきたいと思います。

 

「足をどうやって動かすの?」

「どんな練習をするといい?」

こんな疑問を解決するために、初心者の方でも練習しやすい軸足アテールのパターンでご紹介していきます!

パ・ド・シュバルの意味と動き

乗馬する男性

意味

パ・ド・シュバルは、「パ」=ステップ、「シュバル」=馬、という意味があります。

 

動き

馬脚のしなやかさが表現されたステップで、馬が地面を引っかく動作にそっくりです。

パ・ド・シュバルを練習してみよう

バーレッスンする人

キトリのバリエーションのような、ポアントで立ってホップしながらのパ・ド・シュバルは、難易度高め!

慣れていない方は、まずバーにつかまってアテールの状態で練習してみましょう!

 

【1】5番ポジションで立って、かかとを上げる

5番ポジションで前の脚のカカトを上げます。

ドゥミ・ポアントの状態です!

パドシュバル

 

【2】前に小さくデヴェロッぺ

足のゆび裏で床を引っかくようにして、前に小さくデヴェロッペをします。

クペ(スュル・ル・ク・ド・ピエ)を通過しながら、デヴェロッペです!

パドシュバル

パドシュバル

 

【3】動脚を5番ポジションに戻す

デヴェロッペのあと、つま先を床につけます。

足裏で床をすりながら、5番ポジションにもどします。

パドシュバル

 

【4】1~3を素早く動かしてみて!

まずは、ゆっくりと【1~3】をやってみて下さい。

そして、慣れてきたら少しずつスピードアップ!

パドシュバル

馬脚のしなやかさを意識しながら、なめらかに動かす練習をしましょう!

ポアントで行うときは・・・

ポアントでパドシュバルする場合は、バーを持ちながら練習するのをおススメ!

動画のような軽やかなパドシュヴァルを目指して、頑張っていきましょう!

バレエのポーズ手を腰に当てるあなたのポーズは大丈夫?「手を腰に当てる動き」3つのポイント バレエドン・キホーテ【保存版】バレエのバリエーション一覧《ドン・キホーテ》編