【更新】人気記事TOP10

きれいな『デヴェロッペ』をする5つのポイント!

バレエのデヴェロッペ

バレエスタイル(@BlletStyle_)をご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事では、きれいな『デヴェロッペ』をする5つのポイントをご紹介。

 

アダージオなど、ゆったりとした音楽に合わせて動くデヴェロッペ

 

脚を高く上げようとすると体勢が崩れてしまったり、アンドゥオールできなかったり、とても難易度が高いパですよね。

 

そんなデヴェロッペを、きれいな形にするためのポイントがあります!

基本の動き方を確認しながら、チェックしていきましょう。

デヴェロッペの動き

踊る女性

デヴェロッペの意味は「発展する」

意味のとおり、動きも「発展」するように脚を大きく動かしていきます。

 

前(ドゥヴァン)のデヴェロッペ

1.クドピエを通って、前のパッセを通過
バレエのデヴェロッペ

 

 

2.ひざを高く上げるようにして、アティテュードの位置を通過
バレエのデヴェロッペ

 

 

3.動脚のひざを伸ばしきる
バレエのデヴェロッペ

 

後ろ(デリエール)のデヴェロッペ

1.クドピエを通って、後ろのパッセを通過
バレエのデヴェロッペ

 

 

2.ひざを高く上げるようにして、アティテュードの位置を通過
バレエのデヴェロッペ

 

 

3.動脚のひざを伸ばしきる
バレエのデヴェロッペ

きれいなデヴェロッペをする5つのポイント

ノート

ポイントは5つ!
  1. アティテュードのひざの位置をキープ
  2. 股関節からアン・ドゥオール
  3. 軸はまっすぐ、腰を立てる!
  4. 上体からつま先までのラインを意識
  5. バーがなくても動ける位置で!

1つずつチェックしていきましょう!

 

ポイント①アティテュードのひざの位置をキープ

バレエのデヴェロッペ

動脚を[アティテュードから伸ばす]時に、アティテュードに上げたひざの位置を変えないこと。

横や後ろのデヴェロッペをする時も同じです。

アティテュードでひざを高く上げたら、その先にひざ下が伸びていくイメージです。

 

ポイント②股関節からアン・ドゥオール

バレエのデヴェロッペ

内転筋をじっくり使って動脚をあげます。

カカトを上に向けてしっかりアン・ドゥオールしましょう!

 

ポイント③軸はまっすぐ、腰を立てる!

バレエのデヴェロッペ

無理に脚を高く上げようとすると、軸がななめになったり、腰が丸くなったり・・・

アン・ドゥオールもできません。

 

軸足でしっかりと床を押し、腰を立て、軸はまっすぐをキープしましょう。

 

脚を高く上げることよりも、股関節からアン・ドゥオールした正しい姿勢ですることが大切です。

 

ポイント④上体からつま先までのラインを意識

バレエのデヴェロッペ

後ろのデヴェロッペをする時は、上体を少しだけ前に出します。

ただし、前に倒しすぎたり、軸がナナメになってはいけません。

バレエのデヴェロッペ

あたまの先から、つま先までのきれいなラインを意識しましょう。

後ろにデヴェロッペするときは、胸がななめ上へ向かうイメージをするのがコツですよ。

 

ポイント⑤バーがなくても動ける位置で!

バレエのデヴェロッペ

デヴェロッペに限らず、後ろに脚を高く上げる動きでは、バー側に上体が倒れてしまいやすいので要注意!

 

バー側に上体が倒れると、脚が外れておなかが開きやすくなります。

バーを持った腕にも力が入り、きれいなデヴェロッペとは言えません。

 

センターレッスンで安定したデヴェロッペをするためにも、バーレッスンの段階で上にぐっと引きあげ正しい姿勢をキープすることを心がけましょう。

高く上げることより、正しいポジション!

スポーツジムのスタジオ

“脚を高く上げたい”と思って、体勢を崩しながらデヴェロッペをしても意味がありません。

 

今回ご紹介した5つのポイントをおさえて、きれいなデヴェロッペを目指していきましょう!

ポイントおさらい!
  1. アティテュードのひざの位置をキープ
  2. 股関節からアン・ドゥオール
  3. 軸はまっすぐ、腰を立てる!
  4. 上体からつま先までのラインを意識
  5. バーがなくても動ける位置で!
アン・ドゥオール軸足のアン・ドゥオールを意識するには?フロアに寝て確認してみよう! ストレッチバンドの使い方まだ使ってない?!ストレッチバンドの使い方をご紹介します!