【更新】人気記事TOP10

なめらかに弧を描こう!『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』

ロンドジャンブジュテ

この記事では、バレエの動き『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』について解説します!

 

『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』は、バーレッスンの中盤あたりにおこなう『ロン・ド・ジャンブ・ア・テール』と一緒にすることが多い動き。

 

 

ぐるっと大きく脚を振り上げて、弧を描く動きですが・・・

  • なんとなくやってみてるけど、合ってる?
  • もうちょっとゆっくり確認したい!

こんな風に思っている方に向けて、『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』を細かく分解しながら説明します。

 

この記事を見れば、次回のレッスンから『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』で悩まない!!

「ロン・ド・ジャンブ・ジュテ」の意味

グランバットマン

 

『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』の意味は、ロン=丸い、ジャンブ=脚、ジュテ=投げる・投げ捨てる、です。

脚を丸く投げる(上げる)動きですね!

「ロン・ド・ジャンブ・ジュテ」の動き

バレエ

ロン・ド・ジャンブ・ジュテは、つま先でからだの横に立体的な弧を描く動きです。

ロンドジャンブジュテ

2パターン!
  • 動脚を前のク・ド・ピエから、ななめ前に振り上げて、横を通過して、後ろに回していく場合(アン・ドゥオール
  • 動脚を後ろのク・ド・ピエから、ななめ後ろに振り上げて、横を通過して、に回していく場合(アン・ドゥダン

ロン・ド・ジャンブ・ジュテのやり方

アン・ドゥオールの場合

(1)動脚を前のク・ド・ピエ(クペ)にします

バレエのポーズ

スタートの形は、ク・ド・ピエの代わりに低い小さなアティテュードから始める場合もあります!

 

 

(2)動脚のひざを伸ばしながら、ななめ前に振り上げます

ロンドジャンブジュテ

ポイント!

ク・ド・ピエから、ひざを伸ばしながら振り上げましょう!ロンドジャンブジュテ

 

 

ひざを曲げたまま上に持ち上げて、そこからひざを伸ばすのは✖です!
ロンドジャンブジュテ

 

 

(3)動脚をななめ前に振り上げたあと、そのまま体の真横を通過してななめ後ろ

ロンドジャンブジュテ

 

 

(4)最後は、後ろのタンデュの位置に下ろします

ロンドジャンブジュテ

動画でチェック!

1~4をつなげて動いてみると、こんな感じです!

ロンドジャンブジュテ

ロン・ド・ジャンブ・ジュテまとめ

アン・ドゥダン(内回し)をする場合は、後ろのク・ド・ピエからスタート。

動脚のひざを伸ばしながら振り上げて、ドゥヴァンのタンデュの位置まで脚を動かします。

 

ぐるっと大きく脚を振り上げて、弧を描くようになめらかに!

ひざを伸ばすタイミングを意識してやってみてください。

バレエのデヴェロッペきれいな『デヴェロッペ』をする5つのポイント! ロンドジャンブアンレール【バレエの動き】ロン・ド・ジャンブ・アン・レール:2つの違いが分かりますか?