【更新】人気記事TOP10

【バレエの動き】ロン・ド・ジャンブ・アン・レール:2つの違いが分かりますか?

ロンドジャンブアンレール

「ロンドジャンブアンレール」ってどんな動き?

「アン・ドゥオール(外回し)」と、「アン・ドゥダン(内回し)」の違いが分からない!

 

こんな方の為に、今回は【ロン・ド・ジャンブ・アン・レール】を分かりやすく解説していきます。

 

ポイントを覚えて、さっそくレッスンで試してみてください!

ロン・ド・ジャンブ・アン・レールとは

ティアラ

ロン・ド・ジャンブ・アン・レールは、主に2つの動きがあります。

  1. 脚を伸ばしたまま、半円を描くように動かす
  2. ひざ下を曲げて、弧を描くように動かす

順番にみていきましょう。

 

1.脚を伸ばしたまま、半円を描くように動かす

ロンドジャンブ

①動脚を前に出し、つま先を空中に浮かせた状態に=アン・レール

②ひざを伸ばしたまま、つま先で空中に半円を描くように動かします。

前→横→後ろ・・・というような軌道になります。(赤ラインの流れ)

 

逆に、

後ろから横、前・・・と動かすこともあります。(青ラインの流れ)

 

【ポイント】は、つま先が上下しないように一定の高さを保ったまま動かすこと!

 

ロン・ド・ジャンブ・ア・テールと同じ軌道です!

詳しくはこちらをチェック>>>コンパスのイメージで!『ロン・ド・ジャンブ・ア・テール』の動きをご紹介

2.ひざ下を曲げて、弧を描くように動かす

アンドゥオール

この動きには、「アン・ドゥオール(外回し)」「アン・ドゥダン(内回し)」があります。

2つの違いが分からない!という方が非常に多いので、横から見た写真で説明していきます。

 

アン・ドゥオール(外回し)

①まず、動脚をア・ラ・スゴンドに上げます
アンレール

 

②ひざを曲げて、パッセ(ルティレ)を通過して・・・
アンレール

 

③ひざから下を前へまわすようにしながら、アラスゴンドに伸ばしていきます
アンレール

アンレール

アンレール

 

アン・ドゥオール(外回し)の時は・・・

アラスゴンドから、「まずパッセ(ルティレ)にする」というのがポイント。

ひざ下を回したりせずに、スッと素直にパッセにしましょう!

そこから、ひざ下を前に回すようにしながら、アラスゴンドに伸ばします。

 

動きをCheck!

アン・ドゥオール(外回し)

アンドゥオール

アン・ドゥダン(内回し)

①まず、動脚をア・ラ・スゴンドに上げます
アンレール

 

②ひざから下を前からまわすように曲げながら・・・
アンレール

アンレール

角度を変えて見てみると・・・
アンレール

 

③パッセ(ルティレ)を通過して、アラスゴンドに伸ばします
アンレール

アンレール

 

アン・ドゥダン(内回し)の時は・・・

アラスゴンドから、「まずひざ下を前から後ろに回すようにしてパッセ(ルティレ)にする」というのがポイント。

ひざ下を回しながらパッセにしましょう!

そこから、スッとまっすぐアラスゴンドに伸ばします。

動きをCheck!

アン・ドゥダン(内回し)

アン・ドゥダン

 

注意
アン・ドゥオール/アン・ドゥダンいずれの場合も、つま先がひざより後ろを通らないように気を付けましょう!

アンドゥオール/アンドゥダン 2つの差は分かりましたか?

この記事では、【ロン・ド・ジャンブ・アン・レール】の動きを解説しました。

  1. 脚を伸ばしたまま、半円を描くように動かす
  2. ひざ下を曲げて、弧を描くように動かす

 

②のアンドゥオール/アンドゥダン、それぞれの動きの違いは分かりましたか?

動きがとても似ていますが、最初のアラスゴンドからの動きの違いがポイントですよ!

練習、頑張りましょう!
ロン・ド・ジャンブ・ア・テールコンパスのイメージで!『ロン・ド・ジャンブ・ア・テール』の動きをご紹介 ロンドジャンブジュテなめらかに弧を描こう!『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』