【更新】人気記事TOP10

まだ使ってない?!ストレッチバンドの使い方をご紹介します!

ストレッチバンドの使い方

「もう少し、柔軟性を高めたい」

「今やっているストレッチがもの足りない」

「トレーニンググッズを使ってみたい」

 

今回は、こんな「効果的にストレッチ&トレーニングできるグッズを知りたい」という方に向けて書いています。

 

こんにちは!Ballet Style[バレエスタイル]です。

 

スポーツや、ダンスをやっていると「柔軟性」の大切さを感じることってありますよね?

ヨガをする女性

 

けがの予防になったり、可動域の拡大につながったり。

 

私も、入念にストレッチしたあとは、いつもより軽くラクに踊れる!と感じたことがあります。

 

より良いパフォーマンスをするためには、日頃からのストレッチ&トレーニングが重要!

 

「でも、どうやったらいいか分からない・・・」

そんな方は是非、「ストレッチバンド」を使ってみて下さい!

 

今回は、Chacott(チャコット)の「ストレッチバンド(ダンスバンド)」の詳しい使い方を、写真付きでご紹介いたします。

 

バレエを習っている方も、そうでない方も、柔軟性アップのために新しいアイテムを取り入れてみませんか?

パワーがやさしめ!
しっかりめのパワー

プロダンサーとコラボで企画・開発された“ダンスバンド”

ダンスバンド(↑ 写真は旧タイプ)

バレエ・ダンス用品メーカー、チャコットの「ダンスバンド」。

 

この「ダンスバンド」は、身体科学の専門家やプロのダンサーとのコラボレーションによって企画・開発された『Chacottダンステクノロジーシリーズ』のひとつ。

 

ダンスに必要な筋肉群を、効果的にストレッチ&鍛えるトレーニンググッズです。

チャコットの“ダンスバンド”をおすすめする3つのワケ

「チャコットのダンスバンドは、どんなところがいいの?」

と思っている方のために、実際に使っている私がおススメする3つのポイントをご紹介いたします。

 

【1】表面がやわらかい素材だから扱いやすい

 

フェルトのようなふわっとした素材で覆われているので手足になじみやすく、小さくまとめて保管してもくっついたりしないのでとても扱いやすいです。

 

くいこみにくいソフトな素材なので、肩にかけて使うと肌がつっぱる!なんてこともありません。

 

【2】リング形状なので両手を使ってエクササイズできる

チャコットのダンスバンドを使ってストレッチする女性

 

手でもっておく必要がないので、ポーズを取りながらトレーニングしたり、正しいポジションに手で修正しながらストレッチすることができます。

詳しい、使い方は後ほどご紹介!

 

【3】ゴムの強さが絶妙

やわらか過ぎたり、かた過ぎたりしない絶妙な強さ。

適度な伸縮を保持してトレーニングすることができます。

ゴムの強さは、ソフトミディアムの2タイプ!

ご自身に合ったものを選びましょう!

ソフトタイプ
ミディアムタイプ
MEMO

対象年齢は、15歳以上。

ダンサーとしての骨格、筋肉が出来上がる時期からの使用をお薦めします。

(Chacott公式HPより)

“ダンスバンド”の使い方5選

ストレッチする女性

ダンスバンドを使った「ストレッチ&トレーニング」方法を5つご紹介いたします。

 

注意
慣れるまでは、無理をしないように十分に注意して行ってください。

1.開脚(股関節のストレッチ)

座ってヒザを曲げた状態で、バンドをウエスト後ろ側からまわし、足に取り付けます。

開脚トレーニング

 

 

ゆっくりとひざを伸ばしていきます。

開脚トレーニング

慣れてきたら、少しずつ開脚角度を広げていきましょう。

 

左右に身体をたおして、もも裏をしっかりストレッチします!

チャコットのダンスバンドでストレッチするダンサー

チャコットのダンスバンドでストレッチするダンサー

 

2.股関節のストレッチ、内転筋のトレーニング

ストレッチバンドを使ったトレーニング

 

1のエクササイズで、ひざがしっかりと伸びるようになってから行う応用編です。

 

1のように、両足にゴムを取り付けて仰向けになります。

内側を意識しながら、ゆっくりと開閉運動をおこないます。

開脚トレーニング(イラスト引用:Chacottダンスバンド説明書)

 

3.背中のストレッチ、アラベスクのトレーニング

ストレッチバンドを使ったストレッチ

 

 

肩にバンドをかけて、反対側の足にバンドが交差するように取り付け、ひざをのばしていきます。

(イラスト引用:Chacottダンスバンド説明書)

 

 

無理をせず、少しずつ伸ばします。

左右バランスよくエクササイズしていきましょう!

 

横からみるとこのような感じになります。

美しい姿勢を目指しましょう!

アラベスク(イラスト引用:Chacottダンスバンド説明書)

アラベスク

 

注意
バンドが交差していないと、脚をあげたときに安定しません。

気をつけましょう!

背中のストレッチ(イラスト引用:Chacottダンスバンド説明書)

 

4.パンシェのトレーニング

3のアラベスクの状態から、上体を前に倒します。

あげた脚が真後ろのポジションに入っているか確認しましょう。

パンシェ(イラスト引用:Chacottダンスバンド説明書)

下半身と背中をストレッチ!

 

 

慣れてきたら、手でバンドを少し引っ張るとさらに負荷をかけることができます。

パンシェ

 

5.ア・ラ・スゴンド、ドゥヴァンのトレーニング(下半身のストレッチ)

チャコットのダンスバンドを使ったトレーニング

バンドは肩にかけたまま、横や前に脚をあげてストレッチを行います。

骨盤の位置を意識して伸ばしましょう。

ダンスバンドトレーニング(イラスト引用:Chacottダンスバンド説明書)

チャコット“ダンスバンド”は使い方いろいろ

 

今回は「効果的にストレッチ&トレーニングできるストレッチバンドの使い方」をご紹介してきました。

 

ここで紹介したトレーニング以外にも、内転筋のトレーニングや、肩のストレッチなど使い方はいろいろ!

チャコットのダンスバンドには、使い方の説明書が付いているので初心者にもおすすめです。

 

慣れてきたら、自分なりのストレッチ&トレーニングで柔軟性を高めていきましょう!

 

「いまやっているストレッチがものたりない!」という方は、ストレッチバンドを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

強度は2タイプ!

【関連記事】

足裏、使えてますか?【ボール】を使ったマッサージ&トレーニングをご紹介!

マッサージボール足裏、使えてますか?【ボール】を使ったマッサージ&トレーニングをご紹介!