アクセス上昇中の記事はコチラ

フォンデュ応用編【フォンデュ・トンベ】のしかた

フォンデュ・トンベ

バーレッスンのとき、バットマン・フォンデュという動きをしますよね。

レッスンでは、シンプルにフォンデュだけを行うこともあれば、様々なパと組み合わせておこなう事があります。

例えば、軸足をルルヴェにしたり、フェッテを入れて体の向きを変えたり・・・

組み合わせることで、バリエーションが増えるんですね!

そんなバットマン・フォンデュのバリエーションのなかから、今回はトンベと組み合わせた【フォンデュ・トンベ】をご紹介。

はじめて聞く方も、苦手・・・という方も、これを見ればコツがつかめるかも?!

是非チェックしてみてください。

フォンデュとは?トンベとは?

【フォンデュ・トンベ】をする前に、まずそれぞれ動きを確認しておきます。

 

フォンデュとは

フォンデュ・トンベ

 

フランス語で「溶けるように」という意味。

やわらかく両ひざを曲げ、軸足はまっすぐ上に、動脚はク・ド・ピエ(足首)を通過して、前・横・後ろのいずれかの方向に伸ばす動きです。

バレエフォンデュ【バレエの動き】フォンデュをマスターしよう!意味と5つのコツ(動画あり)

 

トンベとは

トンベ

 

フランス語で「落ちる」という意味。

体重を移動させながら、片脚を前・横・後ろのいずれかの方向に踏み込む動きです。

バレエのトンベ簡単そうで難しい?!『トンベ』を練習!
では、2つを組み合わせてフォンデュ・トンベをやってみましょう!

フォンデュ・トンベのしかた(ドゥヴァン)

ドゥヴァンの場合

1.軸足(右脚)をドゥミ・プリエに、動脚(左脚)は前のク・ド・ピエ(クペ)にする

バレエの動きフォンデュ・トンベ

 

 

2.軸足のひざを伸ばし、スムーズにかかとを上げてルルヴェに。動脚は前に伸ばす

フォンデュ・トンベ

 

 

3.呼吸に合わせて腕をアロンジェにして、動脚を少し持ち上げる

フォンデュ・トンベ

 

 

4.伸ばしたつま先を越えて、前にトンベする(落ちるように下りて、左脚へ体重を移動させる)

フォンデュ・トンベ

 

 

5.右脚を後ろのク・ド・ピエ(クペ)にする

フォンデュ・トンベ

トンベからク・ド・ピエ(クペ)にするまでは、流れるように続けて動きます。

 

画像を連続でみると、こんな感じ!

フォンデュ・トンベ・ドゥヴァン

フォンデュ・トンベのしかた(デリエール)

デリエールの場合

1.軸足(右脚)をドゥミ・プリエに、動脚(左脚)は後ろのク・ド・ピエ(クペ)にする

フォンデュ・トンベ・デリエール

 

 

2.軸足のひざを伸ばし、スムーズにかかとを上げてルルヴェに。動脚は後ろに伸ばす

フォンデュ・トンベ・デリエール

 

 

3.呼吸に合わせて腕をアロンジェにして、動脚を少し持ち上げる

フォンデュ・トンベ・デリエール

 

 

4.伸ばしたつま先を越えて、後ろにトンベする(落ちるように下りて、左脚へ体重を移動させる)

フォンデュ・トンベ・デリエール

 

 

5.右脚を前のク・ド・ピエ(クペ)にする

フォンデュ・トンベ・デリエール

トンベで下りるときは、できるだけ遠いところに「落ちる」イメージで行います。

 

画像を連続でみると・・・

フォンデュ・トンベ・デリエール

フォンデュ・トンベのコツ

  • 腕をアロンジェにしたとき、わずかに動脚を引き上げる
  • 伸ばした動脚を床に下ろす(トンベする)とき、遠くに向かって「落ちる」ように
  • トンベで体重をスムーズに移動させる

腕と脚の動きを連動させ、フォンデュからスムーズにトンベに移ることが大切です。

体重が軸足に残ったままにならないよう、伸ばした脚の方向へ「落ちる」ように体重を移動させましょう。

 

今回はトンベと組み合わせた【フォンデュ・トンベ】をご紹介してきました。

バットマン・フォンデュの両脚を曲げ伸ばしする動きは、片脚で着地するジャンプのための訓練となります。

またトンベは体重移動の練習になり、グラン・ジュテなどの大きいジャンプの上達にもつながります。

ぜひ【フォンデュ・トンベ】に取り組んでみてください!

 

バレエの動きグランパドシャ跳んでみよう【グラン・パ・ド・シャ】気をつけたい3つのこと バレエの動きアンボアテ不安を解消!【アンボアテ】のやり方とポイント(動画あり)

今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした。