アクセス上昇中の記事はコチラ

ちいさく速く円を描く《あの動き》得意ですか?【バレエ上級者向け】

ちいさく速く円を描くパ

タイトルにある《あの動き》とは、ロン・ド・ジャンブ・ア・テールと一緒におこなうことが多い、つま先を小さく速く動かすパのこと。

なんていう名前のパなの??
ある参考資料によると「ロンド・ア・カール」と呼ぶみたいなんです。

※しかし、現役バレエダンサー数名に聞いたところ『ロンド・ア・カールって聞いたことがない』という方が多く、一般的なところは不明です…

 

あの動き(ちいさく速く円を描くパ)って、いったい何なの?どういう動き?と気になる方は、ちょっと見てみてください!

アン・ドゥオールアン・ドゥダンのやり方を解説していきます。

ちいさく速く円を描くパのやり方(アン・ドゥオール)

ダブルロンドアカール

つま先で小さい円を描き、続いてロン・ド・ジャンブ・ア・テールを行います。

小さく速いロンドを1回以上おこないます。

アン・ドゥオールの場合(1回)

1.第1ポジションから、前のタンデュの位置に出す

ダブルロンドアカール

 

 

2.つま先をゆるめ、小さな外回りの円をえがく

ダブルロンドアカール

ダブルロンドアカール

 

 

3.小さな円を描いたら、つま先を再び伸ばす(元に戻ってくる)

ダブルロンドアカール

 

 

4.ロン・ド・ジャンブして、横~後ろへ

ダブルロンドアカール

ダブルロンドアカール

 

5.第1ポジションに閉じる

 

では、「動く写真」で確認してみましょう!

ちいさく速く円を描くパの動き(アン・ドゥオール)

アン・ドゥオール(2回)の場合

ダブルロンドアカールの動き

トゥ先で、小さく速いロンドを2回しているのが分かります。

 

では、アン・ドゥダンはどのように動くのでしょうか?

見ていきましょう!

ちいさく速く円を描くパのやり方(アン・ドゥダン)

アン・ドゥダンの場合(1回)

1.第1ポジションから、後ろのタンデュの位置に出す

ダブルロンドアカール

 

 

2.つま先をゆるめ、小さな内回りの円をえがく

ダブルロンドアカール

 

 

3.小さな円を描いたら、つま先を再び伸ばす

ダブルロンドアカール

 

 

4.ロン・ド・ジャンブして、よこ~前へ

ダブルロンドアカール

ダブルロンドアカール

 

5.第1ポジションに閉じる

 

アン・ドゥダンも「動く写真」でチェック!

ちいさく速く円を描くパの動き(アン・ドゥダン)

アン・ドゥダン(2回)の場合

ダブルロンドアカールアンドゥダンの動き

つま先を細かく動かしたあと、自然な流れでロン・ド・ジャンブにつなげていますね。

 

最後に、なめらかに動かす方法をご紹介!

ちいさく速く円を描くパのまとめ

ダブルロンドアカール

今回は、ちいさく速く円を描くパについてご紹介してきました。

なめらかに動かすには、

  • 重心移動せずに、つま先をゆるめる
  • ドゥミ・ポアントで床を掃除するように円を描く
  • 円を描いたあと、動きを止めずにロン・ド・ジャンブにつなげる

 

バレエビギナーの方は、つま先をゆるめるのが難しく感じるかもしれません。

最初から円を描こうとせずに、まずはポアント(つま先まで伸ばした状態)と、ドゥミ・ポアント(足のゆびの裏を床につけたまま、かかとを高く上げた状態)を交互に繰り返す練習をしてみてください。

 

『つま先までなかなか意識できない』

『すばやい動きのとき、うまく足先が使えない』

そんな方は、今回ご紹介した動きでつま先を小さく速く動かす感覚を磨いてみてはいかがでしょうか?

ロン・ド・ジャンブ・ア・テールコンパスのイメージで!『ロン・ド・ジャンブ・ア・テール』の動きをご紹介 ロンドジャンブジュテなめらかに弧を描こう!『ロン・ド・ジャンブ・ジュテ』

今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした。