【更新】人気記事TOP10

きれいなフェッテと残念なフェッテ/劇的に変わる3つのポイント

バレエの動きフェッテ

こんにちは!

今回はバレエの動き「フェッテ」を取り上げます。

 

さっそくですが、質問です!

あなたの思う「フェッテ」とはどんな動きですか?

 

  • 片脚をまわしながら、連続ターンする「回転のフェッテ」
  • ルルヴェしながら「体の方向を変えるフェッテ」
  • いやいや、ジャンプ(ソテ)しながら「体の方向を変えるフェッテ」

 

どれも「フェッテ」で間違いありません!

が、今回ご紹介したいのは体の方向を変えるフェッテ

 

キレのある動きを目指している人は、ぜひフェッテを見直してみてください!

フェッテが変われば、踊りも変わる!

 

きれいなフェッテに近づく、3つのポイントをチェックみましょう!

バレエの動き【フェッテ】について

バレエの動きフェッテ

フェッテの意味

むちで打つ

 

フェッテの動き

まえ、横、後ろのいずれかに出した片脚の方向を変えずに、体の方向を変える動き

 

フェッテのやり方(ルルヴェの場合)

フェッテ・アラベスク

【1】右脚をドゥミ・プリエしながら、左脚を前に上げる

フェッテ

 

 

【2】右脚をルルヴェにしながら、正面を向いてア・ラ・スゴンドを通過(左脚の位置はそのまま!)

フェッテ

 

 

【3】1から体だけ180度方向を変えて、右脚ドゥミ・プリエでおりる(左脚の位置はそのまま)

フェッテ

 

流れはこんな感じ!

フェッテ

正面のア・ラ・スゴンドは、あくまでも通過点!

ピタッと止まる必要はないですよ!

 

からだを、クルッとまわすイメージです。

フェッテのやり方(ソテの場合)

フェッテ・アラベスク

【1】右脚をドゥミ・プリエしながら、左脚を前に上げる

フェッテ

 

 

【2】右脚で踏みきって真上に跳ぶ!と同時にア・ラ・スゴンドからアラベスクに。

(左脚の位置はそのままで、体だけ180度方向を変える)

フェッテ

バレエの動きフェッテ

 

 

【3】左脚の位置をキープしたまま、右脚のドゥミ・プリエで着地

フェッテ

どこが違う?きれいなフェッテと残念なフェッテ

悩むイラスト

『私のフェッテ、なんか綺麗じゃない・・・。だけど、どこを直したらいいのか分からない!』

 

そんな方は、3つのポイントをチェックしてみて下さい。

 

残念なフェッテ

体の方向を180度くるっと変えたアラベスクソテの状態ですが・・・

フェッテのダメな例

  1. 踏みきったあしのつま先が伸びていない
  2. 前に伸ばす腕を、目線の高さまでおろしきっていない
  3. 肩がすくんで、窮屈になっている

「自分のフェッテは、この形に近いかも・・・」という方、3つのうちどれか当てはまりませんか?

 

 

に当てはまる方は、しっかり床を押すことを意識しましょう。

しっかり踏みこんで、足裏を使ってグッと床を押すようにするといいですよ。

 

 

の場合は、腕で空気を下に押すイメージをもつと、首がスッと伸びる感覚が得られます。

腕を振り上げてジャンプしたあとは、グッと空気を押して、すばやく目線の高さまで下ろしましょう!

 

キレイなフェッテ

上記3つのポイントを修正すると、フェッテが劇的に変わります!

バレエの動きフェッテ

  • 踏みきった脚のつま先が、ピンと伸びている
  • 前に伸ばすが、目線の高さまでおりている
  • が下がっている

この3つができれば、かたちの整ったキレイなフェッテの完成です。

カタチが整えば、踊りもシャープに

この記事では、フェッテで気をつけたい3つのポイントを書いてきました。

  1. 踏みきった脚のつま先が、ピンと伸びてる?
  2. 前に伸ばす腕は、目線の高さ?
  3. 肩は下がっている?

ほんの一瞬のことですが、劇的にポーズが変わる重要なポイントです。

そしてポーズが整うと、無駄な動きが減って、キレのある踊りにまた一歩近づきます!

 

レッスンで「フェッテ」がでてきたら、ぜひ3つのポイントを思い出して美しい形を目指してください!

バレエの動きピケ・ターン初心者のための【ピケ・ターン】解説|やり方・注意点まとめ バレエの動きアラベスク・ソテきれいな【アラベスク・ソテ】に近づく5つのコツ