【更新】人気記事TOP10

前の脚を追いかける!『シャッセ』の力で大きくジャンプ!

バレエのシャッセ

この記事では、バレエの動き『シャッセ』をご紹介します!

 

シャッセって、実はバレエだけでなく、社交ダンスフィギュアスケートにもあるステップなんですよね。

バレエでのシャッセは、大きなジャンプの助走や振付の中で移動したいときなどに良く出てきます。

 

とっても大事なパだけど、なにかと雑になりがち・・・

 

そこで、今回は『シャッセ』にスポットをあてて、シャッセのやり方意識したいポイントなどを解説!

一緒に『シャッセ』をやってみましょう~!

バレエの動き【シャッセ】とは?

メモ

意味 追いかける、狩をする

 

動き 前の脚を後ろの脚で“追いかける”ようにして移動する動き

 

シャッセのやり方

前へのシャッセ

1.片脚をドゥミ・プリエ、もう片方の脚を進行方向に出す
バレエのシャッセ

 

 

2.前に出していた脚のかかとを床につけ、4番ポジションのドゥミ・プリエに
バレエシャッセ

 

 

3.両脚で踏みきって、進行方向にジャンプ!

後ろから“追いかけて”くる脚を、前脚に引き寄せて空中で5番ポジションに
シャッセ

 

 

4.後ろの脚をドゥミ・プリエして着地。前の脚は進行方向に伸ばします
バレエのシャッセ

 

 

1~4の動きをなめらかに行うと・・・
シャッセ

意識したいポイント !

『シャッセ』をする時に、意識したいPOINT!

それは、【空中で両脚を集める】ことです。

シャッセ

後ろ脚で前の脚を追いかけ、空中で5番ポジションにしっかり集めましょう!

後ろからくる脚は、つねに後ろの5番に入れます。

ですので、シャッセで足が入れ替わることはありません。

 

連続してシャッセを続ける場合には、そのまま同じ足を再度前に出して進みます。

しっかり床を押して『シャッセ』!

足

シャッセは、しっかりと床を押してジャンプすること。

そして、重心移動のコントロールも大切です。

 

この2つがうまくできると、次の大きなジャンプの良い助走となってダイナミックな動きができます。

連続して「シャッセ、シャッセ、シャッセ・・・」と練習してみてくださいね!

バレエのパクリュ諦めない!【パ・クーリュ】がうまくなる3つのポイント