【更新】人気記事TOP10

いまの【ファイイ】のままで大丈夫?向きをハッキリ切り替えて!

バレエの動きファイイ

今回は、バレエの動き【ファイイ】についてご紹介します。

 

ファイイは、他のパと組み合わせてすることが多く、単独でファイイをすることはあまりありません。

 

よくある組合せは、ファイイ+アッサンブレ

「センターレッスンでよくやる!」という方、多いのではないでしょうか。

 

でも、いまやっているファイイのままで大丈夫ですか?

しっかり向きを切り替えられていますか?

 

ファイイっぽいけど、ちょっと残念っ!!

ということにならないように、ファイイの意味や動きを再確認して、メリハリ効いた“立体的”な踊りを目指していきませんか?

ファイイってどんな動き?

ハテナマーク

ファイイで意外と多い間違いが、“平面”でファイイをしてしまうパターン。

 

ただ顔の方向を変えるだけで、身体の方向が変わっていない・・・

特に肩と肩を結ぶラインが“平面”のままのファイイをよく見かけます。

 

アンシェヌマンにもよりますが、“平面”のファイイにならないようにするには、ファイイの意味をしっかり表現していけば大丈夫です!

 

ファイイの意味

ファイイは、そむく・~しそうになるという意味。

ファイイでは、「そむく」を表現するのがポイントです!

 

ファイイの動き

両脚または片脚で踏みきって跳びあがった瞬間に、体と顔の向きを変えて、片脚で着地します。

ファイイのやり方

右へ跳ぶ場合

(1)体をAの方向に向け、右脚前の5番ポジションでドゥミ・プリエ。

バレエのファイイ

 

 

(2)両脚で蹴って跳び上がった瞬間に、体をBの方向へ向けます。

バレエのファイイ
※ブレた写真でスミマセン…

 

 

(3)右脚のドゥミ・プリエで着地。

バレエのファイイ

 

 

※ファイイだけ練習するときは、左脚前の5番ポジションにおさめましょう

バレエのファイイ

動画で見るファイイ

バレエのファイイ

しっかりと体の方向が変わっていますね!

バレエの動き「ファイイ」のコツ

ファイイをするときは、下記の5つのコツを意識しながらやってみてください!

  • 両脚でしっかり床を感じてプリエする
  • 跳んだ瞬間、からだ・肩の角度をハッキリと切り替える
  • Aの方向に進むと見せかけて、Bの方向に跳ぶ!(そむく!)
  • 何かをよけるような気持ちで
  • 後ろにのばした脚のヒザ・つま先を伸ばす

 

ファイイでは、体の方向をはっきりと切り替えること!

そうすることで、動きあるファイイに変えることができます。

意味のとおり、そむくニュアンスをうまく出せるといいですね!

「ファイイ」まとめ

 

今回は、ファイイの動きについてまとめてみました。

 

体の向きをはっきり切り替えることは、表現力アップにつながる重要な要素です。

ぜひ“立体的な”踊りを目指して、ファイイを練習していきましょう!

バレエ シャンジュマン【シャンジュマン】はジャンプの基本!やり方・意味を詳しく解説(写真あり) ピルエットの方法“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!