【更新】人気記事TOP10

“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!

ピルエットの方法

こんにちは。

BalletStyle(バレエスタイル)です。

 

今回のテーマは、回転技の【ピルエット】。

中でも、外回りにまわる【ピルエット・アン・ドゥオール】を取り上げます。

 

バレエ初心者のかたは、回るのに必死で “美しいかたち” を追い求めるのはまだまだ・・・という人も多いはず。

 

しかし、最初から“美しいかたち”で回る練習をしておかないと、ヘンなクセがついてしまい、また一からやり直し…なんてことになりかねません。

 

まずは、“美しいかたち”でシングル(1回転)のピルエットができるようになること!

 

2回転や3回転に挑戦するのは、そのあとです。

 

 

ということで、本記事は「“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!」について書いていきます。

ピルエットの意味

ピルエット(pirouette)には、回転・つま先旋回という意味があります。

MEMO
『ピルエット・アン・ドゥオール』は、外回りの回転となります。

 

ピルエット・アン・ドゥオールの動き

バレエ

両足で踏みきって、片足のドゥミ・ポアントで回る動きを「ピルエット」といいます。

様々な種類がありますが、動脚をパッセにし、その方向へ回るまわり方を「ピルエット・アン・ドゥオール」と呼びます。

MEMO
単に「ピルエット」という場合は、「ピルエット・アン・ドゥオール」を指すことが多いです。

ピルエット・アン・ドゥオールのやり方

第4ポジションから右回転する場合

1.4番ポジションでドゥミ・プリエ(準備)。

青丸で囲った左脚が軸になり、矢印側(右方向)へまわります。

(腕は、右手アン・ナヴァンからア・ラ・スゴンドへひらく)
ピルエット

 

2.両脚で床を押し、左脚をドゥミ・ポアントに。

同時に右脚を前のパッセにしながら、矢印側(右方向)に回転する
ピルエット

 

3.そのまま回転を続けて、正面まで回ったらパッセの脚をうしろにおろす。

軸足はドゥミ・プリエのポーズで終わります
ピルエット

ピルエット

最後のポーズは一例です。

いろんな終わり方がありますよ!

ピルエット・アン・ドゥオールのコツ!

メモ

ピルエット・アン・ドゥオールをする時のコツは、4つ。

  1. 軸に立つ
  2. 腕のパワーをかりる
  3. 顔は正面に残す
  4. パッセをアン・ドゥオールする(開く)

1.軸に立つ

まっすぐ立つ!

ピルエット

軸がまっすぐでないと、ドゥミ・ポアントのカカトがすぐに床についてしまい回転ができません。

頭頂から上に引っ張られているような感覚で、スッとまっすぐに立ちましょう。

ポイント!

軸にしっかり立つためには、直前のプリエが重要です!

チェックポイント!

  • あごが上がっていませんか?
  • 腰が引けて、お尻がでていませんか?
  • プリエはアン・ドゥオールできていますか?

 

NGなカタチ

ピルエットNG例

 

OK!

ピルエットOK例

 

2.腕のパワーをかりる

回り始めるときアン・ナヴァンにしていた片手をア・ラ・スゴンドにひらき、両手をアン・ナヴァンにまとめますよね。

ア・ラ・スゴンドに開く手の勢いと、アン・ナヴァンに閉じる手の勢いを回転のパワーにしましょう。

ひらいて・・・

ピルエットの手

 

素早くとじる!

ピルエットの手

3.顔は正面に残す

顔を残して回る!

ピルエットの顔

回転のパをするときは、顔を残さないと目が回ってしまいます。

からだが回転しても、顔はギリギリまで正面に残しましょう。

「首を残す」「顔をつける」と言ったりもします!

ポイント!

右回転の場合、左肩が正面に来るまで顔を正面に残します。

 

ただし、顔の残し過ぎに注意!

あごが上がるほど残すのはNGです。

 

4.パッセをアン・ドゥオールする(開く)

アン・ドゥオール&軸足ひざの前に!

正しいピルエット

ピルエット・アン・ドゥオールは、前のパッセ(ルティレ)で回ります。

パッセをアン・ドゥオールしないと、ひざの前にうまくつま先をつけることができません。

股関節をグッと固めないよう、すこし緩めるようなイメージでアン・ドゥオールしてみましょう。

ポイント!

パッセのつま先は、ひざの前につけよう!

チェックポイント!

  • イン・パッセになっていませんか?
  • つま先が飛び出ていませんか?
  • カマ足になっていませんか?

 

NG例!

ピルエットのNG例

 

カマ足NG!

ピルエットのNG例

ピルエット・アン・ドゥオールまとめ

本記事は「“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!」について書きました。

 

ピルエット・アン・ドゥオールは、「自分の回転軸」を見つけることで安定した回転ができるようになります。

ヘンなクセがつかないように、最初から“美しいかたち”で回る練習をして「自分の回転軸」を見つけていきましょう。

 

今回ご紹介した4つのコツを念頭に、何度も繰り返し練習あるのみ!

きれいに1回転できるようになると、2回転、3回転の成功はすぐそこです!

4つのコツ!
  1. 軸に立つ
  2. 腕のパワーをかりる
  3. 顔は正面に残す
  4. パッセをアン・ドゥオールする(開く)
こんなアイテムも!

更新情報が受け取れます!

友だち追加