【更新】人気記事TOP10

バロネのやり方・練習方法/連続バロネをするコツは?

バレエの動きバロネ

この記事では、バレエの動き「バロネ」をご紹介します。

バレエビギナーの方に限らず、バロネはとっても難しい動きです。

動きだけみると、簡単そうなのに・・・

ジャンプするバロネ

バロネをするダンサー

バロネは、脚力だけでなく、上体の引き上げバランスのコントロール、などいろんなスキルが必要になってきます。

  • バロネってどんな動き?
  • いろんなパターンがあるの?
  • どんな作品にでてくる?

今回は、こんなハテナを解決する内容をお届け。

連続バロネをするコツもご紹介していますので、是非参考にしてみてください!

バレエの動き「バロネ」の意味

膨らんだボール

バロネは、「ボールのようにふくらんだ」という意味を持ちます。

空気を脚で抱き込むようなイメージです!

バロネの動き

バレエ

バロネは、ジャンプをするものとドゥミ・ポアント(ポアント)で立ってするものがあります。

「前」にバロネする場合を例に説明していきます。

 

ジャンプするバロネ

バロネをするダンサー

片脚を前・横・後ろのいずれかの方向に蹴り上げながら、もう一方の足で踏みきってジャンプ。

蹴り上げた脚はスュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にしながら、踏みきったほうの脚で着地します。

 

ドゥミ・ポアント(ポアント)で立つバロネ

バレエの動きバロネ

片脚を前・横・後ろのいずれかの方向に上げながら、もう一方の足はドゥミ・ポアント(ポアント)に立ちます。

上げた脚はスュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にしながら、軸足ドゥミ・プリエでおります。

もう少し詳しく動きを確認してみましょう!

バロネのやり方1

ジャンプする場合

(1)右脚をドゥミ・プリエし、準備する(プレパレーション

バロネ

 

 

(2)右脚はドゥミ・プリエ、左脚を前に蹴り出します

バロネ

 

 

(3)左脚を上げきった瞬間に、右脚で踏みきってジャンプ!

バロネをするダンサー

 

 

(4)右脚ドゥミ・プリエで着地すると当時に、上げていた左脚を前のクペにします

バロネ

スタートの仕方はいろんなパターンがあります。

バロネを続ける場合は、(2)~(4)を繰り返しましょう!

【動画で確認】跳び上がる場合のバロネ

バロネ

振り上げた脚を、床に下ろさずにクペにしているのが分かりますか?

続ける場合は、そこから跳び上がる・・・を繰り返します!

バロネのやり方2

ドゥミ・ポアント(ポアント)で立つ場合

(1)右脚をドゥミ・プリエし、準備する(プレパレーション

バロネ

 

 

(2)左脚を前に上げると同時に、軸足となる右脚はドゥミ・ポアント(ポアント)に立ちます

バレエの動きバロネ

 

 

(3)右脚をドゥミ・プリエし、上げていた左脚を前のクペに戻します

バロネ

続ける場合は(2)~(3)を繰り返します。

【動画】いろんな「バロネ」

ポアントでの横への「バロネ」!

 

 

こちらの動画は、横へのドゥミ・ポアントで立つバロネ跳び上がるバロネ

そして、前のバロネも確認できます!

連続で「バロネ」をするコツ!

同じ軸足で、連続してバロネができない!

続かない・・・

こんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

バロネは、ヴァリエーションにもよく出てくるパ。

後ほどご紹介しますが、見せ場に「連続のバロネ」が出てくることが多いんです。

 

そんな連続バロネをするコツは・・・

脚力上半身の引き上げの強化です。

1.脚力

バレエの動きバロネ

連続バロネは、「片足で立ち、同じ片足でおりる」の繰り返し。

同じ足で全体重を支え続けるため、脚力が必要なのは当然ですね。

 

しっかり床を押して立つ、そしてコントロールしながらまっすぐプリエにおりる

 

どすんっと落っこちないように、やわらかくドゥミ・プリエすることを意識してみましょう!

こんな練習してみませんか?

【レベル1】バーにつかまり、1番ポジションで「ドゥミ・プリエからルルヴェアップ」を繰り返す

 

【レベル2】慣れたら片脚をクペにし、もう片方の脚で「ドゥミ・プリエからルルヴェアップ」を繰り返す。反対の脚も同様に。

 

【レベル3】バーから離れて、レベル1と2をおこなう

 

【レベル4】トウシューズを履いて、レベル1~3をおこなう

2.上半身の引き上げ

バロネ

特に気をつけたいのが、ドゥミ・プリエしたときです。

お腹、背中をしっかりと引き上げ、腰が落ちないように気をつけましょう。

 

バロネをするたびに、お腹が伸びたり背中が丸くなったりしているとバロネは続きません。

脇をしっかり立てて、強くブレない体幹を意識してやってみてください。

こんな練習してみませんか?

プランク

体幹の強さは、バレエ上達の助けになります。

バレエに必要な様々な筋肉が鍛えられる「プランク」エクササイズで、体幹をトレーニング!

 

耳と肩が近づかないようにして、頭からかかとまで長~いラインを意識。

おなかが床に近づいていかないように気をつけましょう!

「バロネ」が出てくるヴァリエーション

まずは「グラン・パ・クラシック」のヴァリエーション。

最大の見せ場がバロネです!

盛り上がります!

 

 

「フェアリードール」のヴァリエーション後半でもバロネを確認できます。

バロネの部分から再生されます

 

 

タンバリンを持って踊る「エスメラルダ」のヴァリエーション終盤にもバロネが出てきます!

バロネをしながら、足先でタンバリンを打つ動作が印象的です。

バロネまとめ

バロネは、脚力、上体の引き上げバランスのコントロール、などいろんなスキルが必要なパです。

特に連続でバロネする場合は、脚力上半身の引き上げを意識してみてください!

ご紹介した練習方法で強化していくのもおすすめです!

バレエフォンデュ【バレエの動き】フォンデュをマスターしよう!意味と5つのコツ(動画あり)