【更新】人気記事TOP10

知っておきたいバレエのポーズ!〈からだ・あし・うで〉の組合せ例

バレエのポーズ

この記事では、センターレッスンで役立つ〈からだ・あし・うで〉のいろんな組合せをご紹介いたします。

 

 

バレエのポーズって〈からだの方向・あしの位置・うでのポジション〉の組み合わせで、いろんな形のポーズができる事を知っていますか?

 

バレエ初心者にとっては、パッと見ただけじゃすぐに理解できないし、名前を聞いても混乱して迷ってしまいますよね。

 

 

そんな方に向けて、〈からだ・あし・うで〉のいろいろな組み合わせ例を解説していきます!

 

 

いろんなパターンを知っているだけで、サッとポーズが出来ようになるかも?!

ぜひ、写真を確認しながら一緒にポーズをとってみてくださいね!

〈からだ・あし・うで〉それぞれのポジション

トウシューズ

 

組み合わせを見ていく前に、まずは〈からだ・あし・うで〉それぞれのかたちや、ポジション名を復習しておきましょう。

 

〈からだ・あし・うで〉を組み合わせた途端、難易度がぐっとあがります。

しっかり覚えることが、第一歩です!

 

<からだ>の方向

踊る女性

  • アン・ファス
  • クロワゼ
  • エファセ

この3つのからだの方向を覚えましょう。

 

コツも一緒に復習!【バレエ用語】上達への近道!体の方向/アンファス・クロワゼ・エファッセ

アンファス・クロワゼ・エファッセ【バレエ用語】上達への近道!体の方向/アンファス・クロワゼ・エファッセ

 

<あし>の位置

バットマン・ジュテ

  • ドゥヴァン
  • デリエール
  • ア・ラ・スゴンド

あしのポジションも、基本の3つを確認!

 

【バレエ用語】ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド/それぞれの位置と意味

ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド【バレエ用語】ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド/それぞれの位置と意味

 

<うで>のポジション

シュスー

うで(アームス)は、5つのポジションを覚えましょう!

アームスを優雅に動かすコツも要チェックですよ。

 

腕のポジション基本の5つ!アームスの動きを身につけよう

バレエのアームス腕のポジション基本の5つ!アームスの動きを身につけよう

 

〈からだ・あし・うで〉を組み合わせてみよう!

体の方向・脚を出す場所・アームスのかたち・・・

この3つを組み合わせたポーズをみていきましょう!

バレエのポーズって、いろんな組み合わせができるんですよ!

クロワゼ(croise)

からだの方向がクロワゼのポーズを解説していきます!

MEMO
クロワゼ=十字型の交差した、という意味があります。

 

クロワゼ+ドゥヴァン+片手アン・オー|その1

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置ドゥヴァン

腕のポジションアン・オー/ア・ラ・スゴンド

 

脚をクロワゼ・ドゥヴァンに出し、軸足側のうでをアン・オー、動脚側のうでをア・ラ・スゴンドにしたポーズです。

顔は、正面またはア・ラ・スゴンド側に向けます。

 

比較的よく出てくる、定番のポーズです。

 

★片手アン・オーを⇒アン・ナヴァンにすると、こうなります

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

 

クロワゼ+ドゥヴァン+片手アン・オー|その2

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置ドゥヴァン

腕のポジションアン・オー/アロンジェ

 

脚をクロワゼ・ドゥヴァンに出し、軸足側のうでをアン・オー、動脚側のうでをアロンジェにしたポーズ。

 

[その1]と違う点は2つ。

1.動脚側の手のひらを下に向け、アロンジェにしている点

2.上体をひねり、顔がアン・オーのひじ方向に向いている点

 

上体をツイストさせたり、顔の角度を変えたりするだけで、全然違ったポーズに見えますね!!

 

★両手をアロンジェに変えると、また違った形になります

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

クロワゼ+ドゥヴァン+片手アン・オー|その3

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置ドゥヴァン

腕のポジションアン・オー/ア・ラ・スゴンド

 

脚をクロワゼ・ドゥヴァンに出し、軸足側のうでをア・ラ・スゴンド、動脚側のうでをアン・オーにしたポーズ。

[その1]とは、腕のポジションが左右逆になっています。

 

顔の向きは正面であることが多く、少し上体を前に倒して「のぞきこむ」ような角度にすることもあります

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

 

★片手をアン・ナヴァンにしたポーズ

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

ピケ・トゥールやシェネなど、ターンの前のプレパレーションのポーズになりますね!

 

 

★両手アロンジェにしたポーズ

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

雰囲気がガラッと変わります!

 

クロワゼ+ドゥヴァン+片手アン・オー|その4

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置ドゥヴァン

腕のポジションアン・オー/アロンジェ

 

脚をクロワゼ・ドゥヴァンに出し、軸足側のうでをアロンジェ、動脚側のうでをアン・オーにしたポーズ。

[その3]の変形バージョンです。

 

アロンジェ側のうでを上体ごとグッと後ろにひいて、アン・オー側の上体を前に出すようにします。

レッスンで出てくる頻度は低めです。

 

クロワゼ+ドゥヴァン+両手アン・オー

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置ドゥヴァン

腕のポジションアン・オー

 

脚をクロワゼ・ドゥヴァンに出し、両腕をアン・オーにしたポーズです。

レヴェランス(お辞儀)の時にこのポーズしていませんか?!

クロワゼ+デリエール+片手アン・オー|その1

クロワゼデリエールをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置デリエール

腕のポジションアン・オー/ア・ラ・スゴンド

 

脚をクロワゼ・デリエールに出し、軸足側のうでをア・ラ・スゴンド、動脚側のうでをアン・オーにしたポーズ。

レッスン、振付などでもよく出てきます。

 

★片手アン・ナヴァンにしたポーズ

クロワゼデリエールをする女性ダンサー

 

★両手アロンジェにしたポーズ
クロワゼデリエールをする女性ダンサー

 

 

前の手の高さを変えると・・・
クロワゼデリエールをする女性ダンサー

腕の高さを変えるだけで、ずいぶん雰囲気が違いますよね。

レッスンの時も、ハッキリと使い分けましょう!

 

クロワゼ+デリエール+片手アン・オー|その2

クロワゼデリエールをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置デリエール

腕のポジションアン・オー/アロンジェ

 

脚をクロワゼ・デリエールに出し、軸足側のうでをアロンジェ、動脚側のうでをアン・オーにしたちょっと[上級編]のポーズ。

上体をねじって、角度を付けた形です。

 

発表会での作品や、プロのレッスンになると出てくることがありますよ。

 

クロワゼ+デリエール+片手アン・オー|その3

クロワゼデリエールをする女性ダンサー

からだの方向クロワゼ

脚の位置デリエール

腕のポジションアン・オー/ア・ラ・スゴンド

 

脚をクロワゼ・デリエールに出し、軸足側のうでをアン・オー、動脚側のうでをア・ラ・スゴンドにしたポーズ。

基本的な形の1つです。

 

★片手アン・ナヴァンにしたポーズ

クロワゼデリエールをする女性ダンサー

クロワゼデリエールをする女性ダンサー

クロワゼ+デリエール+両手アロンジェ

クロワゼデリエールをする女性ダン

クロワゼデリエールをする女性ダン

からだの方向クロワゼ

脚の位置デリエール

腕のポジションアロンジェ

 

脚をクロワゼ・デリエールに出し、両手をアロンジェにしたポーズです。

正面に対して、背中を見せるように上体をひねります。

 

クロワゼ+デリエール+両手アン・オー

クロワゼデリエールをする女性ダン

からだの方向クロワゼ

脚の位置デリエール

腕のポジションアン・オー

 

脚をクロワゼ・デリエールに出し、両腕をアン・オーにしたポーズ。

このポーズもレヴェランスのときによく見かけます。

エファセ(efface)

からだの方向がエファセのポーズを紹介していきます!

MEMO
エファセ=控えめな、という意味があります。

 

エファセ+ドゥヴァン+片手アン・オー|その1

エファセドゥヴァンをする女性ダンサー

からだの方向エファセ

脚の位置ドゥヴァン

腕のポジションアン・オー/ア・ラ・スゴンド

 

脚をエファッセ・ドゥバンに出し、軸足側のうでをアン・オー、動脚側のうでをア・ラ・スゴンドにしたポーズ。

ダイナミックな印象です。

 

★片手アン・ナヴァンにしたかたち

エファセドゥヴァンをする女性ダンサー

 

そのまま、両手をアロンジェにすると
エファセドゥヴァンをする女性ダンサー

 

★[上級編]片手アン・オーのまま、上体をグッとねじったポーズ
エファセドゥヴァンをする女性ダンサー

いろんなポーズが生まれますね!

 

エファセ+ドゥヴァン+片手アン・オー|その2

エファセドゥヴァンをする女性ダンサー

からだの方向エファセ

脚の位置ドゥヴァン

腕のポジションアン・オー/ア・ラ・スゴンド

 

脚をエファッセ・ドゥバンに出し、軸足側のうでをア・ラ・スゴンド、動脚側のうでをアン・オーにしたポーズ。

 

★両手アロンジェで目線の高さまで下げたポーズ

エファセドゥヴァンをする女性ダンサー

アン・ファス(en face)

からだの方向がアンファスのポーズを紹介していきます!

MEMO
アンファス=顔・正面、という意味があります。

 

アン・ファス+ア・ラ・スゴンド+両手ア・ラ・スゴンド

アラスゴンドをする女性ダンサー

からだの方向アン・ファス

脚の位置ア・ラ・スゴンド

腕のポジションア・ラ・スゴンド

 

からだの向きはアン・ファス、脚をア・ラ・スゴンドに出し、両手もア・ラ・スゴンドにしたポーズです。

 

★両手アロンジェにしたポーズ

アラスゴンドをする女性ダンサー

〈からだ・あし・うで〉の組合せまとめ

この記事では、センターレッスンで役立つ〈からだ・あし・うで〉のいろんな組合せを解説しました。

 

実はここでご紹介したポーズはごく一部。

 

とくに、うで(アームス)のポジションを変えることによって様々なポーズが生まれます。

そして、上体をツイストさせたり、角度をつけたり、顔の向きを変えたり・・・

バレエのポーズはいろいろあります。

 

レッスンで慣れないポーズが出てきたら『こんなのもあるのね~』と楽しみながら覚えていくといいですよ!

バレエタンリエ【バレエの動き】タン・リエでスムーズな体重移動を身につけよう! 大人バレエのおススメのバリエーション踊ってみたい!【大人バレエ】を楽しむバリエーション5選