【更新】人気記事TOP10

【バレエ用語】覚えよう!レヴェランス/プレパレーション/ピケ

レヴェランス

今回は【バレエの基本用語】レヴェランス/プレパレーション/ピケの3つを解説します。

 

 

どれもバレエを習うときによく出てくるワードです!

 

『先生が言ったバレエ用語が理解できない・・・』

 

こんな事にならないように、動きと一致させて覚えておきましょう。

レヴェランス|意味と動き

拍手喝采の客席

レヴェランス=お辞儀のこと。

 

レッスン前後や、舞台で踊り終わったあとにするお辞儀が「レヴェランス」です。

いろんなやり方がありますが、一例をご紹介!

レヴェランスのやり方

1.クロワゼ・ドゥヴァンに脚を出して、両手アンオー
クロワゼ・ドゥヴァン

 

 

2.軸足のひざをまげながら、上体を少し前に倒していきます
レヴェランス

 

 

3.腕できれいなラインをつくりましょう
レヴェランス

動きをCheck!

レヴェランス

プレパレーション|意味と動き

プレパレーション

プレパレーション=準備のこと。

 

動きはじめるために、最初のポーズをとることです。

例えば、ターンをする前にポーズをとりますよね。

プレパレーション

これもプレパレーション

 

音楽がスタートして、いきなり回転をはじめることは出来ません。

音楽がスタートする前にちゃんと「プレパレーション」をして、動き出す準備をするのです!

 

ほかにも、様々なやり方(ポーズ)があります。

プレパレーション

 

プレパレーション

ピケ|意味と動き

串が刺さったハンバーガー

ピケ=刺す、という意味があります。

 

ピケのやり方は・・・

1.片脚のひざを曲げ、床を押します
バレエのピケ

 

 

2.あげている脚のつま先を床におろして、ドゥミ・ポアントに立ちます
ピケ

MEMO

つま先を床に下ろしたとき、かかとは床に付けません!

意味の通り、床を刺すように指先だけで立ちましょう。

 

※ターンの「ピケ・トゥール」のことを、「ピケ」と呼んだりもします

レヴェランス・プレパレーション・ピケまとめ

今回は《バレエの基本用語》レヴェランス/プレパレーション/ピケの3つを解説しました。

  • レヴェランス=お辞儀
  • プレパレーション=準備(最初のポーズをとること)
  • ピケ=刺す(動き)

 

バレエには、様々な用語があります。

用語と動き、セットで覚えていきましょう!

写真が豊富で分かりやすい!
バレエ用語解説アンクロワって?マネージュ?アダージオ?バレエ用語を解説~ バレエ用語バレエ初心者が知っておきたい8つのバレエ用語