【更新】人気記事TOP10

初心者のための【ピケ・ターン】解説|やり方・注意点まとめ

バレエの動きピケ・ターン

こんにちは!

バレエスタイル(@BlletStyle_)をご覧いただきありがとうございます。

 

この記事では、回転のテクニックのひとつ【ピケ・ターン】のやり方や注意点をご紹介いたします。

 

バレエ初心者の方で、今まであまりターンの練習をしたことがない方ほど、どうやって練習したらいいのか迷うし、うまく回れなくて不安ですよね。

 

その悩みを解決すべく、【ピケ・ターン】のやり方や注意点をまとめました。

 

このピケ・ターンのやり方や注意点を知っているだけで、次のレッスンからしっかりターンに挑戦できます。

是非、参考にしてみて下さいね!

ピケ・ターンとは

トウシューズとスカート

ピケ・ターンは、「ピケ・トゥール」「ピケ・トゥールネ」と呼ばれることもある回転技。

連続して行うことがほとんどで、よく女性ヴァリエーションの最後に出てきます。

 

意味

ピケ=刺す

ターン=回転

動き

「突き刺して立って回る」動き。

片脚をまっすぐに伸ばしたまま1歩だしてドゥミ・ポアントに立ち(ピケ)、その脚を軸にして回転(ターン)します。

ピケ・ターンのやり方

ピケ・ターンには、いくつかの種類がありますが、《片脚を軸に、もう一方の脚をパッセにして回るもの》が一般的です。

 

アン・ドゥダン(内回り)アン・ドゥオール(外回り)の2つのパターンをご紹介します!

 

ピケ・アン・ドゥダン(内回り)のやり方

右脚が軸の場合

1.右脚を前に出してプレパレーション(準備)します
プレパレーション

 

 

2.右脚を、つま先で弧を描くようにしながら横に回します。

そのとき、左脚はドゥミ・プリエしましょう
シェネのスタート

 

 

3.左脚で床を蹴って、右脚のドゥミ・ポアントに立ちます(軸)。

同時に左脚を後ろのパッセにして、右脚軸で回転します
ピケターン

 

【動画で確認!】ピケ・アン・ドゥダン

 

ピケ・アン・ドゥオール(外回り)のやり方

左脚が軸の場合

1.右脚を前にタンデュしてプレパレーション(準備)します
プレパレーション

 

 

2.右脚を進行方向へ1歩だし、そこへ体重を移動してドゥミ・プリエ(トンベ)。

左脚は、ア・ラ・スゴンドに伸ばします
ピケターン

 

 

3.横に出した左脚を前に引き寄せてピケで立ち(軸)、同時に右脚をパッセにして回転します
ピケターン

ピケ・アン・ドゥオールは、「レームダック」と呼ぶこともあります。

「足をケガしたアヒル」の意味です。

 

【動画で確認!】ピケ・アン・ドゥオール

ピケ・ターンの注意点

内回り、外回り、それぞれのピケ・ターンの注意点をみていきます!

 

ピケ・アン・ドゥダン(内回り)の注意点

ピケターン

(右側の+を押すと詳細が表示されます)

ピケ・ターンに限らず、回転のテクニックは顔をつけて回ります。

特に、連続して回るときは進行方向にしっかり顔をつけないと、目が回ってしまいますよ!

慣れないうちは、なにか目印を決めて、そこを毎回見る!見る!

ピケをした脚に一瞬で体重移動しましょう。

パッセにするのが遅れてしまうと、へっぴり腰になって軸が崩れてしまいます。

からだをしっかり引きあげましょう。

アームスを素早くアンナヴァンにするのも忘れずに。

出した脚の延長線上にピケする意識で、遠くにあしを出しましょう。

近くに脚をついてしまうと、軸足のヒザが曲がってしまう原因となります。

ピケターンの注意点

きちんと「後ろパッセ」にしてターンしましょう。

ピケターンの注意点

パッセした足が突き出てしまうのはダメ!

こんな風になる人は、パッセするヒザと内ももを高く持ち上げて、キレイな三角形が出来るように意識してみてください!

 

ピケ・アン・ドゥオール(外回り)の注意点

ピケターン

ピケターン

プレパレーションから前脚をトンベしてプリエで着地したときに、上半身の引き上げはキープしたまま!

腰が落ちたり猫背になったりしないように、腹筋と背筋で強く体を支えましょう。

ピケ・アン・ドゥオールは、横に出した脚を「前に」引き寄せます。

その時に、引き寄せた脚がクロスしすぎないように気をつけてください。

そのまま回転を続けても、まっすぐに進めず、あちこちフラフラなターンになってしまいます。

ピケ・アン・ドゥオールの場合は、「前のパッセ」です。

ピケ・ターンのコツ

アンディオールが抜けてインパッセにないように気をつけましょう。

パッセのかたち

つま先が突き出たパッセもNGです。

ピケ・ターンまとめ

今回は、回転のテクニック【ピケ・ターン】のやり方や注意点をご紹介しました。

注意点まとめ

ピケ・アン・ドゥダン

・スポット決めて、顔をつけて回る

・一瞬で軸足にのる

・遠くに足を出す

・「後ろ」パッセでまわる

 

ピケ・アン・ドゥオール

・トンベで腰が落ちないように

・横に出した脚を「前に」引き寄せる

・「前」パッセでまわる

バレエ初心者の方は、はじめは1回転ずつ区切って練習してみてはいかがでしょうか。

 

1回まわって、プレパレーション。

1回まわって、プレパレーション・・・

 

これに慣れてきたら、連続して行ってみます。

少しずつかたちを整え、美しいピケ・ターンを目指していきましょう!

ピルエットアンドゥダンのコツ安定した【ピルエット・アン・ドゥダン】を回る3つのコツ バレエのピルエット練習方法どんな練習方法がいい?自分の【ピルエット】を研究してみよう