【更新】人気記事TOP10

安定した【ピルエット・アン・ドゥダン】を回る3つのコツ

ピルエットアンドゥダンのコツ

こんにちは。

Ballet Style(バレエスタイル)です。

 

今回は、バレエの回転技【ピルエット・アン・ドゥダン(内回り)】を取り上げます。

 

回転のテクニックって、いろんな悩みがつきものですよね。

例えば・・・
  • 軸がブレてしまう
  • パッセにする脚に振り回される
  • アームスの位置が定まらない

などなど・・・

とにかく1回転するのも大変!という方、多いと思います。

 

 

そんな方は、今回ご紹介するコツを念頭に練習してみてください。

 

意識すべきことは山ほどあるのですが『まずはこの3つ!』というものをピックアップしています。

 

むやみに練習したり、アレコレ考えたりするよりも、コツをおさえて練習する方が上達への近道になります。

 

 

ということで、本記事は『安定した【ピルエット・アン・ドゥダン】を回る3つのコツ』について書いていきます。

ピルエット・アン・ドゥオール(外回り)については、こちらをご覧ください!

 

“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!
ピルエットの方法“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!

ピルエットの意味

ピルエット(pirouette)には、回転・つま先旋回という意味があります。

MEMO
『ピルエット・アン・ドゥダン』は、内回りの回転となります。

ピルエット・アン・ドゥダンの動き

バレエ

「ピルエット・アン・ドゥダン」は、ドゥミ・ポアントで立った軸足の方向に回ります。

ピルエット・アン・ドゥオール」と反対回りです。

ピルエット・アン・ドゥダンのやり方

軸足が右脚となる場合

1.4番ポジションに立ち、右脚だけをドゥミ・プリエ

ピルエット・アンドゥダン

 

 

2.右脚をドゥミ・プリエしたまま、左脚を横に伸ばす。

矢印側(右方向)へまわります

ピルエット・アンドゥダン

 

 

3.右脚で床を押してドゥミ・ポアントに。

左脚を前のパッセにすると同時に、軸足の方向に回転する

ピルエット・アンドゥダン

ピルエット・アンドゥダン

 

 

4.1回転したらパッセしている左脚を前に入れて、左あし前の5番ポジションでドゥミ・プリエ。

フィニッシュ!

ピルエット・アンドゥダン

ピルエット・アン・ドゥダン|3つのコツ

メモ

安定したピルエット・アン・ドゥダンをするためには、まずはこの3つをクリアしましょう!

  1. 上体はスクエアに
  2. アームスはすばやくコンパクトに
  3. パッセの脚を巻き込まない

順番に解説していきます!

 

1.上体はスクエアに

四角を意識!

ピルエット・アンドゥダン

両肩と腰骨の左右、4点を結んでできる形をスクエア(四角)に保ちましょう

 

上体のスクエアが崩れやすいのが、脚を横に出したタイミングです。

ここで形が崩れてしまうと、軸がブレてうまく回転することができません。

 

まずは、回る前のカタチを修正してみましょう。

これだけで、まっすぐ立ちやすくなりますよ。

 

2.アームスはすばやくコンパクトに

アームスをまとめるのが遅れると、遠心力で振り回されてしまいます。

脚をパッセにすると同時に、アームスもコンパクトにまとめましょう。

ポイント!

中指同士が付くぐらいまとめてみると、タイミングがつかみやすくなります。

同時に、アームスのズレもチェック!

高さがズレてる!

ピルエット・アンドゥダン

 

一瞬でこのカタチに!

ピルエット・アンドゥダン

 

パッセの脚を巻き込まない

ピルエット・アン・ドゥダンのときに、やってしまいがちなのが「パッセにするときに巻き込んでしまう」こと。

横に出した脚を軸足に巻き込むようにパッセをすると、つま先が軸足を超えてしまったり、インパッセになってしまったり。

 

バランスを崩す原因になるので、パッセのつま先はひざの前につけ、ひざを横に張るように意識しましょう。

 

これはダメ!

ピルエットのNG例

ピルエット・アン・ドゥダンまとめ

本記事は『安定した【ピルエット・アン・ドゥダン】を回る3つのコツ』について書いてきました。

おさらい
  1. 上体はスクエアに
  2. アームスはすばやくコンパクトに
  3. パッセの脚を巻き込まない

是非、3つのコツに沿って、ご自身のカタチ・動きを再度チェックしてみてください。

回転のテクニックなので、「顔(スポット)をつける」こともお忘れなく!