【更新】人気記事TOP10

バレエの回転技【フェッテ】やり方と5つのコツ!32回転を目指そう

バレエの動きグラン・フェッテ

この記事は、「フェッテを練習してみたい」「32回転まわれるようになりたい」という方に向けて書いています。

 

グラン・パ・ド・ドゥのコーダなどに登場する回転技「フェッテ(fouette)」。

有名なものの1つに、『白鳥の湖』第3幕の黒鳥オディールによる32回転があります。

 

多少動きが違うパターンがあったりしますが、今回は日頃よく見かけるフェッテを解説していきます。

  • フェッテのやり方を知りたい
  • フェッテの動きをゆっくり、分解して確認したい
  • フェッテするときに気をつけるポイントを知りたい
  • フェッテがうまくなるコツを知りたい!

こんな方は、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

 

フェッテ32回転を目指そう!

【バレエ】フェッテの呼び方と意味

パッセをするバレリーナ

 

フェッテの呼びかた
  • グラン・フェッテ・ロン・ド・ジャンブ・アン・トゥールナン
  • フェッテ・ロン・ド・ジャンブ・アン・トゥールナン
  • グラン・フェッテ・アン・トゥールナン
  • フェッテ・アン・トゥールナン
  • グラン・フェッテ
  • フェッテ

いろんな呼び方がありますが、日本では「フェッテ」や「グラン・フェッテ」と呼ばれることが多いです。

 

「フェッテ」は、鞭(むち)で打つとかかき回すという意味をもちます。

MEMO

いちばん長い呼称「グラン・フェッテ・ロン・ド・ジャンブ・アン・トゥールナン」の意味を考えると・・・

  • グラン=大きい
  • フェッテ=むち打つ
  • ロン=丸い
  • ジャンブ=脚
  • アン・トゥールナン=回りながら

となります!

【バレエ】フェッテのやり方

ピルエット

フェッテは、片脚でドゥミ・プリエからドゥミ・ポアントに立ちながら、動脚を前から横にロン・ド・ジャンブしてルティレにし、鞭打つように前から横へ投げ出し回転する動きです。

動きを分解して、確認していきましょう!

 

右回転する場合

1.右脚を前に伸ばし、左脚はドゥミ・プリエする

フェッテアントゥールナン

 

 

2.右脚を横へ振る(ロン・ド・ジャンブする)と同時に、前の腕を横に開く

フェッテターン

 

 

3.軸足はドゥミ・ポアントに立ち、右脚をルティレ・ドゥバンにして右回りに回転する

ピルエットをするダンサー

連続して回転する場合は、1~3を繰り返します!

MEMO

ロシア・メソッドでは、動脚をロン・ド・ジャンブせずに、ルティレから横に開きます(プリエ・ア・ラ・スゴンドする)。

フェッテの参考動画

ロン・ド・ジャンブするフェッテと、プリエ・ア・ラ・スゴンドに開くフェッテ(ロシアメソッド)の2つのパターンの「フェッテ」を確認することができる動画です

【バレエ】フェッテ上達のための5つのコツ

メモ

「なかなかフェッテが続かない!」という方や「はじめてフェッテをする」という方は、この5つのコツを意識しながら練習してみてください。

  1. 上体を引き上げる!
  2. アームスと脚の動きを合わせる!
  3. ドゥミ・プリエのときに背中を丸めない!
  4. リズムをキープ!
  5. スポットを決める!
1つずつチェックしてみましょう!

1.上体を引き上げる

動脚をむちを水平に打つように大きく動かすフェッテは、遠心力で振り回されやすくなります。

軸となる脚でしっかりと床を押し、上体を引き上げることが重要。

 

ドゥミ・プリエからドゥミ・ポアントに立つ瞬間に、頭・肩・腰・ひざ・足首のラインを一直線にするようなイメージで、すーっと軸の通った姿を目指しましょう。

 

2.アームスと脚の動きを合わせる

スムーズにフェッテをするためには、両腕を開いて閉じる動きと、むちを打つような脚の動きが、ぴったり合っていることが必要です。

脚をア・ラ・スゴンドに開くタイミングに合わせて、前の腕を横に開き、ルティレにすると同時にアンナヴァンに!

 

タイミングがズレていないか確認してみてください。

フェッテアントゥールナン
フェッテターン
ピルエットをするダンサー

 

3.ドゥミ・プリエのときに背中を丸めない!

軸足ドゥミ・プリエ、動脚をドゥヴァンにした瞬間に背中が丸くなっていませんか?

 

フェッテを続けるには、上体を変えないことが大切です。

ドゥミ・プリエから、ドゥミ・ポアントに立つ動きが繰り返されるなかで、毎回のように上体が変化していては体力も消耗してしまいます。

スッと伸びた背骨を意識しながら、回ってみましょう。

 

4.リズムをキープ!

フェッテするときには、ドゥミ・プリエドゥミ・ポアントルティレのリズムを崩さないように気をつけます。

 

「ダウン」(ドゥミ・プリエ)

「アップ」(ドゥミ・ポアント)

「ルティレ」

 

この「ダウン→アップ→ルティレ」のリズムを心のなかで繰り返しながらフェッテすると、リズミカルに回れるようになります。

32回転に挑戦している方は、後半の16回転をするときにより意識することをおすすめします。

 

5.スポットを決める!

これは、回転技(ターン)をするときには必ず言われることですね。

見る場所を決めて、そのスポットに顔を残して、すばやく振り返る!

 

顔を残し過ぎて、あごが上がらないように注意です。

【バレエ】フェッテまとめ

フェッテは、むちを打つような動きが特長の回転技です。

回れる人は2回転、3回転を組み合わせたりしますが、フェッテ初心者の方はまずは1回転から!

5つのコツを参考にしながら、32回転を目標に練習してみてくださいね。

コツのおさらい
  1. 上体を引き上げる!
  2. アームスと脚の動きを合わせる!
  3. ドゥミ・プリエのときに背中を丸めない!
  4. リズムをキープ!
  5. スポットを決める!

 

きれいなピルエットを目指す方はこちらもチェック

ピルエットの方法“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!

今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした。