【更新】人気記事TOP10

挑戦してみる?ピルエット・ア・ラ・スゴンド(グランド・ピルエット)

ピルエット・アラスゴンド

今回は、ダイナミックで力強い回転のテクニック「ピルエット・ア・ラ・スゴンド」をご紹介します。

 

ピルエット・ア・ラ・スゴンドは、片脚でポワントまたはドゥミ・ポアントに立ち、もう一方の脚を真横に上げて回転する動きのことです。

 

おもに男性ダンサーの見せ場として登場することが多く、アン・ドゥオールの回転を繰り返し続けるものをグランド・ピルエット」「ア・ラ・スゴンド トゥール」と呼んだりします。

 

熊川さんの超絶技巧!

とても華やかで、思わず見入ってしまいます・・・!

 

グランド・ピルエットは、ア・ラ・スゴンドに脚をキープするチカラ、ブレない体幹などなど・・・

様々な要素が揃っていないとできない、とても難しい技です。

 

女性ダンサーの場合も、グラン・フェッテの連続回転の途中にピルエット・ア・ラ・スゴンドを入れるという振付があったりしますよ!

『グラン・パ・クラシック』のコーダ

こんな難しいのは、ムリ・・・

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、せっかくなので覚えておきませんか?

そして、ちょっと挑戦してみませんか?

ピルエット・ア・ラ・スゴンド(グランド・ピルエット)とは

【意味】

「ピルエット・ア・ラ・スゴンド」は、ピルエット=回転/ア・ラ・スゴンド=2番にという意味があります。

 

【動き】

片脚をア・ラ・スゴンドのポジションでキープしたまま、もう一方の脚を軸にして回転する動きのこと。

内回りをするアン・ドゥダンと、外回りのアン・ドゥオールがあります。

連続して回転するのはアン・ドゥオールの場合が多いです!

ピルエット・ア・ラ・スゴンドのやり方(アン・ドゥダン)

アン・ドゥダンの場合

1.軸となる右脚を前にして、プレパレーション

グランド・ピルエット

 

 

2.左脚をア・ラ・スゴンドの位置にあげると同時に、アームスをひらく

グランド・ピルエット

 

 

3.右脚をドゥミ・ポアントにし、右回りに回転する

グランド・ピルエット

こんな感じで!

グランド・ピルエット

アン・ドゥダン(内回り)の、ピルエット・ア・ラ・スゴンドです!

ピルエット・ア・ラ・スゴンドのやり方(アン・ドゥオール)

アン・ドゥオールの場合

1.2番ポジションで、プレパレーション

グランド・ピルエットのやり方

 

 

2.ドゥミ・プリエをすると同時に、アームスをひらく

グランド・ピルエットアンドゥオール

 

 

3.右脚をアラスゴンドにあげて、右回りに回転する

グランド・ピルエット

プレパレーションや回りはじめは、いろんなやり方があります。

回転を続ける場合は・・・(グランド・ピルエット)

アン・ドゥオールを連続して回る場合

からだが正面を向いた瞬間に軸足をドゥミプリエし、再びドゥミ・ポアントに立って回転を繰り返します。

グランド・ピルエット

横に伸ばした脚は、そのままの位置をキープ!

横に上げたままの状態で、回転を繰り返します!

ピルエット・ア・ラ・スゴンド(グランド・ピルエット)まとめ

ピルエット・ア・ラ・スゴンドを連続でおこなう「グランド・ピルエット」は、バレエ作品のなかではピルエットと組み合わせて行うことが多く、とても華やかで見ごたえがあります。

ソロルのヴァリエーション

白鳥の湖 第3幕コーダ

とてもダイナミックで盛り上がります!

バレエ鑑賞の際に注目してみて下さいね!

バレエのピルエット練習方法どんな練習方法がいい?自分の【ピルエット】を研究してみよう