【更新】人気記事TOP10

【グリッサード】動きを紹介!ポイントは”床を〇〇〇ように”

バレエグリッサード

この記事では、バレエの動き【グリッサード】をご紹介します。

 

グリッサードは、パとパのつなぎ!

 

大きなジャンプの助走でもよく出てくるよね?

 

確かに、グリッサードはよくつなぎとして使われます。

動きに派手さもなく、メインという感じはありませんよね。

 

しかし、つなぎの動きがスムーズで・美しくなければ、踊り全体が雑な印象になってしまいます。

「ジャンプのための助走なのに、パワーが伝わらず、大きく跳べない」なんてことも。

 

今回は、おろそかになりがちなグリッサードについてまとめていきます。

グリッサードの意味・動き方

グリッサード

意味

「すべる」という意味をもちます。

動き方

進行方向側の脚をすり出して、もう一方の脚で踏みきり、すり出した脚のほうへ移動する動き。

後ろ・横どの方向にも行われます。

 

グリッサードのやり方

横へのグリッサードの場合

(1)右前の5番ポジションで、両脚プリエ
※赤い矢印の方向へ進みます
グリッサード

 

 

(2)進行方向側の脚(右足)を横にすり出す

重心は片脚に!

グリッサード

 

 

(3)反対側の脚(左足)で踏みきって移動する

高く跳ぶのではなく、床をすべるように。でも一瞬、空中で両足を伸ばす!

グリッサード

 

 

(4)進行方向側の脚(右足)プリエで着地

着地は片脚で

グリッサード

 

 

(5)左足を前5番に入れる

すばやく5番ポジションに

グリッサード

【グリッサード】ポイントまとめ

メモ

グリッサードをするときは、3つのポイントを考えながらやってみて下さい!

  • 床すれすれを移動する
  • 片足で踏みきって、片足で着地
  • ジャンプの前のグリッサードなら、移動のスピードを利用する

それぞれについて解説します。

床すれすれを移動する

グリッサードは、大きく飛び上がる必要はありません。

床すれすれの高さで、なめらかに体重を移動すること!

でも、一瞬空中で両足を伸ばさないといけないのが難しいところ。

 

“骨盤を持ち上げる”という意識でやってみるといいですよ。

 

片足で踏みきって、片足で着地

前・横・後ろ、いずれに移動する場合も、踏みきりは片足で。

そして、片足で着地します。

 

ジャンプの前のグリッサードなら、移動のスピードを利用する

ジャンプ

助走のためにグリッサードをするときは、移動のスピードを利用して、次の大きな動きにつなげます。

上半身を引き上げて、お腹から移動する感覚をつかんだら、その勢いでジャンプ!

 

せっかくの助走です。

直前に勢いを止めてしまわないように、スムーズに次の動きにつなげましょう。

動画で見るグリッサード

ロイヤルバレエ団・高田茜さんのグリッサードお手本動画です。

 

はじめは、ゆっくりと。

後半は、音楽に合わせてすばやいグリッサードを見ることができます

グリッサードは軽やかに

羽

ジャンプの助走や、パとパのつなぎとしてよく使われるグリッサード

ポイントは3つ!
  • 床すれすれを移動する
  • 片足で踏みきって、片足で着地
  • ジャンプの前のグリッサードなら、移動のスピードを利用する

主役の大きなジャンプに意識がいってしまいがちですが、その前の「グリッサード」を丁寧に。

そうすることで、踊り全体が美しく整うはずです。

シソンヌ・フェルメ/ウーベルト【シソンヌ・フェルメ/ウーベルト】アッサンブレやソテとの違いは? バレエのパ・ド・ブーレ【パ・ド・ブーレ】を理解してレベルアップ!動きを紹介します