【更新】人気記事TOP10

【パ・ド・ブーレ】を理解してレベルアップ!動きを紹介します

バレエのパ・ド・ブーレ

この記事では、バレエの動き【パ・ド・ブーレ】を紹介します。

 

パ・ド・ブーレで頭を悩ませているバレエ初心者さん、いらっしゃいませんか?

 

あまりバレエに慣れていない方にとっては、どちらの脚から動いているのか混乱するし、考えているうちに動きが止まってしまう…ってことありますよね。

 

その悩みを解決するために、今回は2種類パ・ド・ブーレを解説していきます!

 

パ・ド・ブーレは、パとパの“つなぎ”の役割がある動きです。

アダージオ(ゆっくりな動き)アレグロ(速い動き)など、レッスン中に登場する回数がとても多い!

つまり、パ・ド・ブーレの動きができるだけで、他の動きへのつながりが生まれ、スムーズに踊ることができます。

 

パ・ド・ブーレとはどんな動きなのか、確認しておきましょう!

パ・ド・ブーレの意味と動き

ノート

MEMO
パ・ド・ブーレではなく、『パ・ド・ブレ』と言う場合も多いです。

意味

パ・ド・ブーレは、パ=ステップ、ブーレ=詰め物をする、という意味があります。

 

動き

ドゥミ・ポアントまたはポアントで足踏みをする動き。

スュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)や、パッセにしながらやったり、回りながらしたり。

様々な種類があります。

パ・ド・ブーレのやり方

いろいろな種類があるパ・ド・ブーレですが、今回取り上げるのは2種類!

この2つ!
  • 基本のパ・ド・ブーレ
  • スュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にしながら行うパ・ド・ブーレ
まずは、基本のパ・ド・ブーレから確認!

【1】基本のパ・ド・ブーレ

(1)脚Bをドゥミ・プリエにしながら、脚Aを後ろのスュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にします

バレエのパドブレ

 

 

(2)脚Aのつま先を床に下ろして、5番ポジションのドゥミ・ポアントにします

バレエのパドブレ

 

 

(3)脚Bを横に出します(2番ポジションに)

バレエのパドブレ

 

 

(4)脚Aを前に引き寄せて5番ポジションのドゥミ・プリエになります

バレエのパドブレ

 

【2】スュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にしながら行うパ・ド・ブーレ

(1)脚Bをドゥミ・プリエにしながら、脚Aを後ろのスュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にします

バレエのパドブレ

 

 

(2)脚Aのつま先を床に下ろしたら、ドゥミ・ポアントで立ちます

立ったらすぐに脚Bを前のスュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)に。

バレエのパドブレ

 

 

(3)脚Bを横に出したら、脚Aを前のスュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にします

このとき、進む方向への重心移動を意識しましょう

バレエのパドブレ

 

 

(4)脚Aを下ろして5番ポジションのドゥミ・プリエになります

バレエのパドブレ
※ドゥミ・プリエになったと同時に脚Bをスュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にする事もあります

動画で見ると・・・
こんな感じ!
バレエのパドブレ

覚えるのは2種類で大丈夫!

ナンバー2

この記事では、2種類のパ・ド・ブーレを紹介しました。

この2つ!
  • 基本のパ・ド・ブーレ
  • スュル・ル・ク・ド・ピエ(クペ)にしながら行うパ・ド・ブーレ

 

はじめのうちはこの2種類を覚えておけばOK!

脚の動く順番さえ理解できていれば、他のパ・ド・ブーレもすぐに出来るようになるはずです!

まずは、基本を繰り返し練習していきましょう。

バレエ用語ストゥニュデトゥルネとの違いは?【スートゥニュ】のやり方を確認! ピルエットアンドゥダンのコツ安定した【ピルエット・アン・ドゥダン】を回る3つのコツ