5周年プレゼント企画★詳細はLINEで配信!

バレエ【グラン ピルエット アティテュード】とは?やり方や注意点を調べました

グラン ピルエット アティテュード

こんにちは、バレエスタイル(@ballet_style_jp)です。

今回取り上げるのは、回転のテクニック「グラン ピルエット アティテュード」についてです。

グランピルエットアティテュードのやり方

「グラン ピルエット アティテュードってどうやるの?」

「いくつか種類がある?!」

「とにかく終わり方がきれいにできない!」

そんな方に向けて、グラン ピルエット アティテュードのやり方&注意点をわかりやすく解説していきます。

グラン ピルエット アティテュードは、プレパレーションからアティテュードのかたちでターンするです。

回る方向はアン・ドゥダン(内回り)アン・ドゥオール(外回り)があります。

アティテュードのポジションは、デリエールドゥヴァンです。

今回は『グラン ピルエット アン ドゥダン アティテュード デリエール』を詳しくみていきます!

追伸

別記事で『グラン ピルエット アン ドゥオール アティテュード デリエール』をご紹介する予定です

グラン ピルエット アティテュード基本的な動き

みぎ回転の場合

プレパレーション

クロワゼにプレパレーションします

グランピルエットアティテュードのプレパレーション
動きはじめ

前脚のプリエを深くして、同時にアン・ナヴァンにしていた手をアラスゴンドに開きます

グランピルエットアティテュード
アン・ドゥダンに回る

軸足をルルヴェにしながら、うしろの脚をアティテュードのポジションへあげて右方向へターン

写真のアームスは、左腕をアン・オー、右腕はアラセゴンドにしています

グランピルエットアティテュード
回転をつづける

うしろの脚を90度にキープしたまま回転を続けます

回転中は、体重を軸足にかけ続けるようにしましょう

グランピルエットアティテュード
グランピルエットアティテュード
終わりのポーズ

回転を終えるときは、軸足のかかとを下ろしてプリエをします

※写真では、あげている脚を伸ばしてアラベスク・プリエのポーズでフィニッシュしています

グランピルエットアティテュード
グランピルエットアティテュード

アームスのポジション終わりのポーズはさまざまです!

続けて見てみると・・・

グランピルエットアティテュードのやり方

アティテュード・デリエールに上げるタイミングと、軸足をルルヴェにするタイミングがつかめるとキレイにターンできます!

グラン ピルエット アティテュードの注意点とコツ

グラン ピルエット アティテュード3つの注意点&コツを確認して、練習してみましょう!

1.プレパレーションの脚幅に注意

グランピルエットアティテュードのプレパレーション

あし幅がせまいとプリエが浅くなってしまい、回転の勢いをつけることが難しくなります

プレパレーションのときにしっかり踏みこみ、かかとで床を押しましょう。

ちゃんとプリエができれば、回転力を得る助けとなってくれます。

回転の勢いが足りない方は、前後のあし幅がせまくなってないか確認してみてください!

2.体重を前にかけつづける

グランピルエットアティテュード

アティテュード・デリエールの脚が下がってくると、つられて軸がうしろに倒れてかかとが落ちてしまいます。

最後まで回りきるには、軸になっている前脚に体重をかけると同時に、うしろの脚が下がってこないように90度をキープするようにしましょう。

上半身が左右に傾かないようにすることも大事です。

3.フィニッシュの方向を意識する

グランピルエットアティテュード

フィニッシュの方向、どこ?!

回転しているときにフィニッシュのポーズ方向を考えていませんか?

最後のポーズでピタッと止まれるようになるには、プレパレーションのときにフィニッシュの方向を意識しておくことが大事です。

回転の終盤には少しずつかかとを下ろし、スムーズにフィニッシュポーズへと移ります。

ここがなめらかに決まるとキレイなかたちでピタッと止まることができます

写真のようにプリエで終わる場合は、やわらかくヒザを曲げる意識をすることでクッションとブレーキの役割を果たしてくれます。

まとめ|グラン ピルエット アティテュード

グランピルエットアティテュード

今回は『グラン ピルエット アン ドゥダン アティテュード デリエール』をご紹介しました!

グラン ピルエット アティテュードは、プレパレーションからアティテュードのかたちでターンするです。

回る方向はアン・ドゥダン(内回り)アン・ドゥオール(外回り)、アティテュードのポジションはデリエールドゥヴァンが一般的です。

うまく回れないなあとお悩みの方は、ぜひ3つのポイントを意識して回ってみてください!

『グラン ピルエット アン ドゥオール アティテュード デリエール』のやり方は、後日ご紹介します!

では今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした。