5周年プレゼント企画★詳細はLINEで配信!

上級編【グラン ピルエット アチチュード】をアン・ドゥオールにまわるやり方

グランピルエットアティテュード

こんにちは、バレエスタイル(@ballet_style_jp)です。

今回は「グラン ピルエット アチチュード」の上級編アン・ドゥオール(外回り)にまわるやり方と、上達のポイントを解説します。

グランピルエットアティテュード

この動きは、大人バレエクラスでいうと上級クラスに出てくるパといえます。

すこし難しいですが、レベルアップのためにぜひ挑戦してみてくださいね。

アン・ドゥダン(内回り)にまわるやり方を見ていない方は、まずはそちらからご覧ください!

まずはコレから

アン・ドゥダンができるようになったら、アン・ドゥオールをやってみましょう!

グラン ピルエット アン ドゥオール アティテュード デリエールは、後ろアチチュードのかたちで外まわりに回転するパです。

回転の勢いをつけづらく、高いバランス力が必要なので<上級編>としています。

基本的なやり方

みぎ回転の場合

プレパレーション

4番ポジションでドゥミ・プリエをします

グランピルエットアティテュード
動きはじめ

ドゥミ・プリエを深くして、右腕を横へひらき胴体を右方向へまわし始めます

グランピルエットアティテュード
アン・ドゥオールに回る

軸足になる左足はルルヴェへ、同時に右脚はアチチュード・デリエールへあげます

アームスは、両腕をアン・オーにします

グランピルエットアティテュード
回転をつづける

後ろにあげたアチチュードをおろさないように回転を続けます

グランピルエットアティテュード
グランピルエットアティテュード
終わりのポーズ

軸足はルルヴェからおりてプリエへ、うしろ脚を床におろしてクロワゼで回転を終えます

グランピルエットアティテュード

ターンの終わり方は様々あります!

続けてみると

グランピルエットアティテュード

回転の間、後ろのアチチュードを90度に保つのはとても難しいことです。

まずは回転はせずに、プレパレーションからアチチュードに立つだけの練習をしてみてください!

グラン ピルエット アン ドゥオール アティテュード デリエール 3つのポイント

難易度高めのグランピルエットですが、うまく回転のちからを生み出せるとなめらかに動くことができます。

とくに意識したい3つのポイントをまとめました。

1.プリエを深くする

グランピルエットアティテュード

プレパレーションのとき、ドゥミ・プリエを深くします。

直後に力強くうえに上がるためです。

プレパレーションの時点で、体重を前にかける意識を忘れずに!

床を押すちからを使って、回転する力を生み出しましょう。

2.すばやくアチチュードにする

グランピルエットアティテュード

グラン・バットマンをするようにすばやくアチチュードにあげましょう。

上げた脚で身体のうしろから強く押すような意識です。

なるべくはやくポーズを作り、90度にあげた脚をキープしたまま回転します。

3.軸足のかかとを先に動かさない!

グランピルエットアティテュードのかかと

アン・ドゥオールに回転するとき、かかとをクイッと滑らせてしまいがちですがこれは間違い!

回転をはじめるとき、ルルベになるよりも先にかかとを動かしてはいけません。

よく注意されます・・・

グッと我慢して床を押し、回転を生む力に変えましょう。

まとめ|グラン ピルエット アン ドゥオール アティテュード デリエール

グランピルエットアティテュード

グラン ピルエット アン ドゥオール アティテュード デリエールは、後ろアチチュードのかたちで外まわりに回転するパです。

回転の勢いがつけづらく、アチチュードをキープする技術が必要なので<上級編>としてご紹介しました。

グラン ピルエット アティテュードは、上級クラスに出てくるような難しいパです。

無理のない範囲で挑戦してみてくださいね。

アン・ドゥダンのやり方はこちら