【更新】人気記事TOP10

【シソンヌ・フェルメ/ウーベルト】アッサンブレやソテとの違いは?

シソンヌ・フェルメ/ウーベルト

みなさんは『シソンヌ・フェルメ』『シソンヌ・ウーベルト』、バッチリできていますか?

 

  • なんとなく…になってしまっている
  • アッサンブレとの違いが分からない
  • いつもソテのようになってしまう
  • そもそもどんなパ(動き)だっけ?

 

そんな方のために『シソンヌ』を写真付きで解説していきます。

 

「もうセンターレッスンで戸惑わない!!」

 

言葉の意味や動きを理解して、美しい踊りにつなげていきましょう!

 

ということで本記事では『【シソンヌ・フェルメ/ウーベルト】アッサンブレやソテとの違いは?』について書いていきます。

シソンヌ・フェルメとシソンヌ・ウーベルトの意味

説明をする女性のイラスト

  • シソンヌ(sissonne)は「この動きを考案した伯爵の名前」です

 

そして、

  • フェルメ(fermee)は「閉じた」
  • ウーベルト(ouverte)は「開いた」

という意味がそれぞれあります。

「シソンヌ」とは、人の名前だったんですね~

シソンヌ・フェルメとシソンヌ・ウーベルトの動き

バレエ

シソンヌは、両脚で踏みきって、前・横・後ろのいずれかの方向に跳び、片脚で着地するパ。

 

着地したあと、すぐに両脚を5番ポジションに閉じるものをシソンヌ・フェルメと呼びます。

着地したあと、脚をあげたまま(開いたまま)にしておくものをシソンヌ・ウーベルトと呼びます。

シソンヌには様々なバリエーションがあるんです

シソンヌ・フェルメのやり方

 

右横へのシソンヌ・フェルメ

(1)右脚を前にした5番ポジションで立ち、両脚ドゥミ・プリエをします

アッサンブレ

 

 

(2)両脚で踏みきって、右脚の方向に跳びます。空中で左脚を横に伸ばします。

シソンヌ・フェルメ

 

 

(3)右脚をドゥミ・プリエして着地。

すぐに左脚を右脚の前に引き寄せて、5番ポジションのドゥミ・プリエにします。

シソンヌ・フェルメ

 

着地したあと、すぐに両脚を5番ポジションに閉じるのがシソンヌ・フェルメ

 

跳んでみると・・・

こんな感じ!

シソンヌ・フェルメ

シソンヌは、前後左右どの方向のパターンもあります。

いずれも、進行方向と逆の脚をあげて跳びます。

 

シソンヌ・ウーベルトのやり方

 

前へのシソンヌ・ウーベルト

(1)右脚を前にした5番ポジションで立ち、両脚をドゥミ・プリエします

シソンヌ・ウーベルト

 

 

(2)両脚で踏みきって右脚の方向に跳びます。

空中で右脚を前に、左脚を後ろに伸ばし、アラベスクのポーズにします。

アラベスク・ソテをするバレエダンサー

 

 

(3)右脚をドゥミ・プリエして着地。

左脚は後ろに上げたままで、アラベスクのポーズをキープします。

シソンヌ・ウーベルト

 

着地したあと、脚をあげたまま(開いたまま)にしておくのがシソンヌ・ウーベルト

シソンヌとアッサンブレの違いは?

『シソンヌしたいのにアッサンブレみたいになってしまう!』

こんな風にお悩みの方は、もう一度アッサンブレのやり方を見てみましょう。

アッサンブレは

アッサンブレのやり方やポイントは別記事(実は難易度高い【アッサンブレ】秘訣は押す・跳ぶ・集める!)でご紹介していますので、こちらでは簡単に。

 

STEP.1
5番ポジションでドゥミ・プリエ
シャンジュマン
STEP.2
片脚プリエのまま横に足を出す
アッサンブレ
STEP.3
片脚で踏みきって跳び上がる
アッサンブレ
STEP.4
空中で5番ポジションに集める
アッサンブレ
STEP.5
両脚で着地!
アッサンブレ
これがアッサンブレ

アッサンブレとシソンヌはココが違う!

アッサンブレは
  • 片脚で踏みきって、両脚で着地
  • 空中で両脚を集める
シソンヌは
  • 両脚で踏みきって、片脚で着地
  • 空中で両脚をはなす
シソンヌのやり方は、ここをクリック!

シソンヌとソテの違いは?

シソンヌとソテ、この2つで混乱している方もたまに見かけます。

間違えて覚えているというよりも、「身体が我慢できていない!」という印象です。

 

というのも、シソンヌは両脚で踏みきりますが、その両脚ドゥミ・プリエで我慢できずに「1歩 足を前に出してしまう」。

すると、1歩踏みだしてから跳ぶソテになってしまう・・・というものです。

ソテは

STEP.1
片脚を1歩前に出す
アラベスク・ソテ
STEP.2
脚をついて片脚で踏みきって跳ぶ
アラベスク・ソテをするバレエダンサー
STEP.3
片脚で着地する
アラベスクプリエで着地するダンサー

※ソテの詳しい説明は別記事(きれいな【アラベスク・ソテ】に近づく5つのコツ)でご紹介しています。

 

ソテとシソンヌはココが違う!

ソテは
  • 1歩前に踏み出して、跳ぶ
  • 片脚で踏みきって、片脚で着地
シソンヌは
  • 両脚ドゥミプリエから跳ぶ
  • 両脚で踏みきって、片脚で着地

シソンヌ・フェルメ/ウーベルトまとめ

本記事では『【シソンヌ・フェルメ/ウーベルト】アッサンブレやソテとの違いは?』を書きました。

 

着地したあと、すぐに両脚を5番ポジションに閉じるものをシソンヌ・フェルメ

着地したあと、脚をあげたまま(開いたまま)にしておくものをシソンヌ・ウーベルト

ここまでは、ばっちり覚えましたか?!

 

シソンヌを、ソテアッサンブレと混同してしまっている方は、それぞれの違いをもう一度チェックしてみてくださいね。

そして、実際に動きながら、何度も何度も繰り返し練習していきましょう。

 

頭で考えて動いていると、音に遅れたりタイミングがズレたりしてしまいます!

身体で覚えて自然と動けるようになるまで、練習あるのみ!

レッスン頑張っていきましょう!
バレエの動きアッサンブレ実は難易度高い【アッサンブレ】秘訣は押す・跳ぶ・集める! バレエの動きアラベスク・ソテきれいな【アラベスク・ソテ】に近づく5つのコツ バレエのコントゥルタン覚えておきたい つなぎのパ【コントゥルタン】を解説します