【更新】人気記事TOP10

実は難易度高い【アッサンブレ】秘訣は押す・跳ぶ・集める!

バレエの動きアッサンブレ

バレエスタイル(@BlletStyle_)をご覧いただきありがとうございます。

 

  • アッサンブレがうまくできない・・・
  • アッサンブレのコツって何?
  • アッサンブレ“バッチュ”のやり方が分からない!

 

今回はこんな風に『アッサンブレが苦手・・・』と悩んでいる方に向けて書いています。

 

カンタンそうに見えて実は難易度が高い【アッサンブレ】。

 

動脚を出す方向も後ろだったり、途中で“バッチュ”を入れたり・・・

※バッチュ=「打つ(たたく)」動き

 

いろんなパターンがありますが、本記事では基本的な【横へのアッサンブレ】のやり方とポイントをご紹介

 

前後のアッサンブレや、バッチュを入れたアッサンブレは、分かりやすい動画を探してみました!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

バレエの動き【アッサンブレ】の意味

ハテナマーク

アッサンブレは「集める」「集合」という意味をもちます。

空中で「集める」動きをしますよ!

【アッサンブレ】の動き

バレエ

基本的なアッサンブレとして、動脚を横に出すパターンをご説明。

 

アッサンブレは、5番ポジションのドゥミ・プリエから、後ろ脚を横に出し、もう一方の軸足で踏みきって飛び、空中で両足を集めて両脚で着地します。

文字だけだと分かりづらいので、写真で見ていきましょう!

【アッサンブレ】のやり方

右脚を横に出す場合

1.左脚前で5番ポジション

ドゥミ・プリエをしながら、右脚を横にすり出す

シャンジュマン

アッサンブレ

 

 

2.左脚で踏みきって真上に飛ぶ

アッサンブレ

 

 

3.空中で右脚を左脚の前に引き寄せ、両脚集めて5番ポジションに

アッサンブレ

 

 

4.右脚前の5番ポジションドゥミ・プリエに両脚で着地する

アッサンブレ

 

動画で見る【アッサンブレ】

アッサンブレ

しっかり床を押しているのがわかりますか?

片足で踏みきってジャンプしなければならないので、とても難しい!

【アッサンブレ】のポイント

アッサンブレ

アッサンブレをするときのポイントは、ずばり『押す・跳ぶ・集める』です。

 

ドゥミ・プリエでしっかり床を押し真上に飛び上がったら、空中で5番ポジションに集めます。

そして両脚でやわらかく着地。

 

この『押す・跳ぶ・集める』の流れをリズミカルにくり返し練習してみましょう。

できていますか?
  • 横に脚を出す時、床をこすりながら出していますか?
  • 軸足で踏みきるとき、しっかり床を押していますか?
  • 空中で5番ポジションに集められていますか?
  • ヒザ、つま先は伸びていますか?
  • 両足同時に着地していますか?

いろんな【アッサンブレ】

メモ

アッサンブレには動脚を横に出すほかに、後ろのアッサンブレがあります。

また、真上に跳びあがる場合と、ななめ上に向かって放物線を描くように移動しながら跳ぶ場合があります。

 

空中で5番にする前に、バッチュを入れる「アッサンブレ・バッチュ」というパもありますよ!

 

動画で見ると、よりイメージしやすいと思いますので参考になりそうなものをご紹介します。

 

前・横・後ろアッサンブレの動画

アッサンブレをメインとした、アンシェヌマンを見ることができます。

 

横のアッサンブレのほか、前後のアッサンブレも登場します。

 

アッサンブレ・バッチュの動画

さきほどの動画の続きですが、違うアンシェヌマンが紹介されています。

横のアッサンブレをする時に、バッチュが入っています。(アッサンブレ・バッチュ)

じつは難易度高い【アッサンブレ】まとめ

本記事では、基本的な【横へのアッサンブレ】のやり方とポイント、いろんなアッサンブレをご紹介してきました。

 

脚を横にすり出すタイミングと、軸足を踏みきるタイミングが連動できればスムーズにアッサンブレできるようになると思います!

 

まずは、ドゥミ・プリエでしっかり床を押し真上に飛び上がったら、空中で5番ポジションに集める、という流れを意識して練習してみてください!

 

以上、バレエスタイルでした!

バレエグリッサード【グリッサード】動きを紹介!ポイントは”床を〇〇〇ように” バレエタンリエ【バレエの動き】タン・リエでスムーズな体重移動を身につけよう!