【更新】人気記事TOP10

《バレエのポーズ》アティテュードでポーズのバリエーションを増やそう

アティテュード

「アティテュードってどんなカタチ?」

「アティテュードのコツは?」

 

今回は、バレエのポーズ【アティテュード】をご紹介いたします。

この【アティテュード】を覚えれば、できるポーズのバリエーションが増えますよ!

 

以前、からだの方向と、あしの位置の組合わせでいろんなポーズができることをご紹介しました。

 

これに【アティテュード】をプラスした時、どんな形になるのか・・・

 

しっかり確認していきましょう!

アティテュードの意味

説明をする女性のイラスト

アティテュードは、「態度」「姿勢」という意味があります。

アティテュードは・・・

こんなポーズです!

アティテュードをする女性バレエダンサー

アティテュードのかたち

アティテュードは・・・

片脚で立ち、もう片方の足を前・横・後ろのいずれかの方向に上げて、上げている脚のひざを曲げるポーズです。

 

アティテュードは、フォンデュデヴェロッペなど、動きの途中に通過するかたちでもあります。

重要なポーズなので、しっかりとコツをおさえておきましょう!

 

今回ご紹介するのは、3つのアティテュード!

  1. アティテュード・クロワゼ・ドゥヴァン
  2. アティテュード・ア・ラ・スゴンド
  3. アティテュード・エファセ・デリエール

 

アティテュード・クロワゼ・ドゥヴァン

アティテュード・クロワゼ・ドゥヴァン

『アティテュード・クロワゼ・ドゥヴァン』という言葉は、アティテュード+からだの方向+あしの位置を表しています。

  • アティテュード片脚で立ち、上げている脚のひざを曲げるポーズ
  • クロワゼからだの方向
  • ドゥヴァン脚の位置
ポイント
上げている脚のひざを曲げ過ぎないようにします。

 

軸足のヒザがゆるまないように、身体をしっかり上に引き上げることが重要です!

 

アティテュード・ア・ラ・スゴンド

アティテュード・ア・ラ・スゴンド

ア・ラ・スゴンド(横方向)の、アティテュードです。

ちなみに、お手本写真のからだの方向はアン・ファスですね!

ポイント
上下左右に、それぞれ伸びていく感覚でバランスをとります。

 

上げている脚のひざを自分の方にグッと近づけて軸を意識して立ちましょう!

 

アティテュード・エファセ・デリエール

アティテュード・エファセ・デリエール

  • アティテュード片脚で立ち、上げている脚のひざを曲げるポーズ
  • エファセからだの方向
  • デリエール脚の位置
ポイント
デリエール(後ろ)のアティテュードは、ひざが下に落ちてしまいがちです。

間違ったアティテュードを見せるダンサー

 

上げている脚のひざを、しっかり横に張りましょう!

股関節からアン・ドゥオールすることが大切ですよ。

【アティテュード】でレベルアップ!

今回は、【アティテュード】についてご紹介しました。

 

アティテュードは、バレエのいろんなパ(動き)に出てきます。

きれいなカタチを習得して、美しい踊りを目指していきましょう!

 

【関連記事】

ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド【バレエ用語】ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド/それぞれの位置と意味 バレエのポーズ知っておきたいバレエのポーズ!〈からだ・あし・うで〉の組合せ例