【更新】人気記事TOP10

《バレエ用語》からだの方向+あしの位置でポーズが生まれる!

エカルテ・ドゥヴァン

「バレエの基本的なポーズが知りたい」

「似たようなポーズばかりで混乱してる!」

 

今回は、こんな風に「バレエの基本的なポーズを覚えたい!」という方に向けて書いています。

 

こんにちは!Ballet Styleです。

 

「レッスン中は、先生がお手本を見せてくれるからポーズできるけどイマイチ理解できていない!」ってことありますよね。

スポーツジムのスタジオ

バレエ用語はフランス語だし、順番を覚えないといけないし、もう軽くパニック!

 

そんな事にならないように、基本的なポーズをしっかり理解しておきませんか?

 

この記事では、からだの方向+あしの位置の組み合わせで、いろんなポーズになるよ!という事を写真を交えながら、ご紹介していきます!

【関連記事】

アンファス・クロワゼ・エファッセ【バレエ用語】上達への近道!体の方向/アンファス・クロワゼ・エファッセ ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド【バレエ用語】ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド/それぞれの位置と意味

クロワゼ・ドゥヴァン…?!ポーズの「なまえ」も組み合わせ!

「クロワゼ・ドゥヴァン」…

ポーズの名前をきいて何か気が付きませんか?

体の方向とあしの位置、それぞれの名前をあわせただけ?

そうなのです!

ポーズの名前(呼称)は、すでに覚えている言葉の組合せとなります!

 

そう考えると、なんだか出来そうな気がしませんか?

さっそく、やってみましょう!

 

クロワゼ・ドゥヴァン

クロワゼドゥヴァンをする女性ダンサー

 

体の方向クロワゼ

あしの位置ドゥヴァン

クロワゼの方向で、脚をドゥヴァン(前)に出すポーズです。

 

エファセ・ドゥヴァン

エファセドゥヴァンをする女性ダンサー

 

体の方向エファセ

あしの位置ドゥヴァン

エファセの方向で、脚をドゥヴァン(前)に出すポーズです。

 

エカルテ・ドゥヴァン

エカルテドゥヴァン

このポーズは、ちょっと応用編!

エカルテは、「離れた」という意味。

 

右または左ナナメ前に向かって足を横に出したポジションです。

目線は、脚が出ている方向のナナメ上に向けます。

 

クロワゼ・デリエール

クロワゼデリエールをする女性ダンサー

 

体の方向クロワゼ

あしの位置デリエール

クロワゼの方向で、脚をデリエール(後ろ)に出すポーズです。

 

エファセ・デリエール

エファッセデリエール

体の方向エファセ

あしの位置デリエール

エファセの方向で、脚をデリエール(後ろ)に出すポーズです。

 

エカルテ・デリエール

エカルテデリエール

右または左ナナメ後ろに向かって足を横に出しましょう。

顔は、あしが出ている方向と反対側のナナメ下に向けます。

バレエ用語は順番に覚えていきましょう

いきなり様々なポーズを覚えることは、とても大変です!

この順番で覚えていきましょう
  1. まずは、体の方向を覚える
  2. そのあとに、あしを出す位置を覚える
  3. 組み合わせて、様々なポーズを覚える

 

順番に覚えていくと、理解しやすくなりますよ。

 

言葉で指示されたときに「どの方向を向いて、どこに足をだすのか」をパッとできるようになれば、バッチリです!

 

【体の方向・あしの位置の解説はこちら

アンファス・クロワゼ・エファッセ【バレエ用語】上達への近道!体の方向/アンファス・クロワゼ・エファッセ ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド【バレエ用語】ドゥヴァン・デリエール・アラスゴンド/それぞれの位置と意味