【更新】人気記事TOP10

【バレエ用語】パッセ(ルティレ)・クドピエ(クペ)/バランスを取るコツ!

パッセ・クドピエ

「パッセでバランスが取れない!」

「クペのかたちを、ちゃんと覚えたい」

 

今回は、こんな方に向けてパッセ(ルティレ)クドピエ(クペ)のかたちと、バランスをとるコツをご紹介していきます!

クドピエをした脚

パッセ(ルティレ)ク・ド・ピエ(クぺ)は、どちらも片足立ちのポーズです。

 

バランスを取るのがなかなか難しいのですが、それにはコツがあります!

 

今回は、それぞれのポーズとコツを写真を交えてご紹介します。

パッセ(ルティレ)

ピケ・ターンのコツ

先生によって『パッセ』『ルティレ』と、呼称が異なる場合があります。

 

それぞれの意味は・・・

ルティレ

意味:引っ込む

片脚の膝を曲げて、そのつま先を軸足の膝あたりにつけたポジションのこと

パッセ

意味:過ぎる

ルティレを通る「動き」のこと

本当は意味が違うのですが、同じように使われることが多いです!

 

前のパッセ(ルティレ)

パッセ(正)

膝のにつま先を付けたルティレです。

股関節は横に開き、ヒザは上に持ち上げましょう!

 

注意
パッセ(誤)
パッセ(誤)

★膝が下がって、つま先が飛び出してしまうのはNG

★逆に膝を上げ過ぎて、つま先が軸足から離れてしまうのもNG

 

パッセ(ルティレ)でバランスを取るコツ

パッセ(正)

バランスをとるコツは、ずばり!体重移動です。

片脚を上げた瞬間に、しっかりと軸足側に体重を移動させましょう。

 

脚を上げている方に体重が残ったままだと、バーから手を離すことができません!

 

軸足のカカト側ではなく、つま先側に体重を乗せる!という意識をしてみてください。

 

後ろのパッセ(ルティレ)

パッセ(正)

膝の後ろにつま先を付けたルティレです。

 

後ろのルティレは膝が内側に入りやすいので、より開くことを意識し、しっかりとヒザを上に持ち上げましょう!

 

注意
パッセ(誤)

曲げている膝の持ち上げが足りないと、つま先が突き出てしまいます。

『つま先を膝裏に付ける』意識よりも、まずは『膝を持ち上げる!』を第一に考えてみてください。

ク・ド・ピエ(クペ)

クドピエをしたダンサー

パッセ(ルティレ)同様に、指導者によって呼称が異なることがあります。

『ク・ド・ピエ』や『クペ』と言ったりします。

 

ク・ド・ピエ

※スュル・ル・ク・ド・ピエの略

 

意味:足首の上に

片足がもう一方の足首に触れているポジションのこと

クペ

意味:切られた

ク・ド・ピエに上げる「動き」のこと

それぞれ本当は意味が違いますが、同じように使われることが多いです!

 

前のク・ド・ピエ(その1)

前クドピエ

前のク・ド・ピエは、2つのパターンがあります。

 

まずは、その1。

足首のにつま先を付けたク・ド・ピエです。

 

つま先の上げ過ぎに注意してください。

 

前のク・ド・ピエ(2)

クドピエをした脚

クドピエ

前のク・ド・ピエその2。

 

軸足首を足の裏で包むような形のク・ド・ピエです。

 

カカトを軸足の前側に当て、つま先は後ろへと巻きつけるようにします。

 

ポイント
かなりアンドゥオールを意識しないと難しい形です。

 

「カマ足」のクセがある方は、このク・ド・ピエでアンドゥオールの感覚を身につけると良いですよ!

 

後ろのク・ド・ピエ(クペ)

後クドピエ

後ろのク・ド・ピエは、足首の後ろにつま先とカカトを付けたかたちです。

 

クドピエ(クペ)でバランスを取るコツ

ク・ド・ピエは、ルティレよりも上げる足が低いので、軸足に重心が乗りづらい!

 

自分が思っているよりもさらに軸足のつま先側に体重を乗せるように意識してみて下さいね!

本を見ながら練習!

大切なのは重心!

ティアラ

今回は『【バレエ用語】パッセ(ルティレ)・クドピエ(クペ)/バランスを取るコツ!』を解説いたしました。

 

ルティレとク・ド・ピエでバランスを取るためには、重心の位置が大切になってきます。

 

しっかりと軸足つま先側に重心をもっていくように、そして体を上に引き上げてバランスを取る練習をしてみてくださいね。

関連記事

プティ・バットマン【バレエの動き】すばやく繰り返すプティ・バットマン バレエフォンデュ【バレエの動き】フォンデュをマスターしよう!意味と5つのコツ(動画あり) ピルエットの方法“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!