【更新】人気記事TOP10

バレリーナの半生を描く映画『Taking Flight』監督はマドンナ!

バレエ映画マドンナ

こんにちは!Ballet Styleです。

 

バレリーナが主役の映画『Taking Flight』の監督に、あのマドンナが抜擢されました。

カメラ

いったい、どんな内容なのでしょう…?!

オランダ国立バレエ団に所属するバレリーナの自伝を映画化

オランダの景色

『Taking Flight』は、若手黒人バレリーナ、ミケーラ・デ・プリンスの自伝を映画化するもの。

逆境や差別と闘いながら、世界的バレリーナになるまでの軌跡を描きます。

 

映画の原作は、ミケーラ・デ・プリンスが出した自伝「Taking Flight: From War Orphan to Star Ballerina」です。

 

ミケーラ・デ・プリンスとは?

ミケーラ・デ・プリンスは1995年生まれ、アフリカのシエラレオネ出身。

3歳の時に内戦で両親を失い、4歳の時にアメリカ人夫婦の養子となり、アメリカに渡ります。

偶然拾った雑誌に載っていたバレエダンサーに憧れるように。

バレリーナになった現在は、オランダ国立バレエ団(HET)に所属しダンサーとして活躍中です。

 

ドキュメンタリー映画『ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!』にも登場

ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ!』は、国際バレエコンクールユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)の最終選考に残った6人の子どもたちを追ったドキュメンタリー映画です。

夢に向かって頑張っているミケーラの姿が、映し出されています。

映画『Taking Flight』の製作スタッフは?

監督は人気歌手・マドンナ(Madonna)

マドンナはこれまでに「ワンダーラスト」「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」を監督しており、『Taking Flight』で3作目となります。

 

脚本は、海外ドラマ「フアン家のアメリカ開拓記」や「New Girl ダサかわ女子と三銃士」を手掛けたカミラ・ブラケット(Camilla Blackett

製作・配給は、MGM。

 

今回の映画化について、マドンナのコメント。

「逆境を理解するアーティスト、そして活動家として、ミケーラの歩みに深く共鳴しました。ミケーラに、共に育った孤児の声になってもらう、またとない機会です。彼女の物語に命を吹き込むことができて光栄です」

参照:gunosy

映画『Taking Flight』公開はまだまだ先!

今回は「バレリーナの半生を描く映画『Taking Flight』監督はマドンナ!」について書いてきました。

 

監督はマドンナに決定していますが、映画公開はまだまだ先となりそうです。

ミケーラを演じる女優も未定とのこと。

どんな映画に仕上がるのでしょうか・・・。

 

マドンナが監督ということで、今後も注目されそうな映画です!

日本語訳!
劇団四季パリのアメリカ人日本初上演!劇団四季「パリのアメリカ人」は、高度なバレエシーンがたくさん! pasdedeuxDVD紹介「パ・ド・ドゥ」だけを収録したDVD『PAS DE DEUX-パ・ド・ドゥ』