【更新】人気記事TOP10

写真で見る【カブリオール】前・横・後ろのカブリオールのやり方を解説

バレエの動きカブリオール

カブリオール(仏:cabriole)とは、「はねまわる・飛び跳ねる」という意味をもつ跳躍のテクニックです。

 

ジャンプのなかでも、難易度が高いとされるカブリオール。

バレエ作品中では主に男性ダンサーがおこなうことが多く、ダイナミックなジャンプはとても見応えがあります!

 

今回の記事では、

  • 男性ダンサーと女性ダンサーのカブリオールの違い
  • 前・横・後ろのカブリオールのやり方
  • カブリオールのポイントコツ

このあたりをご紹介いたします!

カブリオールの「キホンのき」をチェック!

カブリオールとは

カブリオールデリエール

カブリオール(仏:cabriole)は、「はねまわる・飛び跳ねる」という意味をもちます。

 

片脚を前・横・後ろのいずれかの方向に振り上げて跳び上がり、空中で両脚を打ち合わせて着地するパです。

 

空中で両脚を打ち合わせる「回数」

女性ダンサーの場合、空中で「1回」打合せるのが基本。

「2回、3回」と複数打ち合わせるのは、男性ダンサーのみが行う達人技です!

空中で「1回」打ち合わせるのも難しい!

初心者の方は「1回」で十分ですよ!

カブリオール・ドゥヴァンのやり方

カブリオール・ドゥヴァンは、脚を前方向に振り上げて跳びます。

 

右脚を振り上げる場合

1.左脚をドゥミ・プリエにしながら、右脚を前に振り上げる(バットマンする)

カブリオールドゥヴァン

 

 

2.左脚で踏みきって跳び、空中で左脚を右脚に引き寄せて、右脚前の5番ポジションで両脚を打ち合わせる

カブリオールドゥヴァン

 

 

3.右脚はドゥヴァンポジションにあげたまま、左脚ドゥミ・プリエで着地

カブリオールドゥヴァン

ポイント
着地したときに骨盤を落とさず、背中を強く引き上げるようにします!

カブリオール・ドゥヴァンをチェック!

カブリオール・ア・ラ・スゴンドのやり方

カブリオール・ア・ラ・スゴンドは、脚を横方向に振り上げて跳びます。

 

右脚を振り上げる場合

1.左脚をドゥミ・プリエしながら、右脚を横に振り上げる

カブリオールアラスゴンド

 

 

2.左脚で踏みきって跳び、空中で左脚を右脚に引き寄せて、右脚前の5番ポジションで両脚を打ち合わせる

カブリオールアラスゴンド

 

 

3.右脚をあげたまま、左脚ドゥミ・プリエで着地

カブリオールアラスゴンド

ポイント
上半身は、姿勢を維持したまま着地するようにします。

カブリオール・ア・ラ・スゴンドをチェック!

カブリオールアラスゴンド

カブリオール・デリエールのやり方

カブリオール・デリエールは、脚を後ろ方向に振り上げて跳びます。

 

左脚を振り上げる場合

1.右脚をドゥミ・プリエしながら、左脚を後ろに振り上げる

カブリオールデリエール

 

 

2.右脚で踏みきって跳び、空中で右脚を左脚に引き寄せて、右脚前の5番ポジションで両脚を打ち合わせる

カブリオールデリエール

 

 

3.左脚をあげたまま、右脚ドゥミ・プリエで着地

カブリオールデリエール

ポイント
着地するときに、後ろの脚を落とさないように注意!

上半身は第1アラベスクを強く保ちます。

カブリオール・デリエールをチェック!

カブリオールデリエール

カブリオールのコツ

前・横・後ろ・・・どのカブリオールでも、はじめにバットマンした脚に下の脚を引き寄せることが大切です。

 

そして、すばやく脚を打ち合わせる!

つま先ではなく太ももあたりを打ち合わせるイメージで、第5ポジションへ深くクロスさせます。

 

着地では、骨盤を落とさないように背中を強く引き上げて、ポジションを保ちましょう。

複数ビートのカブリオール

ジャンプ力のある男性ダンサーは、空中で複数のビート(2、3回)脚を打ちつけます。

主役クラスの男性ヴァリエーションに多く出てきますよ!

ジャンプの一番高い地点で、すばやく2回打ちつけているのが分かりますね。

カブリオールに挑戦!

カブリオールは難易度が高いパですので、最初はバーを持って脚の動きを繰り返し練習してみてください。

ジャンプするタイミング、脚を打ちつけるタイミングがつかめてきたら、センターでやってみましょう!

 

どの方向のカブリオールでも、背中を強く保つことが重要です。

カブリオールのコツまとめ
  • バットマンした脚に下の脚を引き寄せる
  • 太ももあたりを打ち合わせるイメージで
  • 深い第5ポジションにクロスする
グランバットマン『グラン・バットマン』は勢いよく!うまくなるコツやストレッチ方法 バレエの動きアラベスク・ソテきれいな【アラベスク・ソテ】に近づく5つのコツ

今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした!