【更新】人気記事TOP10

バレエ【エシャペ】のコツは?ジャンプしないでスライドする?!

バレエの動きエシャペ

こんにちは。

バレエスタイル(@BlletStyle_)です。

 

【エシャペ】をする時、こんなお悩みないですか?

  • 脚のラインがきれいに出ない
  • スムーズにできない
  • やり方を見直したい

そんな方にむけて、ポアントまたはドゥミ・ポアントで行う【エシャペ】の動きコツをまとめてみました。

 

【エシャペ】は、多くのバレエ作品に出てきますので、バレエ初心者のうちにしっかり身につけておきたい動きです。

 

最後までご覧いただき、ぜひエシャペ練習の参考になさってください!

【エシャペ】の意味

ハテナマーク

エシャペは「逃げる」「免れる」という意味をもちます。

【エシャペ】の言いかた

【エシャッペ】【エシャッペ・ルルヴェ】などと呼ぶこともあります

【エシャペ】の動き

バレエ

エシャペは、5番ポジションから2番ポジションへ、脚の前後を入れ替えて再び5番ポジションに戻る動きです。

5番と4番を繰り返すものもあります!

【エシャペ】のやり方

ポアント(トウシューズ)の場合

1.右脚を前にした5番ポジションでドゥミ・プリエ

エシャペのやり方

 

 

2.2番ポジションのポアントに立つ

トウシューズでのエシャペ

 

 

3.両脚を引き寄せ、左脚を前にした5番ポジションでドゥミ・プリエ

エシャペ

 

動画で見る【エシャペ】

エシャペのGIF動画

開いて、閉じて・・・

脚の前後が入れ替わっているのが分かりますか?!

【エシャペ】3つのコツ

ご紹介する【エシャペ】のコツは、シューズでもトウシューズでも共通です!

3つのコツ
  1. 足をスライドさせる
  2. 脚幅をコントロールする
  3. 床をしっかりと押す

詳しく解説していきます!

慣れていない方は、まずはシューズでしっかり練習してからトウシューズを履きましょう!

 

1.足をスライドさせる

左右にスライドさせながら上に伸びあがり、2番ドゥミ・ポアントにしましょう。

 

5番ドゥミ・プリエから2番に開くとき、ジャンプをしてはいけませんよ!

 

スライドさせる!

トウシューズでのエシャペ

“スライドさせるように動かす”のは、非常に難しい!

はじめはバーを持ちながらやってみてください。

ポイント

すばやくスライドさせて、シャープに動くこと!

・上に伸びあがる意識を忘れずに!

 

2.脚幅をコントロールする

トウシューズでのエシャペ

脚幅が狭すぎると、5番からルルヴェになっただけに見えてしまいます。

 

逆に脚幅が広すぎると、「スライドさせて2番に開く→5番に戻す」という動きがギクシャクしてしまい音楽に遅れる原因に。

また、ルルヴェのかかとも落ちやすくなります。

 

5番ドゥミ・プリエから、左右均等にスライドさせて脚幅をコントロールしましょう。

両脚でエッフェル塔のような三角形を描くイメージで、2番ルルヴェに立ってみてください。

目指すカタチはエッフェル塔!

 

3.床をしっかりと押す

2番のドゥミ・ポアントに立った瞬間に、つま先で床を押します。

ちからが四方八方に逃げていかないように、力強く床を押して【エシャペ】しましょう。

ポイント

・上半身は、上に引きあげる

・ひざはしっかり伸ばして、かかとを高くあげる

 

<おすすめ>

セラバンドを使った足先トレーニング

バレエ用ゴムバンドバレエトレーニングに使ってみよう!3種のバンドを紹介!

バレエの【エシャペ】まとめ

今回は、『バレエ【エシャペ】のコツは?ジャンプしないでスライドする?!』について書いてきました。

3つのコツおさらい!
  1. 足をスライドさせる
  2. 脚幅をコントロールする
  3. 床をしっかりと押す

5番から2番のドゥミ・ポアントになるときは、決してジャンプしないように!

 

最初はバーを持って、すばやくスライドさせるようにして2番のドゥミ・ポアントに立つ練習をします。

慣れてきたらセンターやトウシューズでも同じようにやってみてくださいね!

バレエ用ゴムバンドバレエトレーニングに使ってみよう!3種のバンドを紹介! バレエ シャンジュマン【シャンジュマン】はジャンプの基本!やり方・意味を詳しく解説(写真あり)