バレエトレーニングに使ってみよう!3種のバンドを紹介!

バレエ用ゴムバンド

「バレエ用品のあのゴムどうやって使うの?」

「しなやかで、きれいなつま先を目指したい!」

バレエを習っていると、まわりの人が持っているアイテムが気になってきませんか?

「自分も使ってみたいな・・・どんなものがあるのかな?」と気になっている方!

今回は、バレエで使われる3種類のバンドをご紹介いたします!

セラバンドを使った、つま先のトレーニング方法も載せているので是非やってみてくださいね。

バレエで使う3種のゴムバンド

ゴムバンド
左からセラバンド、ダンスバンド、ウエストベルト

それぞれ、どんな使い方をするの?

1つずつ解説していきますね!

1.ダンスバンド

バレエ用品を扱うChacott(チャコット)のダンスバンドです。

開脚やアラベスク、パンシェが正しいポジションでエクササイズできます

Chacottダンスバンドを使ってストレッチ

フェルトのような触り心地で、ちいさくまとめて保管してもくっついたりせず快適!

詳しい使い方はコチラ

2.ウエストベルト

ウエストベルトとは

からだの向き傾きをチェックするために使います。

脚をうごかす時にウエストが水平になっているか片側の骨盤が上がっていないかがひと目でわかります。

骨盤が傾いたままレッスンを続けても、正しい身体の使いかたは身につきません。

ウエストベルトでしっかり確認しながらレッスンしてみてはいかがでしょうか。

おとなバレエでも、ぜひ取り入れたいアイテムです!

3.セラバンド(トレーニングバンド)

セラバンドは、トップアスリートも使用する本格的なトレーニングツールです。

ゴム製のうすいバンドで、筋トレだけでなくリハビリなどにも使用されています。

バレエでは、足指や足裏のトレーニングのために使いますよ!

色によって強度が異なるので、自分に合ったものをチョイスしましょう。

レッドグリーンあたりがおすすめです。

ちなみに私は、セラバンドのグリーンを使用しています。

ちょうど中間あたりの強度のため、さまざまなトレーニングに使用できますよ。

では、この「セラバンド」を使った足先のトレーニングをご紹介していきます!

セラバンド

【セラバンド(Thera-Band)】は、製品名です。
使うものは「セラバンド」でなくても問題ありません。

「トレーニングバンド」と検索すれば、たくさん紹介されているのでお好みのものを選んでくださいね!

しなやかな美しい甲を目指すトレーニング方法

バレエでは、足裏の力強いアーチが重要です。

レッスン中、つま先をピーンと伸ばすと足裏がつってしまう!

なんてことがないように、足先・足裏を鍛えて、しなやかな甲を目指しましょう。

同時にふくらはぎの筋肉や、アキレス腱も鍛えることができますよ。

セラバンドを用意

両脚を前に伸ばして、床に座ります。

ひざは真上に向けて、足先とおなじ方向になるようにします。

セラバンドをかぶせる

片足の先にセラバンドをかぶせ、バンドの両端をしっかりと持ち少し引っ張ります。

※バンドを持つ場所を変えて強度を調節してください

つま先を伸ばす
バレエの足先トレーニング

ひざと足首を伸ばし、足先のアーチを意識しましょう!

足裏がキュッと縮まっている感覚です。

指先をあげる
バレエの足先トレーニング

次に、指先を上に向けます。

繰り返す

STEP3とSTEP4をゆっくりと繰り返します。

反対側の足先も同じようにトレーニングしましょう!

慣れないうちは、足裏(土踏まず)やふくらはぎがつることもあるので、休憩しながらおこなってください。

トレーニング後は、マッサージして終わりましょう。

ボールを使うのもおススメです!

マッサージボール足裏、使えてますか?【ボール】を使ったマッサージ&トレーニングをご紹介!

バレエトレーニングに使えるゴムバンドまとめ

本記事では、バレエトレーニングに使える3種のゴムバンドについてご紹介しました。

ダンスバンドを使った開脚トレーニングや、セラバンドを使った足先トレーニングは自宅で簡単にできます!

バンドを使いこなして、バレエ上達にいかしていきましょう!