【更新】人気記事TOP10

【動画あり】バレエのバリエーション一覧《ジゼル》編

ジゼルのバリエーション

今回は、バレエ作品《ジゼル》に出てくる女性バリエーションをピックアップ!

 

《ジゼル》の簡単なあらすじや、作品中のバリエーションを、動画を交えてご紹介していきます。

難易度や、バレエコンクールでの珍しさも参考にしてみてくださいね。

MEMO
  • 取り上げるのは、女性バリエーションのみです
  • 作品中のバリエーション全てをご紹介できない場合もあります

バレエ《ジゼル》作品紹介

 

《ジゼル》は、ロマンティック・バレエの代表作で、全2幕の悲恋の物語。

1幕の明るい場面と、2幕の暗い場面の対照が際立つ作品です。

ロマンティック・バレエとは・・・

 

自由で神秘的なものを重んじるロマン主義に基づくバレエで、妖精や悪魔が登場する幻想的なもの、エキゾチックな異国趣味のものが多い。

《ラ・シルフィード》、《ジゼル》など。

《ジゼル》で着用する、丈の長い衣装。

この衣装を「ロマンティック・チュチュ」と呼びます。

チュールを重ねた、ふんわりとしたチュチュです!

バレエ《ジゼル》あらすじ

開いた本

第1幕

村娘・ジゼルは、心臓が弱いものの踊りが大好き。

そんなジゼルと愛し合っているのが青年・ロイス。

実は、ロイスは貴族なのだが、身分を偽りジゼルとの恋を楽しんでいる。

 

ロイスが気に入らないのが、ジゼルに恋する村の青年・ヒラリオン。

ヒラリオンは、ロイスの正体が公爵アルブレヒトであること・婚約者がいることを突き止め、村人やジゼルの前で暴く。

ジゼルはショックを受け、狂乱状態に陥り、息絶える。

 

第2幕

暗い森

ジゼルの墓がある夜の森。

そこは、結婚前に亡くなった精霊・ウィリたちが夜な夜な集まる場所。

「ウィリたちは、迷い込んできた人間や裏切った男を死ぬまで踊らせる」との言い伝えがある。

 

ジゼルの墓参りやってきたヒラリオン。

言い伝え通り、ヒラリオンはさんざん踊らされ、休むことを許されず力尽きて息絶える。

 

アルブレヒトも墓参りにやってくると、ヒラリオンと同じくウィリ達につかまる。

ウィリたちは、力尽き死に至るまでアルブレヒトを踊らせようとする。

そんなアルブレヒトを見て、ウィリとなったジゼルは、懸命に女王・ミルタに命乞いをするが聞き入れてもらえない。

その時、夜明けの鐘が鳴り響きウィリたちは墓に戻っていく。

アルブレヒトの命は助かり、ジゼルはアルブレヒトに別れをつげて消えていく。

《ジゼル》の女性バリエーション一覧

今回ご紹介するのは、この4つ。

 

  • 第1幕:ペザント(農民)のバリエーション①
  • 第1幕:ペザント(農民)のバリエーション②
  • 第1幕:ジゼルのバリエーション
  • 第2幕:ウィリの女王・ミルタのバリエーション

ペザントは、2種類あるので2つご紹介していきます!

ペザントのバリエーション①

ペザントのバリエーション①
難易度
(3.0)
珍しさ
(2.0)

 

ペザントのバリエーション②

ペザントのバリエーション②
難易度
(4.0)
珍しさ
(3.5)

ジゼルのバリエーション

ジゼルのバリエーション
難易度
(4.0)
珍しさ
(3.0)

 

ウィリの女王・ミルタのバリエーション

ミルタのバリエーション
難易度
(4.0)
珍しさ
(5.0)

《ジゼル》バリエーションまとめ

今回は、バレエ作品《ジゼル》に出てくる女性バリエーションをご紹介しました。

是非、バリエーション練習の参考になさってください!

シソンヌ・フェルメ/ウーベルト【シソンヌ・フェルメ/ウーベルト】アッサンブレやソテとの違いは?