【更新】人気記事TOP10

【バレエの動き】フラッペは氷を削るイメージで!ダブルフラッペも動画で確認!

バレエフラッペ

こんにちは!

バレエスタイル(@BlletStyle_)です。

 

今回のテーマは、バレエの動きの「フラッペ」です。

 

あなたは、フラッペをするとき、脚をなんとなく投げだすだけになっていませんか?

 

フラッペ(frappe)には、「たたく・打つ」という意味があります。

意味の通り、床をたたくようにして蹴り出す動きです。

 

フラッペには、ダブルフラッペという、ちょっと複雑な⁈動きもあります。

 

まずは、フラッペの基本的な動きを覚えて、それからダブルフラッペに挑戦してみましょう!

 

この記事では、フラッペとダブルフラッペの動き、5つのコツをご紹介いたします。

参考にしてみてください!

バレエの動き「フラッペ」とは

バーレッスンする人

フラッペは、動脚のつま先で床をたたくようにして前・横・後ろいずれかに蹴り出す動きです。

 

前のフラッペ

(1)まず、動脚をフレックスして前のク・ド・ピエにします

フラッペ

 

 

(2)動脚の足の指裏で床を蹴るようにして、前に出します

フラッペ

 

 

(3)さらに脚を前に出して、ジュテと同じ位置に伸ばします

フラッペ

 

 

(4) 3の後は、動脚をフレックスにしながらク・ド・ピエの位置に戻します

フラッペ

この後は、再度、前にフラッペしたり横にフラッペしたりと続きます。

横のフラッペ

(1)動脚を前のク・ド・ピエの位置でフレックスして…

フラッペ

 

 

(2)前のフラッペと同様に、足の指裏で床を蹴るようにして横に出します

フラッペ

 

 

(3)脚をさらに出して、横のジュテの位置に伸ばします

フラッペ

 

 

(4)このあと後ろのフラッペに動かしていく場合は、後ろフレックスのク・ド・ピエにします

フラッペ

 

後ろのフラッペ

(1)動脚を後ろのク・ド・ピエの位置でフレックスした状態から…

フラッペ

 

 

(2)前や横のフラッペと同様に、足の指裏で床を蹴るようにして後ろに出します

フラッペ

 

 

(3)脚をさらに後ろに出して、後ろジュテの位置に伸ばします

フラッペ

 

 

(4)動脚を後ろのク・ド・ピエの位置でフレックスした状態に戻します

フラッペ

フラッペ5つのコツ

バレエバー

フラッペをするときの、コツはこの5つ!

  1. 床を氷だと思って、足の指先で氷を削るイメージで
  2. ゆびの裏が床から離れる瞬間に、すばやくつま先を伸ばす
  3. つま先は床の方へ伸ばし、蹴り上げない
  4. 次に脚を出す方向をしっかり頭に入れておく
  5. ク・ド・ピエの位置に注意する

ひとつずつ解説していきます。

 

<1>床を氷だと思って、足の指先で氷を削るイメージで

アイスリンク

“床を蹴る”という意識が強すぎると、チカラが入りすぎて足が突っかかる事があります。

 

ポイントは、床をスケートリンクのような氷だとイメージして『シュッ』っと指先で削る!と意識すること。

適度なチカラで床を蹴ることができるので、おすすめです!

 

<2>ゆびの裏が床から離れる瞬間に、すばやくつま先を伸ばす

フラッペは速い動きなので、すばやくパッとつま先を伸ばします!

足のゆびの裏をしっかり使って、音に遅れないように気をつけましょう。

 

<3>つま先は床の方へ伸ばし、蹴り上げない

フレックス

床を掘るように蹴ってしまうと、ジュテの位置に足を伸ばしたとき、フレックスのままになってしまいがち。

 

つま先は床に向かってしっかり伸ばします!

 

<4>次に脚を出す方向をしっかり頭に入れておく

悩む女性

大人から始めるバレエのメリット。注意点も知っておこう!】の記事で「バレエはあたまの体操になる!」とご紹介しました。

特に動きが早いパの時は、順番をしっかりと覚えて、頭に入れておくことが重要になります。

 

たとえば・・・

横のフラッペに出した時。

 

次に出すのは、前のフラッペなのか後ろのフラッペなのか…

次に脚を出す方向によって、足を戻すのが前のク・ド・ピエか、後ろのク・ド・ピエか変わってきます!

 

そして、これがダブルフラッペになると、さらにややこしくなります・・・

とにかく、脚を動かしながら、次の動きのことまで考えていないとスムーズに脚が出ません!

気をつけましょう!

 

<5>ク・ド・ピエの位置に注意する

フラッペ

速いテンポで動かすと、いつの間にかク・ド・ピエの位置がズレてしまうことがあります。

動脚のカカトが軸足の内側に入りすぎたり、足首ではなくスネの高さに上がってしまったり

 

毎回、同じ位置に戻せるように何度も繰り返して“体で覚える”ようにしましょう!

【動画】フラッペとダブルフラッペ

動画で、フラッペダブルフラッペを確認してみましょう!

最初はシングルフラッペ、次にダブルフラッペをしています。

ダブルフラッペの時は、ハッキリと「前・後ろ!」「後ろ・前!」とフレックスで動かすことがポイント!

「ゆびの裏で床を蹴らず、つま先を鋭くタンデュの位置に伸ばすフラッペ」もありますよ。

【バレエの動き】フラッペまとめ

花

フラッペの動き、いかがでしたか?

 

床を氷だと思って、シュッと軽く削るつもりで脚を蹴り出してみて下さい!

自分なりのちから加減をつかんで、ぴんっと伸びたつま先を目指しましょう~

マッサージボール足裏、使えてますか?【ボール】を使ったマッサージ&トレーニングをご紹介! バレエタンリエ【バレエの動き】タン・リエでスムーズな体重移動を身につけよう!