【更新】人気記事TOP10

【動画あり】バレエのバリエーション一覧《白鳥の湖》編

白鳥の湖のバリエーション一覧

「次に踊るバリエーション、何にしようかな」

白鳥の湖の中から、バリエーション選びたいな」

 

今回は、こんな風に「数あるバリエーションの中から、どれを練習しようか悩んでる」という方に向けて書いています。

 

こんにちは!

Ballet Style(バレエスタイル)です。

 

あなたは、「いつも同じようなバリエーションを選んでしまう」って悩みありませんか?

悩んでいる女性

私自身も、ちょっと雰囲気を変えたいのに、パッと思いつくバリエーションはいつも同じ雰囲気・・・

他にどんなバリエーションがあったかな…と悩んだことがあります。

 

そこで今回は、《白鳥の湖》に出てくるバリエーションをピックアップ!

 

《白鳥の湖》に登場するバリエーションを、動画を交えながら順番にご紹介していきます。

 

難易度や、コンクールでの珍しさも一緒にみていきたいと思います。

 

バレエ《白鳥の湖》作品紹介

白鳥の湖

《白鳥の湖》は、《眠れる森の美女》《くるみ割り人形》と共に「3大バレエ」のひとつと言われています。

 

作曲は、ピョートル・チャイコフスキー。

《白鳥の湖》の曲は、バレエや音楽に詳しくない人でも、テレビ番組やCMなどで一度は耳にしたことがあるはずです。

 

バレエ《白鳥の湖》あらすじ

開いた本

第1幕

成人を迎えたジークフリート王子は、母である王妃に「翌日の舞踏会で、花嫁を選ぶように」と命じられる。

気乗りがしない王子は、上空を飛ぶ白鳥の群れを見て、友人たちと白鳥狩りに出かけることに。

 

第2幕

湖畔にやってきた王子。

一羽の白鳥に的を絞り、弓を向けたそのとき、白鳥が美しい女性に変身する。

彼女はオデットと名乗る。

驚く王子を前に、オデットは、自分の身の上を話す。

  • ロットバルトという悪魔によって呪われ、白鳥に姿を変えられたこと
  • 夜の間だけ人間の姿に戻れること
  • 永遠の愛を誓ってくれる人に出会えれば呪いが解けること

悲しい身の上話を聞いた王子。

彼女に愛を誓い、明日の舞踏会へ来て欲しいと頼む。

 

第3幕

場面は、花嫁を選ぶ舞踏会。

花嫁候補が次々と登場するが、王子は誰も選ぼうとしない。

そこに、変装した悪魔・ロットバルトが自分の娘オディールを連れてやってくる。

オディールはオデットそっくりに変装していたため、王子はオデットと思い込み、愛の誓いを宣言してしまう。

その途端、悪魔たちは本性を現し、高笑いしながら去っていく。

愕然とした王子はオデットを探して城を飛び出す。

 

第4幕

※結末はおおきく分けて2通りあります※

 

オデットに許しを乞うため湖畔にやってきた王子。

そこに、ロットバルトが現れ、戦いになる。

 

→戦いの最中、オデットは湖に身を投げ、王子も後を追い永遠の世界で結ばれる。

死をも恐れぬ二人の愛の強さに、悪魔は滅びる。

 

→戦いでロットバルトを倒した王子は、呪いが解けたオデットと結ばれハッピーエンド。

《白鳥の湖》の女性バリエーション一覧

舞台写真

これまで、多くの演出家によって様々な版が作られた《白鳥の湖》。

ストーリーや登場人物、曲順など、版によってかなり異なることも。

 

同じ《白鳥の湖》なのに、様々な解釈・演出が存在するため、バリエーションの紹介も実は難しかったりします。

「プティパ版では、この曲、この踊りは出てこない」とか。

 

これからご紹介するバリエーション一覧でも、いろんな版が混ざっているかもしれません。

 

しかし今回は、「バリエーション」という1つのソロの踊りにポイントを絞ってご紹介していきます。

全幕の流れとしてではなく、あくまでも1つずつ分けて見ていただければと思います!

パドトロワ第1バリエーション

パドトロワ第1バリエーション
難易度
(3.5)
コンクールでの珍しさ
(2.5)

 

パドトロワ第2バリエーション

パドトロワ第2バリエーション
難易度
(3.5)
コンクールでの珍しさ
(2.5)

オデットのバリエーション

オデットのバリエーション
難易度
(4.5)
コンクールでの珍しさ
(5.0)

 

オディールのバリエーション①

オディールのバリエーション①
難易度
(4.0)
コンクールでの珍しさ
(4.0)

 

オディールのバリエーション②

オディールのバリエーション②
難易度
(4.0)
コンクールでの珍しさ
(3.0)

《白鳥の湖》バリエーションまとめ

今回は《白鳥の湖》作品中の女性バリエーションをまとめてみました。

 

このようにしてみると、意外とバリエーションは少ない作品と言えますね。

パドトロワは、さまざまな振付があるので、自分に合ったものを選ぶといいですよ!