【更新】人気記事TOP10

イタリアン・フェッテが苦手な人に伝えたい、5つのコツ

イタリアン・フェッテ

「ヴァリエーションに出てくるイタリアン・フェッテがなかなか続かない」

 

「イタリアン・フェッテでうまくバランスが取れない」

 

今回は、こんな風に「イタリアン・フェッテが苦手」という方に向けて書いています。

 

 

難易度が高い回転技のひとつ、イタリアン・フェッテ。

1回ならできても、連続でやるのは難しい・・・

練習方法も分からない・・・

そんなお悩みがある方に、イタリアン・フェッテ5つのコツをお伝えしていきます!

ぜひ、練習の参考になさってください!

イタリアン・フェッテとは

ハテナマーク

まずは、イタリアン・フェッテの意味や、動きをご紹介していきます!

 

イタリアン・フェッテの意味

  • イタリアン=イタリアの
  • フェッテ=むちで打つ

イタリアのダンサーが考案したことから、「イタリアン・フェッテ」と呼ばれるようになったといわれています。

 

ほかにも、「エカルテ・フェッテ」や「グラン・フェッテ・ルルヴェ・アン・トゥールナン」などの名称が使われる場合もあります。

 

「イタリアン・フェッテ」は、主に日本で使われる名称と言われていますが、海外でも「イタリアン・フェッテ」と呼んでいることが多いですょ!

 

イタリアン・フェッテの動き

動脚をエカルテ・ドゥヴァンにデヴェロッペして上げ、回転しながらアティテュード・クロワゼ・デリエールのポーズを交互に繰り返す動きです。

エカルテ・ドゥヴァン《バレエ用語》からだの方向+あしの位置でポーズが生まれる! アティテュード《バレエのポーズ》アティテュードでポーズのバリエーションを増やそう

イタリアン・フェッテのやり方

イタリアン・フェッテの一連の動作を、細かく分けて解説。

左脚を軸にする場合で見ていきましょう。

1.プレパレーション

左脚を前に出して、準備する(プレパレーション)
イタリアン・フェッテ

 

2.左脚を踏み込む

前に出している左脚を踏み込み、クペにする
イタリアン・フェッテ

イタリアン・フェッテ

 

3.右脚をエカルテ・ドゥヴァンに

左脚はドゥミ・ポアントで立ちながら、同時に右脚をエカルテ・ドゥヴァンにデヴェロッペする
イタリアン・フェッテ
※動いているので、写真ブレてます…

 

4.半回転しながら脚をおろす

体を半回転させながら上げていた右脚をおろし、1番ポジションのドゥミ・プリエを通過
イタリアン・フェッテ

 

5.右脚をナナメ後ろ方向へ振り上げる

1番ポジションのドゥミ・プリエを通過したら、さらに右脚を前に振り上げる
イタリアン・フェッテ

 

6.体を半回転させながら、左脚はドゥミ・ポアントで立つ

上半身を回転させながらア・ラ・スゴンドを通過。軸足はドゥミ・ポアントに立つ
イタリアン・フェッテ

 

7.アティテュードの形で止まる

体をさらに回して、右脚をアティテュード・クロワゼ・デリエールにして止まる
イタリアン・フェッテ

 

流してみると、こんな感じです

イタリアン・フェッテ

イタリアン・フェッテ 5つのコツ

イタリアン・フェッテは、センターレッスンのほか、ヴァリエーションにも出てきます。

 

イタリアン・フェッテが登場するバリエーションとしては、『ドン・キホーテ』の森の女王のバリエーションや、『コッペリア』のスワニルダのバリエーションなどがあります。

 

どれも、1回ではなく数回連続して行いますよね。

 

連続イタリアン・フェッテはとても難しいのですが、5つのコツがあります。

  1. 軸を意識する
  2. プリエの時に沈まない!
  3. “軸足”をまわす
  4. すばやく肩をもってくる
  5. “フェッテ”を見直す

順番に解説していきます。

 

【1】軸を意識する

軸となる足のつま先から、あたまのてっぺんまで1本の軸が通っているイメージで動きます。

 

そのためにも、最初のエカルテ・ドゥヴァンを勢いつけてあげないこと!

「高く上げたい!」と思って、ムリにあげてしまうと、腰が丸くなったり軸足のひざが曲がったりして軸がブレてしまいます

 

常に、軸がまっすぐスーっと通った状態をキープするように心がけましょう。

 

【2】プリエの時にしずまない!

イタリアン・フェッテには、ドゥミ・プリエが2回でてきます。

まず、エカルテ・ドゥヴァンに上げる前のプリエ。

イタリアン・フェッテ

 

そして、エカルテ・ドゥヴァンの脚を下ろしながら後ろ向きになるときのプリエ。

イタリアン・フェッテ

 

この2回のドゥミ・プリエの時に、“上半身を引き上げること”が重要です!

 

プリエで腰が落ちて沈んでしまうと、次にドゥミ・ポアントに立つのがとてもキツくなります

「よいしょ!」という感じですね・・・

 

『プリエの時に沈まない』という感覚がわかりづらい時は、まず“目線がおちないように”イタリアン・フェッテしてみて下さい。

 

【3】“軸足”をまわす

イタリアン・フェッテ

軸となる足をまわすように意識すると、へっぴり腰にならず、バランスがとりやすくなります。

 

アティテュードになる時に、軸足をアンディオール!

軸足をまわす力で半回転がスムーズになるはずです。

 

【4】すばやく肩をもってくる

【3】の軸足をまわす意識とともに、肩もしっかりまわしましょう。

 

鏡をみて練習しているならば、アティテュードのとき鏡に両肩を映すくらいの気持ちで、すばやく上半身を回転!

“すばやく”が大切です!

 

【5】“フェッテ”を見直す

フェッテは、前に出した片脚の方向を変えずに、からだの方向を変える動きです。

 

この動きが入っているのが、イタリアン・フェッテなので、フェッテを見直すことも上達の近道

 

フェッテの動きについては、きれいなフェッテと残念なフェッテ/劇的に変わる3つのポイントで紹介しています。

 

練習方法は『フェッテのやり方(ルルヴェの場合)』がおすすめです。

 

ア・ラ・スゴンドを通過して、体の向きを一気に変えるというイメージをもつと、キレのある動きになりますよ!

スロー動画でみる イタリアン・フェッテ

イタリアン・フェッテの動きがよくわからない!という方は、スロー再生されている動画を見つけましたので参考にどうぞ!

※通常テンポのあとに、スローで流れます

 

イタリアン・フェッテをするときは、ご紹介した5つのポイントを意識しながら練習してみてくださいね!

この5つ!
  1. 軸を意識する
  2. プリエの時に沈まない!
  3. “軸足”をまわす
  4. すばやく肩をもってくる
  5. “フェッテ”を見直す
バレエのデヴェロッペきれいな『デヴェロッペ』をする5つのポイント! アティテュード《バレエのポーズ》アティテュードでポーズのバリエーションを増やそう