【更新】人気記事TOP10

回転のテクニック【シェネ】のやり方や練習方法まとめ

バレエの動きシェネの紹介

この記事では、バレエの動き【シェネ】についてご紹介します!

 

【シェネ】は、回転のテクニックのひとつ。

 

センターレッスンの終盤あたりに出てくる率が高いですよね・・・

 

次は、スタジオの端から端までシェネ

という風に、連続して回る練習をします。

 

しかし、このシェネというテクニックはとても難しい!

回り始めはよくても、だんだんとスピードダウンしてしまったり、思うようにまっすぐ進めなかったり・・・

 

慣れていない方にとっては、悩み多きテクニックかもしれません。

 

そんな方に向けて、シェネのやり方練習方法シェネをする時に気をつけたいことをまとめてみました。

バレエの動き【シェネ】とは

ブランコにのる女性

シェネは、フランス語で鎖(くさり)・チェーンを意味する言葉。

 

床の上に「鎖」を描いていくように、左右の脚を入れ替え、半回転ずつ回りながら進んでいく動きです。

シェネのやり方

バレエのシェネ

右に進む場合で見ていきます!

1.プレパレーション(準備)をします

右脚を前に出し、プレパレーション

プレパレーション

 

2.右脚を横にまわす

左脚はプリエ、右脚はつま先で弧を描くようにして横にまわします。

シェネのスタート

進みたい方向へ、つま先を伸ばすのがポイント!

3.右脚を軸にして半回転

左脚(プリエをしている方)で床を蹴って、右脚のドゥミ・ポアントに立ちます。

と同時に、右脚を軸にして半回転しながら後から来る左脚を引き寄せます。

バレエのシェネ

顔は、進む方向へ向けたまま!

背中側(裏)を鏡に映すつもりでやってみましょう。

4.左脚を軸にして半回転

3の状態から、今度は左脚を軸にしてさらに半回転します。

バレエのシェネ

今度は、おなか側(表)を鏡に映すように!

5.また3に戻って・・・

また半回転、半回転・・・

というように、左右の脚を交互に軸にしながら、回転を続けていきます。

バレエのシェネ

うら、おもて、うら、おもて・・・のリズムで、回転!

板がパタパタとひっくり返っていくイメージをもつと、いいかもしれませんね!

シェネの練習方法

バレエ初心者の方回転に慣れていない方は、はじめから回らずに、STEP1から順を追って練習してみてください!

 

STEP.1
顔をつける
目が回らないように、顔をつける練習をします。

バーをもって、顔を右、左、右、左・・・パッパッっとリズミカルに!

STEP.2
ルルヴェで足踏み
1番ポジションのルルヴェ(かかと同士をくっつけて)から、軸の切り替えを練習します。

シェネの練習方法
シェネの練習方法

右に体重をのせた時に少し左足を床から浮かせ、左に体重をのせた時は右足を床から浮かせます。

右、左、右、左、というように足踏みをして、左右の脚を交互に軸にしていきます。

 

はじめはバーをもって。

慣れてきたらアンナヴァンでやってみましょう。

STEP.3
軸に脚を引き寄せる
プレパレーションから軸足に引き寄せる練習をします。

ちょうど「シェネのやり方」の1~3までの流れです。

繰り返し練習して、裏向きで立つ!という感覚を覚えましょう!

STEP.4
ゆっくり回ってみる
ゆっくりと半回転しながら、軸の切り替えを練習します。

左右の脚を交互に軸にして、ゆっくりと半回転ずつ回ってみます。

STEP1で練習した、顔をつけるのを忘れずに!

シェネ!
はやいテンポで回ってみよう!

シェネをする時に気をつけたいこと

メモ

シェネをするときの、気をつけたいポイントをまとめました。

  • 回りはじめに出す脚は、進行方向へ
  • 回転中も、両脚をアンドゥオール!
  • 内もも寄せて。両脚の間隔が開いていかないように
  • 見る場所(スポット)を決めて、ギリギリまで見る!そしてすばやく振り返る。
  • アンナヴァンのひじが落ちないように。
  • 左右の肩、腰が傾かないように。水平を保って!

シェネがうまくいかない時の参考にしてみてください!

連続シェネをするためには、意外と、回り始めのアームスのパワーが大事だったりします!

バレエの回転テクニック【シェネ】まとめ

一輪の花

今回は、シェネのやり方練習方法シェネをする時に気をつけたいことをご紹介してきました。

 

慣れないうちは、勢い任せで回らずに、からだのをきちんと切り替えることを重視してみましょう!

バレエの動きピケ・ターン初心者のための【ピケ・ターン】解説|やり方・注意点まとめ ピルエットの方法“美しいかたち”できれいな【ピルエット】をまわる方法!