【更新】人気記事TOP10

【映画鑑賞記録】映画『キャッツ』で活躍するバレエダンサーたち

映画『キャッツ』に出演するバレエダンサー

世界中で愛され続ける人気ミュージカル「キャッツ」が実写映画化されましたね。

 

先行上映されたアメリカでは、びっくりするほど酷評の嵐!

映画化を楽しみにしていた者として、その評価にとても驚きましたが「百聞は一見に如かず」!

 

ということで、日本公開日の2020年1月24日(金)に観に行ってきました!

 

映画『キャッツ』では、主演のフランチェスカ・ヘイワードはじめ複数のバレエダンサーが活躍しています。

今回の記事では、映画『キャッツ』に出演する3名のダンサーをピックアップ

それぞれのダンスシーンなどについて、紹介したいと思います。

 

気になっている方は、是非その目で確かめて!

映画「キャッツ」とは

「キャッツ」といえば、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔。

日本では劇団四季が公演していて、日本上演35年、通算公演回数10000回を達成するなど驚異のロングランを続けています。

 

そんなミュージカル「キャッツ」を実写映画化したのが、今回公開された映画「キャッツ」です。

『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督、さらに数々のミュージカルを成功に導いてきた
アンドリュー・ロイド=ウェバーをはじめとした世界最高峰の制作陣が集結。
個性豊かな猫たちを演じるのは、世界的バレエダンサーのフランチェスカ・ヘイワード、
グラミー賞受賞アーティストのテイラー・スウィフト、
『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソン、そして名女優ジュディ・デンチ。
映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャストが競演を果たす、
映画史に残る傑作がここに誕生。

(‐映画「キャッツ」公式サイトより‐)

映画「キャッツ」:フランチェスカ・ヘイワード(ヴィクトリア役)

 

主人公・ヴィクトリア役に大抜擢されたのが、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルダンサーフランチェスカ・ヘイワード(Francesca Hayward)。

 

チャーミングな笑顔と歌声、美しく流れるようなダンスが印象的でした!

もっとフランチェスカさんのバレエシーンをしっかりみせて!という気持ちになりましたが、一瞬チラっと映ったパーフェクトなポジションのアラベスクは見逃しませんでしたよ!!

アラベスクひとつで、おぉ!!と惹きつけられました。

映画「キャッツ」:スティーブン・マックレー(スキンブルシャンクス役)

 

汽車をこよなく愛する働きものの猫・スキンブルシャンクス役には、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルダンサーのスティーブン・マックレー(Steven McRae)。

軽やかな足さばき、全然ブレない軸は「さすが!」のひとことでした!

舞台で軽快にタップを披露する姿は拝見したことがありますが、映画でもバッチリ見ることができます!

スティーブンのダンスシーンだけでも観てよかったな~、となりました。

映画「キャッツ」:ロビー・フェアチャイルド(マンカストラップ役)

 

主人公ヴィクトリアを導く勇敢で兄貴肌の猫・マンカストラップ役には、元ニューヨークシティバレエ団のプリンシパルダンサーロビー・フェアチャイルド(Robbie Fairchild)。

ブロードウェイミュージカル『パリのアメリカ人(An American in Paris)』で主演を務めていたこともある、歌・バレエともに実力あるダンサーです。

 

前情報がほぼないまま映画を観たので、「歌って踊れるこのダンサーはだれ?!」と思って調べると、なるほど納得。

主人公・ヴィクトリアとのパ・ドゥ・ドゥのようなシーンもチラっとありました。

映画「キャッツ」は豪華キャスト!

映画キャッツ

ご紹介した3人以外にも、英国ロイヤルバレエ団ソリストのオリビア・カウリー(Olivia Cowley)さんも出演しているそうです!

もしかしたら、有名カンパニーのバレエダンサーがほかにも出ているかもしれませんね。

 

賛否両論ある映画「キャッツ」ですが、何はともあれ曲が最高です。

気になっている方は、劇場へ~