Plesalkaメルカリ店OPEN

バレエ【パ・ド・ブレ アン・トゥールナン】(アン・ドゥダン)のやり方を解説!

パ・ド・ブレ アン・トゥールナン・アン・ドゥダンのやり方

こんにちは、バレエスタイル(@ballet_style_jp)です。

今回は「パ・ド・ブレ アン・トゥールナン」のアン・ドゥダンのやり方についてご紹介していきます。

パ・ド・ブレ アン・トゥールナン」のアン・ドゥダン
アン・ドゥダン

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンは、回転(ターン)しながらパ・ド・ブレをする動きです。

前回、パ・ド・ブレ アン・トゥールナンアン・ドゥオールのやり方をご紹介しました。

アン・ドゥオールはできるけど、アン・ドゥダンのやり方はよく分からない・・・

そんな方は、最後までぜひ目を通してくださいね。

パドブレアントゥールナン(アン・ドゥダン)のやり方&コツをわかりやすく解説します。

アン・ドゥオールのやり方は、こちらの記事で紹介しています!

パドブレ アントゥールナンは、回転を組み合わせてパドブレをするパです。

アン・ドゥオールとアン・ドゥダンの2つのパターンがあります。

パドブレ アントゥールナン(アン・ドゥダン)基本的な動き

みぎ回りの場合

プレパレーション

左脚前のクロワゼ5番ポジションから、右脚をドゥミ・プリエ、左脚をクペ・ドゥバンにする

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンのアン・ドゥダン
動きはじめ

左足のつま先を床に下ろしドゥミ・ポアントで立ちながら、奥に向かって4分の1回転。

同時に右足をクペ・デリエールにする

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンのアン・ドゥダン
足を入れ替える

ドゥミ・ポアントに立ったまま右脚を5番ポジションに下ろす

すぐに右脚を軸にして、(回りながら)左足をクペ・デリエールにする

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンのアン・ドゥダン
パ・ド・ブレ アン・トゥールナンのアン・ドゥダン
終わりのポーズ

クロワゼへ回り続けて、右脚前の5番ポジションにしながらドゥミ・プリエでポーズ!

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンのアン・ドゥダン

続けてみると・・・

パ・ド・ブレ アン・トゥールナン」のアン・ドゥダン

すばやく脚を入れ替えて、回転しながらおこないます。

片足で立った時に、身体の軸がナナメになると次の動きにうまくつながりません。

身体をまっすぐ上に引きあげる意識を持って、やってみてください!

パドブレ アントゥールナン(アン・ドゥダン) 3つのコツ

「パドブレアントゥールナン(アン・ドゥダン)」のコツは3つ!

1.鋭く4分の1回転する

身体を回すのが遅れてしまうと、最終的に回転が足らなくなってしまいます。

奥に向かってするどく4分の1回転することで、続きの動きがスムーズにつながり、回転不足を防げます。

最初の1歩目が大切です!

2.クペの脚をアン・ドゥオールする

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンのアン・ドゥダン

クペ・デリエールは、イン(内また)になりやすいため、アン・ドゥオールをより意識しましょう。

クペにしている脚のひざが前にこないように背中側(お尻)にまとめるイメージで!

3.アクセントはクペに!

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンのアン・ドゥダン

クペにする足が遅いと、動きがぼやけた印象に・・・

ふわ~っと回らないように、クペにする足をシャープに持ってきます。

クペ(ク・ドゥ・ピエ)のかたちで一瞬とまるような感覚で、やってみてください。

まとめ|パドブレ アントゥールナン(アン・ドゥダン)

パ・ド・ブレ アン・トゥールナンは、主にアンシェヌマンのパとパをつなぐステップとして行われます。

アンシェヌマンに組み込まれてもスムーズに動けるように、まずはアン・ドゥオールアン・ドゥダンそれぞれを単体で練習して、足の運びを覚えましょう。

では今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした。