【更新】人気記事TOP10

腰から曲げてはダメ!『カンブレ』練習のポイントを紹介します!

バレエカンブレ

こんにちは!Ballet Styleです。

今回は、『カンブレ』をご紹介!

 

「どんなところに気を付ければいいの?」

「カンブレって何だっけ…」

 

そんな方に向けて、「カンブレの形と注意点」をまとめました!

ヨガをする女性

『カンブレ(cambre)』とは、アーチ状にするという意味。

上体を、前・横・後ろのいずれかの方向に、ゆるやかなカーブを描くように弓なりに曲げることをいいます。

 

『カンブレ』は、間違ったやり方をすると腰を痛めるなど、ケガの原因にもなるので注意が必要です。

正しい『カンブレ』を身につけて、しなやかな踊りにつなげていきましょう!

バレエ用語『カンブレ』のかたち

『カンブレ』は前・横・後ろがありますが、苦戦する方が多い「前・後のカンブレ」を取り上げます。

 

前へのカンブレ

バレエのカンブレ

前へのカンブレは、みぞおち辺りから曲げる意識で行います。

 

自然と頭もななめ前へ傾くと思いますので、首を長く保ちましょう。

 

注意
カーブを意識しすぎて、背中が丸くならないように気を付けましょう。

肩が上がらないように、下げた状態をキープして、上体を軽く前に曲げていきます。

 

後ろのカンブレ

後ろのカンブレ

後ろのカンブレは、肩甲骨から上を後ろに反らせる意識で行います。

ゆるやかなカーブを背中で描くようなイメージ。

 

首後ろをカクッと折ってしまうのはダメ!

危ないです。

肩をさげて、首は長いままを保ちましょう。

 

また、腰から曲げて反ってしまうと、腰を痛めてしまいます。

上体をまっすぐ上に引き上げ、頭を遠くにしながら反っていきましょう。

注意
間違ったカンブレ

腰を前に押して、おなかが突き出てしまっています。

これでは、腰に負担がかかるだけでなく、ひざや足首などにも良くありません。

 

また、軸がななめに倒れてしまい、バーから手を離すと、立っていられない状態です。

後ろに反る前に、上体を上に引き上げ、軸をまっすぐ保つように心がけましょう。

『カンブレ』で、突っ立った動きから卒業!

ポーズをとる女性

しなやかに上体がつかえるようになれば、上半身の動きが増えて、なめらかな動きにつながります。

 

「突っ立ったままだよ!」

「上半身の動きカタイよ!」

と、言われる方は『カンブレ』を見直すと良いかもしれません。

 

特に『後ろカンブレ』!

カラダを反らせる動きは、簡単そうでなかなか難しいんです。

 

キレイなアーチ型になるように、少しずつ、ゆっくりトレーニングしていきましょう。

バレエアラベスクアラベスクは1つだけじゃない?写真付きで解説! パンシェ前のパンシェ?横のパンシェ?パンシェのやり方と意味をご紹介