注目!人気記事TOP10

タンデュ・プール・バットゥリーってどんな動き?やり方を確認!

タンデュ・プール・バットゥリー

こんにちは。バレエスタイル です。

 

今回は、バレエの動き【タンデュ・プール・バットゥリー】についてまとめていきます。

タンデュ・プール・バットゥリーって聞いても、ピンとこない・・・

そんな方も、多いと思います。

でも動きを確認すると「バーレッスンでやったことがある!」「あ~これのことか!」と思うはず!

 

まず、バットゥリーとは空中で両脚を打ち合わせたり、交差させたりする動きの総称のこと。

アントルシャブリゼカブリオールのようなステップがあてはまりますね!

こういったジャンプに必要な内転筋』の強化に役立つのが、タンデュ・プール・バットゥリー(Tendu Pour Batterie)です。

 

タンデュ・プール・バットゥリーのやり方ポイントを確認していきましょう。

バレエ【タンデュ・プール・バットゥリー】の動き

タンデュ・プール・バットゥリーとは、どんな動きなのか・・・

動画で見てみましょう

いかがでしたか?

「やったことがある!」という方もいらっしゃいますよね!

 

では、やり方を順にチェックしていきます。

バレエ【タンデュ・プール・バットゥリー】のやり方

ア・ラ・スゴンドの場合

1.5番ポジションから、ポアント・タンデュ・ア・ラ・スゴンドにする

タンデュプールバットゥリー

横から見たタンデュアラスゴンド

 

 

2.足首をフレックスにする

フレックスするバレエダンサー

フレックスアラスゴンドをするバレエダンサー

 

 

3.後ろの5番ポジションに閉じる

タンデュプールバットゥリー
5番ポジションをしている脚
ポイント
このとき、後ろ脚に体重をかけないようにします

 

 

4.フレックスのまま横に少し開く

フレックスするバレエダンサー

 

 

5.前の5番ポジションに閉じる

タンデュプールバットゥリー

ポイント
このとき、前脚に体重をかけないようにします

 

 

6.横にポアントします

タンデュするバレエダンサー

繰り返す場合は、また2に戻ります。


この動きは、ポアント・タンデュをドゥバンやデリエールで行うこともできます

フレックスで脚を打つ動きをしている間は、5番ポジションで止まらないように動き続けなくてはなりません。

バレエ【タンデュ・プール・バットゥリー】足元アップ

コマ送り画像で、足元だけを確認してみるとこんな感じに。

タンデュプールバットゥリー

内転筋の強化のためにも、しっかりと5番ポジションまで閉じます!

バレエ【タンデュ・プール・バットゥリー】まとめ

今回は、バレエの動き【タンデュ・プール・バットゥリー】をご紹介しました。

バーレッスンでこのエクササイズをして、センターレッスンのジャンプにつなげていきましょう!

もう一度!
バレエの動きアントルシャ【動画あり】いろんな種類のアントルシャ。コツは少しずつレベルを上げていくこと バレエの動きカブリオール写真で見る【カブリオール】前・横・後ろのカブリオールのやり方を解説

では今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした。