よく読まれている記事はこちら

初級クラスでも出てくる?!バレエの動き【横のバランセ】を習得しよう

バレエの動き横のバランセ

バレエの【バランセ】という動きには様々なパターンがありますが、今回は横のバランセをご紹介!

 

初級のレッスンでも比較的よく出てくるバランセです。

パッと見た感じはシンプルな動きですが、上半身(アームス)の使い方を変えると、柔らかさや優雅さに変化が出てきます。

 

バランセをするときは、ワルツのリズム1,2,3~ワン ツー スリー1,2,3~ワン ツー スリーの意識が不可欠!

しっかりとリズムを取りながら、「横のバランセ」に挑戦してみましょう。

前後のバランセはこちら
バレエの動きバランセ徹底解説!前後に揺れる【バランセ】のやり方

バレエの動き【バランセ】とは

バランセ(仏/balance)は、「揺れる・バランスをとる」といった意味をもちます。

体を前後左右に揺らすように動かしながら行う、3拍子のワルツ・ステップです。

バレエの動き【バランセ】横のバランセのやり方

右脚から出す場合

1.クロワゼでプレパレーション(準備)

プレパレーションするダンサー

 

 

2.左脚を低くルルベしながら、後ろ脚(右脚)を低く横に出す。

両腕は、ふわりと そよぐように開く。

横へのバランセをするダンサー

 

 

3.1拍目横へトンベして右脚ドゥミプリエ、左脚をクペ・デリエールにする

横のバランセをするダンサー

 

 

4.2拍目左脚のドゥミ・ポアントに立ち、右脚を軽く上げる

バランセをするダンサー

 

 

5.3拍目ドゥミ・ポアントに立ったまま右脚に体重を移して、左脚を横に出す

バランセをするダンサー

 

 

6.4拍目左横へトンベして左脚ドゥミプリエ、右脚をクペ・デリエールにする

横のバランセをするダンサー

 

 

7.5拍目右脚のドゥミ・ポアントに立ち、左脚を軽く上げる

バランセをするダンサー

 

 

8.6拍目ドゥミ・ポアントに立ったまま左脚に体重を移して、右脚を横に出す

横へのバランセをするダンサー

連続しておこなう場合は、3の1拍目にもどり繰り返します。

 

動く写真でみてみよう!左右に揺れる[バランセ]

横のバランセをするダンサー

左右に揺れて動いているのがよく分かりますね!

[バランセ]を習得して優雅に踊ろう!

今回はバレエの動き「横のバランセ」のやり方をご紹介しました。

バランセは、『バレエ・ワルツ・ステップ』ともいわれます。

ぜひ、1,2,3~ワン ツー スリー1,2,3~ワン ツー スリーのリズムを意識しながら練習してみてください!

 

アームスを優雅に動かして、揺れるようにステップしてみましょう。

前後のバランセはコチラ
バレエの動きバランセ徹底解説!前後に揺れる【バランセ】のやり方

では、今回はこのへんで。

バレエスタイル(@ballet_style_jp)でした。