【更新】人気記事TOP10

【タン・ルヴェ】を学ぶ。しなやかで強い足裏が不可欠!

バレエの動きタン・ルヴェ

『ジュテ、タンルヴェ…ジュテ、タンルヴェ…』

 

センターレッスンでこんなアンシェヌマンをやった事がある方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、このタン・ルヴェの基本的な動きと、3つのポイントをまとめてみました!

  • タン・ルヴェってどんな動きだっけ?
  • シンプルなのに難しい!うまくできない・・・

そんな方は、ぜひ練習の参考にしてみてください。

バレエの動き【タン・ルヴェ】とは

タン・ルヴェ

 

タン・ルヴェは、ポーズをしたまま片脚で踏みきり、同じポーズのままドゥミ・プリエで着地するパです。

 

フランス語で「タン=時、拍子/ルヴェ=上げた」という意味があります。

 

ソテとタン・ルヴェの違いは?

タン・ルヴェ最初からポーズを作った状態でジャンプします。

ソテは、1歩踏みだしてからポーズを作りジャンプします。

ソテについてはこちら

バレエの動きアラベスク・ソテきれいな【アラベスク・ソテ】に近づく5つのコツ

タン・ルヴェのやり方

クペで行う場合・アラベスクで行う場合の2パターンをご紹介します!

まずは、クペで行う場合。

 

左脚クペで行う場合

(1)右脚をドゥミ・プリエ、左脚をクペにする

クペプリエをするダンサー

 

 

(2)クペのポーズをキープしたまま、右脚で踏みきって真上に跳び上がる

タン・ルヴェ

 

 

(3)クペのポーズをキープしたまま、右脚ドゥミ・プリエで着地する

クペプリエをするダンサー

アラベスクで行う場合

(1)右脚をドゥミ・プリエ、左脚を後ろにあげてアラベスクにする

アラベスクプリエで着地するダンサー

 

 

(2)アラベスクのポーズをキープしたまま、右脚で踏みきって真上に跳びあがる

アラベスク・ソテをするバレエダンサー

 

 

(3)アラベスクのポーズをキープしたまま、右脚ドゥミ・プリエで着地する

アラベスクプリエで着地するダンサー

この動きを「ソテ」とも言ったりします!

タン・ルヴェ3つのポイント!

メモ

タン・ルヴェを美しくこなすために、3つのチェックポイントを確認してみましょう。

  1. 上体が力まないように!
  2. 足裏をしっかり使おう
  3. つま先をピンと伸ばそう

1.上体が力まないように!

アラベスク・ソテをするバレエダンサー

「高く跳ばなければ!」と思うあまり、上半身に力が入ってしまうことがあります。

ムダな力みは逆効果!

動き全体が硬くなり、思うように跳べなくなる原因です。

 

上半身に力をいれてグッと固めてしまわないように、伸びやかさを意識して跳ぶようにしましょう。

 

2.足裏をしっかり使おう

脚の模型

タン・ルヴェは、片脚でジャンプしなければなりません。

ほかの跳躍以上に、足裏全体で床をしっかり押す意識が重要!

 

しっかりとプリエし床をとらえ、足の裏が床から離れるのを感じながらジャンプしましょう。

 

力強く床を押すために、セラバンドゴムボールを使って足裏トレーニングするのも効果的です!

バレエ用ゴムバンドバレエトレーニングに使ってみよう!3種のバンドを紹介! マッサージボール足裏、使えてますか?【ボール】を使ったマッサージ&トレーニングをご紹介!

 

3.つま先をピンと伸ばそう

タン・ルヴェ

つま先が床から離れた瞬間から、つま先はしっかりと伸ばします。

 

つま先を意識しても、思うように伸びない…

力が入らない・・・

 

そんな方は「ひざ」を伸ばすことを意識してみてください。

ひざをしっかり伸ばすことで、つま先へ力が入れやすくなります。

タン・ルヴェまとめ

今回は「タン・ルヴェの基本的な動きと、3つのポイント」をまとめてきました。

3つのポイント
  1. 上体が力まないように!
  2. 足裏をしっかり使おう
  3. つま先をピンと伸ばそう

片脚でジャンプしなければならないタン・ルヴェは、しなやかで強い足裏が大切になってきます。

 

プリエを見直す、足裏トレーニングをやってみる…

できることを試し、パの上達を目指していきましょう。

バレエ用ゴムバンドバレエトレーニングに使ってみよう!3種のバンドを紹介! マッサージボール足裏、使えてますか?【ボール】を使ったマッサージ&トレーニングをご紹介! バレエ シャンジュマン【シャンジュマン】はジャンプの基本!やり方・意味を詳しく解説(写真あり)